出会い系で出会う

さあて、お次は?

こんにちは、トトロです。
 
前回までのような感じでクルマ遍歴を重ねてきたわけなんですが・・・
 
----------
 
日本に行ってからのクルマの候補としては、大きく分けて2案あります。
ひとつは、慣れ親しんだフォルクスワーゲン(VW)のどれかにすること。そしてもうひとつは、日本のメーカーのミニバンにすることです・・・って、比較の対象としては不均衡な2案ですね(笑)。
 
それはさておき(^^;、前者については何よりも10年ほど付き合ってるので非常に信頼しています(特にサービスの人たちがいいです)。営業さんとも長い付き合いなので、いろいろと融通を効かせてもらえるというのもデカいです。
とにかく、前にお話ししたように我が家ではクルマがないとどうしようもないんで・・・。
 
後者については、何といっても使い勝手の良さが魅力です。
たとえばトヨタのノア、日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなどが候補になるわけですが、どれも子供が大きくなっても使えますし、また義父母が来日してもそのまま乗れますしね。
  
そんなわけで、Webを見て「あーでもない、こーでもない」と検討していたのです。

----------

そこに現れたピヨ子さん。「トヨタのアルファードがいい!」と言い出します。

どうやら理由としては「後席が豪華でサバイサバーイ(超~快適)だから」と言うのですが、運転するパパとしては余り面白くありません^^;(ピヨ子さんはペーパードライバーなのですよ)

さらに「それに(タイでは)お金持ちが乗ってるし、いいじゃない♪」って、けっきょくそこかいっ!
ちなみに日本でもアルファードはひと声500万円します(上は700万円までありますが)・・・て無理ヾ(@゚▽゚@)ノ
 
もとい。
 
そんなわけで(どんなわけだw)、まずはVWの営業さんに電話してみました。
すると電話に出た別の営業マンが「すみませんが、他店舗に異動になったんです」とのこと。そこで異動先を聞いてみると、なんと新しい家の近所ではないですかっ!

さっそく事情を話すと「実は彼とは同期で、明日ちょうど研修で会うので言っておきます!」とのこと。
いやあ、これはラッキーでしたね。
 
----------

そんなわけで、一度目に日本に(僕だけで)行ったときに、新しい営業所を訪れました。
 
色々と相談した上で、車種的にはゴルフ・ヴァリアント(いわゆるワゴン)か、またはゴルフ・トゥーランがいいんじゃないかということに。
ちなみに後者は、日本のミニバンに近い感じの7人乗りです(もっと背は低いですが)。
 
そして彼とはツーカーの仲なので、ぶっちゃけ話として競合は日本のミニバンであること、それからもしVWの場合には(すぐにクルマが欲しいのはヤマヤマだけど)金利優遇キャンペーンのときか、または会社/お店/営業さん個人のノルマ次第でいい条件で出せるときがいいなあ・・と言っておきました。
つまりは「なるべく安く買いたい」ってことですね(^^; けど営業さんもそこは分かってるんで、また日本に来てからでもゆっくり話しましょうということに。
 
惜しいのは、当時低金利キャンペーンをやっていたのですが、ピヨ子さんのビザ申請の関係でまだ僕の住民票を動かせなかったことですね。
僕がタイに居住していないと、こちらでお話ししたような方法でビザが申請できなかったのですよ。
住民票を日本に動かさないと車の契約ができないわけで、この低金利キャンペーンを断念せざるを得なかったのです。
 
 
ところが・・・


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






 
2015-04-29(Wed)
 

続:日本のクルマどうする?

こんにちは、トトロです。
 
クルマ史の続きからですね。
 
----------

4台目は、フォルクスワーゲン(VW)のゴルフ。
 
40Golf.jpg
 
こちらは奇しくも(?)ゴルフとして4代目のモデルということで「4」並びですね。
 
当初は一番安価なモデルでいいやと思っていたのですが(それでも性能はもちろん基本装備もしっかりしていました)、たまたまディーラーにあった特別仕様車(レザーシートやアルミホイールなど豪華装備満載)に座ってしまったのが運の尽き(笑)。

すっかり惚れ込んでしまい、清水の舞台から飛び降りる気持ちで(大げさ?)買っちゃいました(^_^)v
 
このクルマでは、前の彼女(あ、ピヨ子さんぶたないでw)と色々なところにいったのが思い出ですかねえ。
そんなわけで(?)、別れた後に次のクルマに買い替えちゃいましたが。
 
----------

5台目は、同じくVWのジエッタ。

50Jetta.jpg

あまり聞き覚えのない名前かもしれませんが、要はゴルフベースのセダンです。

実をいうと、これを買う前に最初に「一目惚れ」したのは、BMW3シリーズのワゴンだったんですね。
ところが調べてみると、車幅が180センチを少し越えてています。たしか2~3センチはみ出していたと思います。

この当時は以前のマンション(売っちゃったやつですね)に住んでいたんですが、機械式の駐車場だったので車幅制限があって、それが180cmだったんですよ。 
 
それで「やっぱVWにしよう!」ということになり、ビートル(2代目)とかEOS(ハードトップセダンがスイッチひとつでオープンカーになる奴)とかも考えたんですが、結局のところはトランクの大きさとかバランスの良さでジエッタにしました。
 
ちなみにジエッタの契約の前日に、ネットで「BMW3シリーズが、日本の駐車場事情に合わせて車幅を180センチに縮めた」というニュースを見てずっこけた記憶があります(笑)。
 
このクルマでは、何といってもピヨ子さんそして悟飯くんを乗せていたというのが最大の思い出ですね。
ディズニーとか温泉とか・・色々行きました。
 
----------

そして6台目が、タイで買ったトヨタのカムリです。

60Camry.jpg

これについてはもう以前にいろいろお話ししたので省略しますが、毎日の通勤や買い物はもちろん、アユタヤとかバンセンとかホアヒンとかにも行きました(^^)
 
けっきょく2年足らずで手放してしまったのですが、かなりいい車でした。

しかしタイで黒いクルマを買ったのは失敗でしたね。
これは暑いからではなくて、モタサイやショッピングカートのせいで(※タイではスーパーとかのカートは金属製で大きいし、他人のクルマに当たっても気にしない奴が多いんですよ:涙)しょっちゅう付けられる小傷が目立つというのが理由です。


こんな感じでの僕のクルマ遍歴だったんですが、さあて今回はどうしようかな???


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-04-24(Fri)
 

日本のクルマどうする?

こんにちは、トトロです。
 
引っ越しの件も片付いたところで(というか、ブログ上の時系列的にはまだタイにいるわけですが)、次は日本でのクルマです。
 
----------
 
僕はマニアというわけではないですが、クルマ好きです。

それもあり、大学生になって免許を取ってからは、常にクルマを持ちまた運転してきました。
特に僕は基本的にお酒を飲まない(飲めない)ので、外出時でもクルマに乗ることが多いですね。
 
また、ピヨ子さんだけでなく悟飯くんやブルマちゃんがいる今では、クルマは必需品です。
‥ということで、まさかカムリを日本に持っていくわけにもいかないので(笑)、今度は日本でのクルマが必要になってきたわけです。

ところで、これまで僕がどんなクルマに乗ってきたか、ちょっと振り返ってみたいと思います。
ちょうどいい機会なんで、自分のためにも(失敬!)整理してみましょうかね。
 
----------

まずは始めてのクルマ。
これは、トヨタのスプリンター(5ドアハッチバック)です。

10Sprinter.jpg

今はもうこの名前は失くなってしまいましたが、要はカローラをちょっと若者風?にした双子車ですね。
 
当時はレビン(カローラ)とかトレノ(スプリンター)といったスポーツタイプの2ドア車が流行っていて、僕もそれに乗りたかったのですよ。
しかし、最初のクルマは親から買ってもらった関係もあり、親からは「後部座席にドアのないクルマは許さん!」という厳命が(^^;
 
そういうわけで、妥協の産物としてこれになったのです。

けども、いわゆる青春時代を過ごしたクルマ。
やっぱり思い出はたくさんありますね・・まあ、この話は機会があればいずれ。

----------

続いて2台目は、日産のプリメーラ。

20Primera.jpg

こちらは下の写真にあるように「プリメーラ・パッケージ」というコンセプトで出た初代ですね。

21primera-catalog.jpg

当時としてはある意味で革新的なクルマで、ドイツ車っぽいテイストが受けた覚えがあります。
その頃はフニャフニャした乗り心地が多かった日本車の中で、良い意味で固い乗り心地が大好きでした。

しかし最後はエンジンブロックが壊れてご臨終・・・長いことお世話になりました。

ちなみに前の奥さんと出会って暮らしていた頃のクルマなんで、最後はあまり良い思い出にはならなかったですね(爆)。
 
---------

3台目は、マツダのデミオ。

30Demio.jpg
 
なぜプリメーラからデミオへと「格落ち」したかというと、先ほどお話ししたようにエンジンがいきなりぶっ壊れたのでお金がなかったからというのが実際のところです(^^;

こちらも初代で、バスケット選手のマイケル・ジョーダンを使った「小さく見えて、大きく乗れ~る」というCMを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

31Demio-catalog.jpg

ただこのキャッチフレーズは本当で、草サッカーの合宿に行くのに4名乗車+大量の荷物を載せても全然OKでした・・その代り、高速ではアクセルをベタ踏みしても制限速度しか出なかったですが(笑)。
 
このクルマでは、2002年のサッカーW杯を各地に見に行った(最後は、日本がトルコに負けた宮城まで、東京から行きました!)のが一番大きな思い出ですね。

行きのワクワク感と、帰りのドナドナ状態(笑)・・・まあ、今となっては良い思い出です。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







 
2015-04-19(Sun)
 

タイクオリティ引っ越し

こんにちは、トトロです。
 
日本での新居も決まったところで、次は引っ越しです。
 
----------
 
以前に日本からタイに引っ越したときの印象が良かったので、今回も同じ業者に頼みました。
まあ、業者を選んでいるヒマがなかったのも事実ですが(笑)。
 
業者さんと打ち合わせをしたのは、ピヨ子さんのビザ申請&受け取りをしている週です。
時間を有効に使いまくっていますね・・・と自画自賛してますが(笑)。
 
さて打ち合わせに来たのは、日本人のマネージャーとタイ人のスタッフ。
 
いきなりタイ人のスタッフがピヨ子さんと何やら話しているので聞いてみると、「2年前にここの家に荷物を搬入したよ!」と言っているそうです。
当時はまだホテルに仮住まい中だったんですが、本格的な住むところが決まるまで‥ということで、ここの家(そのときはヤーイ叔母さんが半分住んでて半分空き家みたいな状態でした)に荷物を置いておいてもらってたんですね。
 
それはさておき、日本人マネージャーと一緒に下見した結果としては、日本からタイに来たときと同じくらいの量(体積)になりそうとのこと。
ただし、僕の感覚としては「事前に僕が一人で日本に行くときにギリギリの量を持っていくから、前回よりも減るだろう」と思っていたのです。

---------

さて引っ越し当日。

これは実際に僕らが一家そろって日本に行くよりも1週間前でした。後日お話ししますが、その間はチェンライに行っていたのですよ。

タイに来たときと同様に「おまかせパック」つまり荷造りや箱詰めも業者さんにお願いするサービスにしたのですが、これが日本とタイでは大違い(笑)
こちらでは当然ながらタイ人がパッキングするのですが(日本人マネージャーは全体管理役)、これがテキトーというか何というか‥はい、タイ人モード全開ですね。

まだ物を入れられるのにキッチリ整理するのが面倒くさいらしくて封をしちゃうわ、台所用品と同じ箱に靴を入れるわ、さらには明らかに要らないものも詰めちゃうわ・・・
日本人マネージャーが発見したものについてはやり直させているのですが、さすがに全部に目が行き届くわけもなく、日本で開けてみたらヾ(@゚▽゚@)ノって感じになりましたねえ。

特に問題だったのが、荷物がスカスカまたは緩衝材の入れすぎの箱ですね。
なぜかというと、船便の場合には重量じゃなくて体積で料金が決まるからなんですよ。

けっきょく箱数(ひいては体積)タイに来たときよりも増えてしまい、料金も日本から来たときと同じくらいになってしまいました・゚・(ノД`)・゚・。
 

・・・ということで、タイから日本へ引っ越すときには「完全おまかせ」はお勧めしません(笑)



<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2015-04-14(Tue)
 

母ちゃんが呼んだ!?

こんにちは、トトロです。
 
キヨシさんのマンションを下見に行くところからですね。
 
----------
 
事前にピヨ子さんに電話して事情を話すと、「へえ、いいじゃない♪」とのこと(ちなみに、実家に住めなくなったことを報告したときには、かなりドナドナしてましたがw)。

そして何かリクエストやチェックポイントはないかと聞くと、「とにかく明るいこと!」とのリクエストが。
こういう要望がタイ人であるピヨ子さんから出るとは以外でしたが(※とにかく暑いので、一般的にはタイ人は日当たりが悪いというか影になる涼しい家を好むようです)、これは日本に住んでいた経験のなせる技ですかね?
 
----------

さて不動産屋さんが来て、さっそく下見開始。
今日は親父も一緒です。

まず敷地内ですが、子供がちょっと遊べるようになっている庭があります。
またバス通りに面しているのですが、入ってみるとそんなに車の音は気になりません。しかも外周はぐるりとフェンスで囲んであって、小さい子には届かない高さに鍵がついているので、非常に安全です。

さらに部屋に行ってみると、そこは何と角部屋。
したがって3面に窓があってとても明るいですし、バス通りからは一番奥まったところにあるので静かです。さらに、ある窓からは地主のキヨシさんち(さすがにかなりの豪邸です^^;)の庭が見え、「借景」になっています。
 
間取りは・・・ちょっと不思議な感じ。
LDKがとても大きいのはいいことなんですが(※以前に住んでいたマンションも大きかったです。こういうの好きなんです)、そこと寝室(洋室)の間にタタミの3畳間があるのです・・・って、これどう使うの?
総面積は以前住んでいたマンションとほぼ変わらないのですが、どうやらこの部屋の横に非常階段(内階段なのです)があるせいで、こういう間取りになっちゃったようですね。
 
しかし明るいこと、安全なこと、周りにお子さんのいる家庭ばかりのこと、実家からすぐ近くなこと・・・そして親父がメチャクチャ気に入っていることwwwもあり、ここに決めることにしました。
さっそく不動産屋さんに、「ここに決めました! こんなこともあろうかと現金も持ってきてるんで、この場で手付を払っていいですか?」と聞くと、彼は目を白黒(笑)。
 
けっきょく手付は銀行振り込みすることになり(※これについては後日譚があるのですが、それはまた改めて)、本契約は次回僕が訪日したときに・・ということになりました。
なおこの申込みや契約の関係でも「地主さんからの紹介だから」ということで、けっこう便宜をはかってもらえました・・まったく有難い限りです(^^)
 
----------
 
そして約10日後、再度訪日したとき。
たまたまその方面に用事があるという親父もレンタカーに乗せて、数駅離れたところにある不動産屋さんへ。

すると親父が「おおおっ!」といきなり叫ぶではありませんか。

何かと思って聞いてみると、この不動産屋さんは母の実家があったところにメチャクチャ近いんだそうです。
今は再開発で街並みが変わってしまっていますが、他の道路や鉄道の線路との位置関係からすると、間違いないとのこと。

親父いわく、「実は、母ちゃんと(地主の)キヨシさんのお母さんとは結構仲が良かったんだよ。それに、不動産屋さんまで実家の近くだなんて・・・・母ちゃんがお前たちを呼んだとしか思えないよ」とのこと。

もしかしたら、本当にそうかもしれませんね。
いや、ここまでトントン拍子に決まったのは、マジでお袋が呼んでいたのでしょう。


・・ということで、住む家も無事に決まった僕たちなのでした。


<続きます>

 
 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-04-09(Thu)
 

地主パワー?!

こんにちは、トトロです。
 
親父の気変わり?や意思疎通不備?のせいで、実家住まい計画がガランガラン音を立てて崩れさったところ(笑)からですね。
 
----------

さあて、困った・・・といいたいところですが、そこは気まぐれな親父と長年付き合ってる僕(^^;
ちゃんと次善の策は考えてあります。
 
まずは不動産サイトで検索した候補。何と実家から徒歩30秒!のところにあるテラスハウスです。
が、電話してみると「あ~あれはもう塞がっちゃったんですよねえ」・・・って、ずっと空き家だったのにいきなり決まったのかよ!と思いたくなるんですが。
まあ、いわゆる「釣り広告」だったんじゃないかと思います。
 
続いて、僕が生まれ育った公団住宅。今はURって言うんですってね。
ここは実家とは(同じ市内で)隣町にあるという近さなのです。またWebで調べてみると家賃は少々高いんですが、いわば公営なので更新料もいらないし敷金もきっちり返ってくるので「長い目で見ればお得」というこtだそうです・・・ふむふむ、なるほど。

これについては最寄りの営業所にまずは行くのが早かろうということで、電話で確認した上で明日行くことにしました。 
 
----------
 
そうこうしているうちに、親父がひょんなことを思い出しました。

「ほら、地主のサトウさん(仮名。以下同様)いるだろ? うちの土地を売ってくれたのはタケシさんちなんだけど、あそこ(実家のすぐ近所です)で商売やってるキヨシさんが2年ほど前だったか隣にマンション建てたぞ?」というではないですか。
 
ここら辺では、地主といえばサトウさんかスズキさんに決まってるんですね。
ですから、もはやジモティと化してる親父(や亡くなったお)は、ファーストネームで家族を識別するんですよ(^^;
 
ということで、善は急げとばかりにキヨシさんのお店に行ってみることに。
もし空いていたらラッキーですし、そうでなくても地元の有力者?ですので、何か良い物件情報を知ってるかも・・・という目論見です。
 
----------

キヨシさんのところに行き、親父が簡単に事情を話します。

すると、僕の顔を見ながら「トトロさん、あそこは大手デベロッパーと協力して『子育て応援』をコンセプトに作ったマンションなんだよねえ。だから基本的に小さいお子さんがいる人じゃないと・・・」と残念そうにキヨシさんが言います。

ま、そりゃそうですよね。
僕の年恰好を見たら、まさかオムツの取れない子供が2人もいるなんて思わないですよねえ(笑)。
そこでキヨシさんに「いや、実は結婚が遅くて、いま2歳と0歳の子供がいるんですが」というと、「へえ!そうなの!」とびっくりすることしきり(^^;
 
ただ本人はオーナーなんで、いま誰が入ってるかとか空きがあるかどうかとは全然知らないとのこと。
ですが、すぐにデベロッパーの担当者に連絡してくれるとのこと。

いやあ、ありがたかったですねえ。
このあたりは、さすが地主パワーって感じですね。
 
----------

その晩、さっそく担当から連絡が入りました。
何と8月いっぱいで引っ越した部屋が1つあり、まだ空いているとのこと\(^o^)/
 
そこで「あさっての夜便でタイに戻るので、それまでに是非見せてください!」というと、担当は目を白黒・・・いや、電話なんで顔は見えないんですが(笑)そんな感じでしたね。

それでも詳しく事情を説明すると「それなら至急、取扱い不動産会社に連絡して手配しますね」と言ってくれました。

そして翌日。
まずは朝イチでURの営業所に行って条件や空き状況を確認。けっこう手頃な感じの部屋がいくつか空いているのがわかりました・・・ふむふむ、これならこちらは焦る必要がないな。下見はちょっと手間がかかるので、まずはキヨシさんちのマンションを見てからでいいや。
 
そうこうしているうちに、前述の不動産やさんから電話。
こちらについては、「急な話ではあるものの地主さんからの紹介なんで、さすがに今日は無理だけども明日ならOKです」とのこと。うーん、さすがに地主パワーはすごい!


ということで、キヨシさんのマンションを見に行くことになったのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2015-04-04(Sat)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: