出会い系で出会う

ベトナム喫煙事情

こんにちは、トトロです。

今日は愛煙家の僕がみた、ベトナムでの喫煙事情についてです。
 
----------

いま日本って、アジアで最も喫煙が大変な国になっちゃったんじゃないでしょうかね。

もしかしたら皆さんが「喫煙には厳しい」とイメージされているかもしれないシンガポールでも、実は日本より全然ラクなんです。
どういうことかと言うと、実はポイ捨てや室内禁煙にうるさいだけで、街のいたるところに灰皿(=喫煙スペース)があり、また飲食店でもたいてい屋外に灰皿が置いてあります。
またルーフトップバーやホテルの喫煙室では、もちろん(?)吸えます(※レストランのオープン席については、店しだいですかね)。

タイでも同様で、飲食店は(一部の例外を除き)禁煙ですが、シンガポール同様にお店の外では吸えるし、たいていのオープン席では喫煙可能です。

一方で日本では、吸う場所が無さすぎです。
もちろん分煙の流れには賛成なんですが、それにしても街中の喫煙所が少なすぎますし、路上でも禁煙。
僕の地元の大きな駅の周りにある商店街なんか、ほとんど全く喫煙所がない始末。
もうちょっと他国を見習って、うまい具合にやって欲しいんですがねえ・・・

----------

さて本題のベトナムですが・・・・・タバコ天国ですヽ(^o^)丿

法律がどうなってるかは詳しく知りませんが、喫煙できる飲食店が多いです。
また一部の店では室内禁煙となっていますが、オープン席では吸えたり、また店外に灰皿があったり・・・と、タイやシンガポールみたいな感じなんでストレスを感じません。
 
そして、僕ら愛煙家にとって大事な場所は・・・そう、空港です。

国や都市によっては、チェックインしてセキュリティを越えると一切吸えないところもよくあります。
タイの国内線なんかはそのパターンですから、チェックイン後にギリギリまでセキュリティを越えずにブラブラしつつ、吸いたくなったら外でタバコを吸うのが僕流です(^^;
 
そしてベトナムはと言うと・・・問題ないっすヽ(^o^)丿
今年になってから使ったのはホーチミンの国際線&国内線ターミナル、そしてハノイの国内線ターミナルだったんですが、どこでも喫煙所がありました。
残念ながら国際線ラウンジには喫煙所がないですが、外に行けばいいだけの話ですので、これまた無問題。
 
またネットで調べたところ「国内線ではライター持ち込み禁止。持ってると取り上げられる(廃棄しなきゃいけない)」とあったのですが、実際のところは何にも言われませんでした。
 
ということで、ベトナムではタバコのストレスを感じずに過ごせている僕なのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2017-08-27(Sun)
 

ブルマちゃん3歳&入園

こんにちは、トトロです。

この記事が出るころには、長い出張や夏休みも終わり、日常生活に戻っていることになります(やだよー)。

----------

さて、今年(2017年)の春には、ブルマちゃんが3歳になりそして幼稚園に入ることになりました。

誕生日当日は、ママ(ピヨ子さん)が気合を入れた飾りつけをして、ブルマちゃんは大好きな「アナと雪の女王」のコスプレ。
・・・それにしても、なぜ悟飯くんがファイティングポーズをとっているかは謎です(笑)。

926.jpg


お約束どおり、ケーキでお祝い。
二人とも手を出しちゃっててよく見えませんが、これ「アナ雪」のアイスクリームケーキです。
・・・おっと、背景のテレビも「アナ雪」ですね(^^;

931.jpg


ですがプレゼントは、なぜかアンパンマン。
キッチンのおもちゃなんですが、実はこれ、スイッチを入れるとフライパンや丼マンたちが動くんですね。
ブルマちゃん、この頃からおままごとが大好きなので、大喜びでした。

932.jpg

----------

ブルマちゃんは3月生まれなので、翌月は幼稚園に入園。
もちろん、にいに(悟飯くん)と同じところです。

そういえば、実はブルマちゃん、入園の直前までは哺乳瓶が手放せなかったんですよ。(こちらの記事の最後の写真を見てください)
さらに言うと、オムツもまだ完全に取れてなかったのです。

しかし、ピヨ子さんが「3歳のお姉さん(※ここ重要)は、ミルクもオムツもしないよ!」と何度も言い聞かせると、あーら不思議。
最後の1か月で、どっちも卒業しちゃいました!

ということで、めでたく入園。
・・・あいかわらず、悟飯くんファイティングポーズ取ってますが、スルー。

IMG_2561.jpg


幼稚園でも、きょうだい仲良くね。

IMG_2572.jpg


では、また。

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2017-08-17(Thu)
 

ネクスト・ゴール!

こんにちは、トトロです。

先日お話ししたように予定どおりならば、今ごろは家族と再合流して休暇に入っているところです。
・・・というか、そうなってくれなきゃ困る!(笑)

さて、今日はちょっと趣向を変えて、映画の話を。

-----------

サッカー日本代表は今でこそワールドカップの常連となりましたが、世界の中には強いチームも弱いチームもあるわけです。

以前にも、2002年に日本で開催されたワールドカップ決勝の日に合わせて「もうひとつの決勝戦」すなわち世界最下位決定戦がありました。


(クリックするとリンクが開きます)

これは当時の世界ランク202位のブータンと203位のモントセラトによる試合で、「アザ―・ファイナル」という名前で映画にもなっています。

----------

そしてつい最近になって見たのが、これよりも遥かに感動的な映画でした。
ドキュメンタリー映画である「ネクスト・ゴール!」です。


(クリックするとリンクが開きます)


「主人公」であるチームは、米領サモア代表(※サモアとは別の国です)。
米領サモアという国は、東京の八王子市ほどの面積しかなく、そして同市の1/9くらいの6万5千人(当時)ほどしか人口のいない国。当然ながら(?)サッカーは弱いし、もちろん代表チームの選手は全員アマチュアです。

過去にワールドカップ予選でオーストラリア相手に31対0という大敗を喫しており、これはいまだにW杯予選における世界記録です。

そんな米領サモア代表。
主な登場人物の一人目は、この記録的大敗の試合時のゴールキーパー。未だに寝ていると夢でうなされるほど、心に傷を持っています。

次に、「第三の性」つまり心は女性である選手。
この国では自然に受け入れられているようですが(ちょっとタイに似ていますね)、やはりコンプレックスというか、戦う「男子代表」選手と、女性の心の合間で揺れています。

最後に、米国から派遣されたオランダ人の監督。
彼の娘もサッカーをやっていたのですが、練習の行き帰りの途中で交通事故にあい18歳の若さで亡くなっています。このため、夫婦ともにまだその傷を負っています。

他にもいろいろな個性やバックグランドを持ったチームが、ワールドカップ予選に挑むわけです。
(っていうか、よくもこんなにドラマ性のあるメンバーやチームだったものですね)

・・・そんなわけで、さてワールドカップ予選の結果はいかに?というところですが、これについては是非とも実際の映画を見てください(^^)

----------

サッカーのドキュメンタリー映画としては、これまでは2002年ワールドカップの日本代表を追った「六月の勝利の歌を忘れない」が最高だと思っていました(まあ、思い入れもありますから当然といえば当然ですが)



(クリックするとリンクが開きます)


しかし、この「ネクスト・ゴール!」はそれと同等の感動を与えてくれました。
また、サッカーいやスポーツはどんなレベルであれ当事者や周りの人たちをハッピーにするんだ、ということも教えてくれました。

ということで、これらの映画、見てくださいね。


では、また。

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2017-08-07(Mon)
 

【リアルタイム】帰省大作戦!(続々:ハーフとダブル)

こんにちは、トトロです。

以前に「ハーフとダブル」という話をしたことがありますが、今日はこれに関連した話を。

----------

実は僕の恩師も国際結婚した方でした。奥様はアメリカ人で、女の子が2人います(まあ、もう孫を生んでますがw)。
今でも先生とは親交があり、ピヨ子さんも子供たちも会わせたことがあります。

そんなある日のこと。
久しぶりに先生に会い、以前から疑問に思っていた質問をしました。

「先生、どうして娘さんたちは、あんなに日米バイリンガルになれたの? やっぱり先生が英語ペラペラだから?(※恩師は米国で学位を取り教壇にも立っていたのでネイティブ並みに話せます)」

『いや、それもあるだろうけど(謙遜しないんかいっ!w)、
 やっぱり夏休みのたびにアメリカの実家に子供たちを帰していたからじゃないかな。
 向こうに行けば、否応なしに英語をしゃべらないとだめだからね。
 だからトトロも、子どもがもっと大きくなったら、ぜひやってみなよ』


なるほど!

言われてみれば当たり前のような話でしたが、僕的には盲点でしたね。
ピヨ子さんも、このアイデアには納得しきり&大賛成。

----------

・・ということで、ブルマちゃんも幼稚園に上がったことだし、去年は帰省してないし、ということもあり、今年(2017年)に初めて母子3人をタイに約1か月帰省させることにしたのです!!

スケジュールとしては、こんな感じです。

(1)7月中旬
 一家にでタイに行き、チェンライの実家に母子3人を置いてくる。
 パパは日本にトンボ帰り。

(2)7月下旬~8月上旬の3週間
 パパは日本でお仕事。母子は実家で過ごす(場合によっては幼稚園に短期入園)

(3)8月中旬
 パパが再度タイに行きチェンライでみんなと合流したあ、ホアヒンでバケーション

----------

ところが、僕の仕事の関係で、(2)の部分がエライことになっちゃいました。

どんな風になったかというと・・・
 第1週: 帰国の翌日に、いきなり会議攻め&接待。その後も予定てんこもり
 第2週: 土曜に1日休む、もとい、洗濯の嵐のあと、日曜からベトナム出張★
 第3週: ベトナムから帰った翌日または翌々日(洗濯いつするんだ?)に、(3)のため再度タイへ

・・という(1)(2)(3)合わせて1か月間、日本にほとんどいないスケジュールです。
 (それにしても、僕やたらと洗濯にこだわってますねw)


予定どおりならば、いまは上記の★印の真っ最中ということになりますが、きっと僕は南国でゾンビのようになっているのではないかと想像しています(汗)。


まあ、それでも(3)が待っているので、頑張ります!


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2017-07-28(Fri)
 

きょうだい

こんにちは、トトロです。

実は今月(2017年の7月)から来月にかけて、えらいスケジュールになってしまって・・・
パパが疲れまくってるんですが、まあそれは後日ということで。

さて今日は、悟飯くんとブルマちゃんの兄妹についてです。
 
----------

悟飯くんとブルマちゃんは1年9か月違いの生まれなんですが、学年的には1年違いなんですね。
ただ、やっぱり小さい子で約2年という時間は大きいので、体格とか言葉とかの差はけっこうあります。

ですが、そこは兄妹のこと。
ブルマちゃんが生まれる前に心配していた「やきもち」や「赤ちゃん返り」もほとんどなく、すんなりと悟飯くんはブルマちゃんを受け入れ、それ以来ずっと(もちろん多少のケンカはしますが)仲良しです。

500A.jpg

特にブルマちゃんにとっては、悟飯くんというのはパパやママと同じく「生まれたときから居た身近な存在」。
今年(2017年)から入った幼稚園でこそ違うクラスですが(※学年が違うから当たり前ですけどね)、それ以外のときには「にいに、にいに」といって悟飯くんべったりです。

そんなわけで・・・

ハロウィンのときも
502.jpg


お寺参りのときも
501.jpg


パーティのときも
745.jpg


いつも一緒。


とにかく仲のよい兄妹で、僕たち親としても助かっています。(日に数回の小競り合いをしてるときは別ですが・・・)
このまま、ずっと仲良しでいて欲しいと思っています。

838.jpg


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2017-07-18(Tue)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: