出会い系で出会う

ビザ申請アゲイン(準備編)

こんにちは、トトロです。

ビザ申請がタイで可能ということが分かったところからですね。
 
-----------

その後JVAC(日本ビザセンター)に問合せたときに分かったのですが、申請から何と3日でビザを出してくれるとのこと(※もちろん、審査が通れば・・・ということですが)。

よって、他の用もいろいろあるので、まずは日本に僕だけで帰国することに。
そのときに僕の戸籍謄本も取ったりしつつ、書類を準備していったのです。

----------

さて在タイ日本大使館によれば、今回のような場合に必要な書類は以下のとおりです。
ちなみにタイトルは「日本人配偶者がタイ国に居住している場合で、在留資格認定証明書の交付を受けずに「日本人の配偶者等」の査証を申請する際に必要な書類等一覧」・・・長ええええwww

(1) 旅券
(2) 査証申請書
(3) 申請者の写真
(4) 質問票
(5) 住居登録証(タビアン・バーン)
(6) 配偶者作成の渡航理由書
(7) タイの婚姻証明書
(8) 配偶者の戸籍謄本
(9) 婚姻に至る経緯書
(10) 配偶者の旅券
(11) 下記証明書のうちいずれか1点                  
  ・配偶者の在職証明書(配偶者の所属会社が作成した役職名、
   入社年月日および月給の記載にあるもの)および帰国発令書
  ・配偶者が自営業の場合は商業登記謄本
  ・申請人本人の在職証明書
(以下略)

ずいぶん沢山あるように見えますが、実は大したことありません。(本当か?^^;)
以下、説明していきますね。

---------

まず(3)申請者の写真、(5)住居登録証(タビアン・バーン) 、(7)タイの婚姻証明書、(8)配偶者の戸籍謄本、(10)配偶者の旅券については、単に原本をそろえたりコピーを取ったり、または写真を撮影してもらえばOKです。
前述のように、今回は申請前に僕が日本に一時帰国して(8)の戸籍謄本を取ってきたんですが、これも親兄弟など(※委任状があればできます)に取ってきて&送ってもらえば大丈夫です。

それから (2)査証申請書と (4)質問票については、紋切り型の質問に紋切り型の回答をすればいいだけです。
ちなみに、僕は自分の過去ログ(ここここ)を参照して記入しました(笑)。

そうすると、残りは (6)配偶者作成の渡航理由書、 (9)婚姻に至る経緯書、そして(11)下記証明書のうちいずれか1点(※詳細略)の3つだけですね。
                  

<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-02-28(Sat)
 

ビザの裏ワザ!?

こんにちは、トトロです。

ピヨ子さんのビザについて、ダテさんが思わぬことを言い出したところからですね。
 
----------

僕は、てっきりピヨ子さんは再び在留許可&ビザを取らねばならないと思っていたのですね。
つまり、こちらのタイ大使館Webサイトでいう「9.在留資格認定証明書に基づく査証を申請する方へ(「興行」および「技能」を除く)」というパターンです。

ところが、ダテさんいわく「いやいや、12番の《日本人配偶者がタイ国に居住している場合で、在留資格認定証明書の交付を受けず「日本人配偶者等」の査証を申請する方へ》というのが使える可能性があるんですよ」とのこと。

よくよく読んでみると、どうやらこれは「駐在様wが帰国(帰任)の辞令を受けたとき」というのがメインのケースで、あとはタイで自営業をやっていた方が(仕事や家庭の事情で)日本に帰るとき等が該当するようですね。
そしてダテさんは「トトロさんの場合には帰任じゃなくえ転職なんだけど、タイでのこれまでの在職証明と、日本での新しい職場の内定通知書があれば何とかなるんじゃない?」と言います。

うーん、これは確かに試してみる価値があるかも。
 
----------

実をいうとこの会話は、正式内定のちょっと前(つまり辞表を出す前)だったのです。
 
そこで、内定通知書には給与額が入ってるのはもちろんですが、タイの会社の在職証明にも「ピヨ子さんのビザに必要だから」と人事に頼んで給与額および正式退職日(有休を使い果たした時点になるので、2~3週間の余裕がありました)を書いてもらうことにしました。
 
こういった手はずを整えてから、日本大使館に電話。
「これこれこういう訳(つまりタイ日を挟んだ転職)なんですが、タイでの現職と日本での新職両方の給与額入りの証明書と内定通知書を用意できます。ついては、12番に該当すると思われるんですが、その方向で申請させてもらえないでしょうか?」と尋ねてみました。

対応したのはタイ人のスタッフでしたが、親切な方で「なるほど。じゃあ、ちょっと領事に確認してみますね」とわざわざ聞きに行ってくれた模様。

待つこと数分、領事の回答はOKでした\(^o^)/
いやあ、ダテさん、そして大使館スタッフさん、本当にありがとう!!

 
そんなわけで、後日バンコクのJVAC(日本ビザセンター)に申請することになったのです。


<続きます>

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-02-23(Mon)
 

超高速!?引っ越しスタート

こんにちは、トトロです。
 
予告したように、今回から新章です。
実をいうと、辞表を出してからたった1ヶ月で日本に引っ越したんですよ( ̄^ ̄)エヘン

通常の(?)日本に家を残して赴任した、日本人だけが家族の駐在様wであれば可能かもしれません。
しかし、僕らは東京にあったマンションも売っちゃったし(ああ、今となってみれば勿体ないw)、車も自分たちで買っちゃったし(しかも絶賛ローン中w)、ましてやピヨ子さんにはあのヤヤコシイ在留許可とビザが必要です。

そう考えてみると、1ヶ月ですべてをクリアして日本に行ったって凄くないですか?
いや、凄いって言ってくださいな(笑)。

ということで、その獅子奮迅ぶりについて自画自賛しつつw、お話ししたいと思います。
 
-----------

何はともあれ、まず大事なのはピヨ子さんの在留許可とビザです。

以前にもお話ししたように、これって滅茶苦茶めんどくさいし、時間もかかるんですよ。
そんなわけで「たぶん年内一杯くらいは、最低でもかかるだろうなあ」と予測していました。

したがって、新しい会社の社長とも「正式入社日はピヨ子さんのビザ次第。ただし必要があればリモートや日本への『出張』ベースで仕事開始」という話をしていたのですよ。

さらに、僕自身のタイのビザは退職日(有休が2~3週間くあるので、その後ですが)には失効してしまうので、まずは僕がタイの家族ビザを取らなきゃ・・・と思っていたのですよ。

そうすると、まず僕がタイのビザを取り直して(しかもそのためには一度タイから出国しなければなりません)、それと並行してピヨ子さんの在留許可を日本で申請し、その後ビザをタイで申請するということになります。
したがって、手間は2倍、3倍ですね ( ̄▽ ̄;)

あ、念のために言っておきますが、悟飯くんとブルマちゃんは二重国籍なんで日タイともにビザが要らないんです。
ですから、問題は僕とピヨ子さんということになります。
 
----------

ところがある日のこと。

現採&タイ人奥さん仲間であるダテさん(仮名)と話す機会がありました。
彼は日本とタイの諸制度に詳しく、これまでもダテさんには色々教わっていたのですよ。
 
中国からヤマシタくんがやってくる頃だったと記憶していますが、そのときには既に「ほぼこの会社で決まりだろう」とは思っていたので、ビザの件を相談してみたのですよ。
 
すると、彼が「いや、ピヨ子さんのビザはこちら(タイ)で取れると思いますよ」と言うではありませんか。


(! ̄д ̄)えぇぇぇ! そんな手があるの!?


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-02-18(Wed)
 

辞めちゃったぜい!

こんにちは、トトロです。

前回はチト脱線した話でしたが^^;、本筋に戻りますね。
 
----------

バンコクで社長と会った後に、さっそく内定書を貰うことにしました。
これには訳があって、ひとつには日本に戻るからにはちゃんとした証拠が欲しいということ(やっぱり人を信じられなくなってるw<社長ゴメンwww)、そしてもうひとつは(後日お話ししますが)ピヨ子さんのビザのためです。
 
社長はタイの後に他の国へ行ったのですが、日本の本社に連絡してくれてすぐに内定書のPDFがメールで届きました。
と、いうことで・・・

メールが届いた翌日、人事に辞表提出(o^∇^o)ノ

そして即日受理w 

退職日までナンバー1のインタビューなしwww

いやあ、向こうも首を長くして待ってたんでしょうね。
ま、どうでもいいですがwwwww

まったくの偶然なんですが、このときチェンライから義父母が来てたのです。
そこで、家族全員でお祝いのお食事会に行くことに。

そのときお義母さんに「トトロの顔が以前と全然違う。明るくなった」と言われました。
やっぱねえ・・・と、思ったことでした。
 
----------

今となって思えば、僕にも未熟だったり至らなかったりした部分は多々あったと思います。
しかしながら、だからといってナンバー1たちの仕打ちを許せるわけでもないんですが(笑)。

これは半分冗談ですが、ナンバー1くんは撃たれたり刺されたりしなかっただけラッキーだと思ってほしいですね(ってことは半分マジなのかオレwww)

いずれにしても、未熟な部分・至らなかった部分については「教訓」として現在の仕事に活かしているわけで、そういう意味では「成長」したのかな、と思っています。

---------- 

ちなみに、つい最近(今年の2月に入ってから)変な夢を見ました。

夢なので荒唐無稽ではあるんですが、ウルトラ警備隊&秘密警察みたいな組織があって、実は(前の会社の)仲のいい同僚がそのメンバーだったと。

そして、見事ボスキャラのナンバー1(笑)を倒した後に、僕も組織に誘われてその制服に袖を通す・・・というありがちなラスト(^^;だったわけです。

しかし、ラストシーンで目が覚めた後に、僕は泣きました。

なぜかというと、日本での仕事や生活をエンジョイしていて、すっかり過去のことだと半ば忘れていた(と思っていたのに)こんな夢を見るなんて・・・という気持ちになったからです。
 
泣き声が大きかったせいかピヨ子さんとブルマちゃんを起こしてしまい(大物?の悟飯くんは爆睡継続w)怒られてしまいましたが、事情を話すとピヨ子さんも貰い泣き(^^;

けど夢は夢。今がハッピーだからいいじゃん♪とピヨ子さんに慰められて、再び眠りについた僕だったのでした。


<現採ザンコク物語、完。次回から新章に入ります>
 
 
 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2015-02-13(Fri)
 

バンコクの悲劇

こんにちは、トトロです。

日本での職が決まり、いよいよ帰国・・・ということになったわけですが、今日はちょっと脱線した話を。

なお、今回は珍しくエッチな話(?)になりますので、ご注意ください。
それから「妻帯者のお前が何でそんなこと知ってるんだ?」というツッコミも無しの方向で(^ ^;ゞ

----------

前回お話しした、中国オフィスの責任者。
まだ若い人なんですが、とてもいい青年です。本ブログでは「ヤマシタくん」という名前にしましょうかね。

さて、ヤマシタくんとバンコクで食事しているときのこと。
たしか前日からタイに来ていたので「昨日はどうしてたの?」という話になりました。

すると、昼間の仕事を終えた後に、適当に食事をしてから「夜の街」に出かけたそうです。
まあバンコクはそういう面でも有名ですからね(^^;
 
彼いわく、最初はナ◎プラザ(いちおうw一部伏字)に行ったそうなんですが、あまりにもママさんや女の子たちのプッシュやおねだり攻撃が強すぎたそうなんで、早々に退散。
どうやら、某虹色グループの店に入ったらしいです・・・ま、辟易する気持ちも分かります(笑)。
 
----------

そしてヤマシタくんが向かったのは、パッ◎ン(これまた念のためw伏字)。
初タイだったそうなんですが、ちゃんと予習してるんですね(笑)。
 
適当にバー(といっても、静かにカクテルを傾けるようなところでは無いことはお分かりですよね?www)を回っているうちに、いい店を発見。
 
そうこうしているうちに、あるオネーチャンと仲良くなって、なぜか(笑)一緒にホテルに帰ることになったそうです。
彼は独身ですし、そういう所のそういうお店はそういう事がお互いの目的のひとつでもあるので(「そういう」が多いなw)、まあ良しとしましょう。
 
「ところがですね、トトロさん」

はい、なんでしょうか(あ、分かっちゃったかもw)

「いざ・・・というときになったら」

ええ、どうしたんですか(完全にアレだな‥と思いつつ、シラを切る僕w)


「あってはならないモノが、付いてたんですよ~~~っ!!」

うわあああああああ(棒読みwww)


---------

はい、予想どおりタイ名物レディーボーイ(日本でいうニューハーフ)だったんですね。
初のタイ、初のゴーゴーバー(あ、言っちゃったw)で・・・何という不運でしょう(再び棒読みwww)。

しかしヤマシタくん、そこは紳士です(なのか?)
ちゃんと「自分はそうとは知らなかった。申し訳ない」と言って、ちゃんとチップを渡してお引き取り願ったそうです。

けど、お前さん、予習が甘くないか?www

◎ッポンの店はナ◎プラザやソイ◎ウボーイと違って混じってるんだよ。
ここ、テストに出るからねwww


それはさておき・・・ 
彼を慰めるべく(または口直しさせるべく?w)、100%オネーチャンだけの店に連れて行ったのです。

しかし、ヤマシタくんいわく「みんな女の子だと分かっていても、あの子なんかめっちゃ可愛いんだけども(※本当にこう言いましたw)・・・昨日のトラウマがあるから無理です~~~っ!」と再び叫んでいました(笑)。


ということで、ほろ苦いタイ夜の部デビュー(笑)を飾ったヤマシタくんだったのでしたヾ(@゚▽゚@)ノ


<次回からは、元の話に戻ります>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2015-02-09(Mon)
 

順序が違う・・・けど。

こんにちは、トトロです。

応募先の日本企業の社長から、いきなり電話がきたところからですね。

----------

社長いわく、「あのさあ、来週なんだけど、中国オフィスから部下が行くから、二人で海外事業の話しといてね♪」

‥(゚Д゚)ハァ?

‥‥(゚Д゚)ハァ?

‥‥‥(゚Д゚)ハァ? ナニイッテンダコノヒト

これ、久々のパターンですね(笑)。
まあこれまでとは用法が違うからいいんですが。

---------
  
「あのお、まだ社長とも直接会ってませんし、ましてや内定も貰ってないんですけど(※この時点では、仕事の話はしたけど、条件の話は一切してません)」と当たり前の理屈を言うと、

「まあ、いいじゃん」と社長。

「ちょっと順番が違うだけだし、ダメだったらその時はその時だよ」とのこと。

・・あんた軽すぎっ!(笑)

まあそこまで言うのなら‥ということで、中国オフィスの責任者が来タイしたときにお会いしました。

----------

彼はまだ若いんですが、非常に熱意あふれた人なんで意気投合。
 
まずは喫茶店で大いに海外事業の話で盛り上がった後に、彼の希望でタイの典型的スーパー(Big Cでした)とデパート(センタンでした)を視察して食事。
そして飲みに行って、さらに意気投合・・・って、僕は下戸なんでコーラですが(笑)。
 
そんなこんなしているうちに、数日後に社長が来て数年ぶりに再会。
これまた大いに盛り上がり、条件面での合意もできたので、晴れて内定ゲット\(^o^)/


いやあ、長かったですね。約半年かかりました。


そんなわけで、日本に帰ることが決定したのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-02-04(Wed)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: