出会い系で出会う

路地裏の幼年

こんにちは、トトロです。

今回のタイトルは、浜田省吾の名曲「路地裏の少年」のパロディです・・・あ、ぶたないで(笑)。
 
----------

我が家は、日本人御用達のスクンビット通りのエリアではなく、そこからは離れたとある住宅地にあります。
いわばタウンハウス団地みたいになっている街区で、数十戸が固まっています・・・って「タウンハウス」って分かりますかね?
日本では「テラスハウス」という方が通じるかもしれませんが、2階建ての家が境界の壁を共有している形式の家です。
まあ、言ってしまえば「ちょっと広くてちょっと高級な長屋」です(笑)。
 
それでもバンコクでタウンハウスに住める(購入か賃貸)というのは、中流以上の人たち。
たいていの家がクルマを保有していますし、身なりも物腰もよい住民が多いです。
また、我が家を含めて外国人の旦那さん&タイ人の奥さんという家庭も多いですね。これはインター校が近くにいくつかあるせいでもあるでしょう。通学に便利ですからね。
 
----------
 
さて我が家自体は大きなソイから大きなソイへの抜け道になっているため比較的交通量が多いんですが、一本裏道に入ると、そこは行き止まりになっています。
また、裏道に入るところにセキュリティ(警備員)の小屋があり、安全です。したがって、ここの路地は近所の子供たちの遊び場にもなってるのです。
 
もちろん悟飯くんも、ここに行くのが大好き。
さすがにまだ一人では遊ばせられませんが、パパかママまたは居るときにはジイジ(義父)がついていって遊ばせています。
 
roji1.jpg
 
そしてこの路地には、下は悟飯くんより半年遅れで生まれた子から、上は中学生くらいまでたくさんの子供が集まってきて遊んでいます。

まだまだ悟飯くんは「おみそ」扱いですが、それでもお兄ちゃんやお姉ちゃんが一緒に遊んでくれることもあり、非常に楽しそうですね。

----------
 
またこの路地のいいところは、国際色が豊かなこと。
 
roji.jpg

上の写真の一番左にいるお姉ちゃんはパパが欧州人(ママはタイ人。以下同様)です。他にも、米国人(あれ?英国だったっけ?w)とか、南米系の子もいますし、タイ人でも中華系だったり(色黒だからたぶん)イサーンか南部系だったり・・・とバラエティに富んでいます。

したがって、言葉もバラバラ。
みんなの共通語はもちろんタイ語ですが、他にも英語、スペイン語、中国語そして日本語が飛び交ってます(^^)
(我が家以外にもう一軒パパが日本人のお宅がありますし、タイ人のパパで日本語ができる人もいるのですよ)
 
そういった肌の色も国籍も違う子たちが仲良く遊んでいるのは、本当にいいですよね。
人間同士そういったものは関係ないんだってことを、悟飯くん(や将来のブルマちゃん)が体験を通じて知ることができるのは、とても素晴らしいことだと思います。
 
そんなわけで、土日になると悟飯くんに手を引かれて、路地裏に行く中年(笑)の僕なのでした。
 
では、また。

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2014-07-31(Thu)
 

アポロ45年

こんにちは、トトロです。
 
いま日本では「宇宙博」がやってるそうですね。
行きたくてたまらないのはさておき(笑)、今日はこれに関連したお話を。
 
----------
 
アポロ11号が月に着陸してから、今年で45年たったことになるそうです。
もうそんな昔なんですね。

僕くらいの年齢が、たぶんリアルタイムでアポロを知っている&覚えているギリギリ下限なんじゃないでしょうか。
当時まだ幼稚園だったのですが、それでもハッキリ覚えていますし、また「ロケット(※)が月に行って、着陸して、帰ってきた」ということは理解できましたし、大興奮しましたね。
(※当時は「宇宙船」ではなく「ロケット」という言い方が主流だったような気がします)

---------- 
 
翌年の1970年は、大阪万博でした。
もちろん我が家もみんなで大阪に行ったのですが・・・いやあ凄い人でしたね。ただ僕が「どうしても月の石が見たい」と言って、泣き言いわずに根性で何時間も並んだそうです。
(※アポロ11号が持ち帰った月の石が、ひとつの目玉だったのですよ)
 
あと印象に残っているのは、テレビ電話とかコードレスホン(携帯?)とか、そういったハイテクの品々。
会場内は電気自動車が走り回り、また各パビリオンやその中の展示物も「未来的」なデザインで溢れていましたね。

----------

そんなこんなの影響を受けて、幼稚園では「うちゅうひこうし」になりたい男の子が続出。
ところば僕は当時からひねくれていたらしく(笑)、「ぼくは、ロケットを作るハカセになる!」と言っていたそうです。

「ハカセ」というのは、要は「すごいエンジニア」とかそういう意味で使ったんでしょうね。もしかしたら、これが僕の理系志向を決めた瞬間かもしれません。

実際に大学は理系学部にいったのですが、残念ながらロケットを作るような勉強や仕事はしてません(^^;
それでも理系に進んだのは良かったと思っていますので、これもアポロのおかげですね。
 
----------

そういや、20年ほど前にフロリダに遊びに行ったことがあります。
そのときにケネディ宇宙センターへも訪れたのですが、いやあ大興奮しましたね。
 
アポロ計画に使われたサターンV型をはじめとしたロケットが外にずらりと立ち並び、展示館内では実際に地球へ帰還したアポロの司令船や(使われなかったけど本物の)着陸船や宇宙服などなど・・・もう完全に幼稚園時代に戻ってしまいました(笑)。
 
そして圧巻だったのは、アポロ計画当時の管制センターがそのまま残っていること!
映画「アポロ13」にも出てくるのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、階段教室みたいになっていて、各席にはコンピュータの端末そして正面には大スクリーンがあるんですよ。
その大スクリーンに、アポロ計画をダイジェストしたドキュメンタリーが映されるんですが・・・いやあ感動しましたね。

---------- 
 
そういえば、僕らが子供のころには「きっと21世紀には、宇宙ステーションや月に観光旅行にいけるようになる」って言われてましたけど・・・・・まだですねえ(^^;
 
新しい月探査計画は中止になっちゃいましたし、火星有人探査はまだまだ先(早くてもまだ20年以上)。
どうやら僕が生きている間に「宇宙旅行」をすることはかなり難しくなってしまいましたが、悟飯くんやブルマちゃんには体験してほしいなあ、と思うことでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2014-07-28(Mon)
 

国際結婚におけるコミュニケーション

こんにちは、トトロです。
 
今日は珍しく(?)マジメな話題を。
 
----------

リンクもさせて頂いている「タイ移住情報 タイを活きる」ブログで、こんな話がありました。
ちょっと過激な表現はさておき(失敬!)、要はタイ語(や他の言語)ができないと仕事も結婚も大変だよってテーマだと認識してるんですが、この話(特に後者)には大いにうなづける部分があります。

僕の場合には会社は「外資系」なので、公用語は英語です(タイ人も日本人も、他の国の人も全員英語が話せます)。
したがって、こちらについては問題ないですね。
ただ今後もっと地場企業と付き合っていくためには、もっとタイ語を上達させなきゃいけないんですが・・・。
 
----------

それはさておき、結婚の話ですね。
これはタイに限らず、国際結婚では言語(そして文化)の問題というのは共通でしょう。 

これは僕の考えですが、恋愛なら何とかなると思うんですよ。
ある意味で勢いというか、熱く燃える感情さえあれば勝手に盛り上がれますので(^^;
 
ただ結婚となると、結納や挙式そして披露宴はどうするのか、どこに住むのか、ビザはどうするのか・・・に始まり、今後の人生設計も話し合わねばなりません。
そして子供ができれば出産についての相談、子育てや教育の話・・・そして老後の計画まで、じっくり話し合う必要が出てきます。
 
このためにはコミュニケーションが欠かせないですよね。
しかも単なる言語じゃなくて、かなり高度なコミュニケーション力(ひいてはそれを用いたディスカッション)が要求されます。 

----------

さて我が家の場合ですが、元々ピヨ子さんも英語ができました。
さすが地方国大卒!というところですが、たとえば「better」を「good more than」って言いやがることもあり(笑)、ちょっと怪しいです。
 
しかし、付き合ってる間(~ビザを取って来日するまで)は、メッセンジャーを使って会話していたので(+音声)、やっぱ文字だとお互い分かりやすいんですよね。PC使ってその場で辞書も引けますし。
 
それから、PC上の会話だと、ネットでWebサイトや画像を検索して見せることも可能です。
さらに言うと、それでも分からなければ「お絵かき」しましたよ。ええ(笑)。
 
・・・つまり何が言いたいかというと、(1)まずは共通言語を持つ、そして(2)言語の差を埋める工夫をする、ということが大事なんじゃないかと思うんですね。
 
----------

それからお互いの母国語を知ることも必要です。
 
以前にも書きましたが、ピヨ子さんは結婚が決まってからチェンライの日本語学校へ、来日してからは東京の日本語学校に通っていました。(悟飯くんを身ごもったときのツワリ以来、中断してますが・・・)
そして僕も、ピヨ子さんが来日してからはずっと(こちらバンコクでも)週1回ですがタイ語のレッスンを受けています。
 
やっぱ母国語じゃないと通じないニュアンスってあるじゃないですか?
それはお互いに少しずつでもいいから覚えなきゃ&理解しなきゃいけないと思うんですよね。

さらに言うと、子供はバイリンガルになるでしょうから(我が家では意図的にそうしようと思っています。この話は後日)、子供がどちらの言葉でパパやママに話しかけても、ある程度は受け答えできなきゃいけないですよね?
 

そんなわけで、ちょっと取りとめのない話になってしまいましたが、思ったことをツラツラと書いてみました。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2014-07-25(Fri)
 

ハッピー・ボーイ

こんにちは、トトロです。
こないだ「シリアス・ガール」ことブルマちゃんの話をしたので、今日は「ハッピー・ボーイ」である悟飯くんについてです。

----------

悟飯くんは本当にいつもニコニコしているイメージがありますね。
もちろん、怒ったり泣いたりもするわけなんですが、基本そんな感じ。夜泣き時期は普通どおり二度ほどありましたが、それ以外は本当に手がかからない子です。

そういや、以前に病気で入院(尿路感染症といって生後間もない赤ちゃんにはポピュラーなものです)もありましたが、いまは完治しています。あ、そうそう。これについては面白い後日談があるので、またいずれ。

----------

さて最近の悟飯くんですが、クルマとiPadが大好き。

休みの日に(つまらなくて?)愚図っているときなんかも、「ほら悟飯くん、パパとブーブー行こう!」というと、飛び跳ねて喜んで付いてきます。
また家でもクルマのオモチャを・・・放り投げて遊んでます。すまん息子よ、21世紀になったのだが、まだクルマは空を飛んでいないのだよ

iPadについては、小さい子供向けの知育ゲームも好きなんですが(数やモノの名前を知ったり、挨拶を覚えたり・・みたいなやつです)、何といってもYoutube!
パパやママがやっていたのを見よう見まねで始め、今では「お前どっから探してきたんだよ?」みたいな子供が好きそうな番組をいろいろ探しあててきて見てますね。

----------

そんな悟飯くんですが、それでも意に沿わないことがあると抗議します。
抗議の方法としては、まず嘘泣きです。これについては、くすぐってみると判別します(笑)。笑い出したらOK、さらに泣くか怒ったらマジですね。

それからもうひとつ(というか、上記の最大級バージョン)は、床に突っ伏すこと。
あくまでもイメージですが、こんなかんじですかね?(笑)

naku_20140718082145c56.jpg

まあこれも嘘(ポーズ)とマジがあるんですが、こないだ面白かったことがあります。

----------

悟飯くんはお風呂の湯船に入っていろいろ遊ぶのが大好きなんで、土日はたいていパパといっしょに入ります。お風呂で遊べるオモチャもいろいろありますし、泳ぐ真似もできますしね。
けどね・・・エンドレスになる場合があるんですよ(^^; そうすると僕としては適当なタイミングで切り上げたいんですが、これがなかなか大変なのです。

最後には強制的にオモチャを取り上げることになるのですが、こないだは最大限の抗議を表すべく・・・そう、水の中に五体投地しやがりました(笑)。
溺れてビックリする悟飯くん・・・もちろんすぐに助け出したのですが、まさか風呂の中でやりやがるとは。

そんなわけで抱き上げたまま大笑いしていると、救出された悟飯くんもなぜかゲラゲラ笑ってます。
お前、本当にある意味ハッピーな奴だなあ・・・と、思ったことでした(^^;


では、また。



 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-07-22(Tue)
 

タイ人に関する数字

こんにちは、トトロです。
今日は、最近見聞きしたタイに関する数字についてです。

----------

まず人口ですが、タイの人口はおよそ6500万人弱。

男性が48%強、女性が52%弱というのは日本と変わらないですね(※ただし、タイに多いオカマちゃんやオナベくんはカウントしてませんw)。

年齢別人口でいうと、15歳未満が20%(日本13%)、60歳以上が16%(日本32%)となっており、まだまだタイは人口構成比からみたときの活力があります・・・が、推計によるとタイでも今後高齢化がどんどん進行するらしいです。

なぜかというと・・・それは出生率にあります。

----------

1970年時点でのタイの出生率はなんと6.0もあったそうです!・・・って、マジすげえ。現在でもこれに近い数字を出しているのは、いわゆるブラック・アフリカ地域だけですね。

ちなみに1970年時点での日本の出生率は2.1、戦争後のベビーブームのときですら4.5くらいだったので、比較になりませんね(^^;
 
ところが、現在のタイの出生率は1.6に激減しています。だから急速に高齢化が進むと予想されてるんですね。
この原因について、調査元マヒドン大学では「15~49歳の男女の数を比べると、女性が78万人超も多かったほか、タイ社会が同性愛などさまざまな性の受け入れに寛容であること、女性の社会的地位が高く、晩婚化が進んでいることなど」としているそうです。

ううむ、たしかにどれも頷けますね。

----------

これに関連して、ちょっとビックリしたり納得したりのが、タイの若者に関する調査です。

25から29歳のタイ人における大学卒業者(※進学率にあらず)の割合は、男性が34%、女性が53%・・・つまり大卒者は女性の方が多いんです!
しかも日本の同世代と比べると、男性は35%と同等ながら、女性は20%( ̄□ ̄;)!!  いやあ、タイの女性ってば凄えええええ。

前掲した「女性の社会的地位が高く、晩婚化が進んでいる」っていうのは、これで納得できますね。
ピヨ子さんの実家のように田舎だと必ずしも晩婚ではない(むしろ、昔の日本のように25歳過ぎると肩身が狭くなるらしい)ものの、バンコク首都圏ではそうだろうと思えますね。
何ていっても、うちの会社でも取引先でも、女性の方が明らかに多いですもん(例外は工場などのブルーカラー層)。

いずれにせよ、お国柄の違いって、数字からもいろいろ見て取れますね。
では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-07-19(Sat)
 

シリアス・ガール

こんにちは、トトロです。

早いもので、ブルマちゃんは4か月になりました。
 
-----------
 
それにしても、同じ親から生まれた兄妹でも、やっぱり色々違いがあります。
 
身体の大きさとかは違って当たり前なんですが、ビックリしたのは匂いが違うこと(笑)。
いや、本当なんですよ。
言語化するのは難しいんですが、悟飯くんとブルマちゃんでは抱いたときの匂いが違うんですよ。
これはボディソープや衣類洗剤の違いではないですね。肌の匂いそのものですね・・・なんでだろう?
 
それから、寝つきが違います。
もちろん悟飯くんも夜泣きとかはしたんですが、どちらかというと世話がラクだった方じゃないかな?
ところがブルマちゃんは、もうママ(ピヨ子さん)が抱っこしてないと寝てくれません。
悟飯くんならパパ(僕)が抱いても寝てくれたりしたんですが、ブルマちゃんはママじゃないと駄目です。
したがって、僕としては理不尽な寂しさを味わったりしています(^^;
  
----------
 
あと、髪の毛が違います。
 
悟飯くんは生まれたときから髪の毛がかなり多くて、病院で周りのママもビックリしたくらい。
これだけは父に似なくてよかったなあ(笑)、と思っていたのですが・・・ブルマちゃんは少ないっす。
まあ新生児としてはこちらの方が普通なんでしょうが、女の子だけに父としては非常に心配です(´・ω・`)

ちなみに、ブルマちゃんの写真をピヨ子さんがSNSに載せたら、イトコ(こちらで紹介したパイパー君の父親)が、「パパに似て髪の毛すくないねー。あはははは!」とコメントしやがりました(-_-メ;)
・・・ということで、こいつには後日チェンライに帰省したときにオシオキすることにしました(笑)。

----------

そして最大の違いは、泣き方。

ブルマちゃんの場合、ギャン泣きがすごいんですね。
同じ月例のときの悟飯くんよりかはずっと小柄なんですけども、パワーは5割増し(^^;
それにしても、その鳴き声の中で寝ている悟飯くんって、やっぱ大物だわ。
 
さらに泣くときの表情がスゴイっす。
特にオシッコやウンチするときなんて、この世の終りとか父母との別れのような顔をします(笑)。
しかも、涙をボロボロこぼしながら・・・
いや、たしかにレディーとしてはオシッコやウンチは恥ずかしいんでしょうが、それ今の年だと普通だから!って言ってやりたくなります(笑)。

・・・ということで、父母が(本人にはこっそりw)つけたあだ名は「シリアス・ガール」。
ちなみに、悟飯くんは「ハッピー・ボーイ」です(笑)。

ま、いずれにしても二人とも、スクスク育ってね。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2014-07-16(Wed)
 

続:官兵衛と秀吉

こんにちは、トトロです。

前回の続き(?)です。
 
----------

このあいだ、出張中の機内で「清州会議」という映画を見ました。
テレビだと「王様のレストラン」や「古畑任三郎」、映画なら「ラジヲの時間」、「THE有頂天ホテル」、「すてきな金縛り」などでかなり好きな三谷幸喜の作品なので期待してたんですが・・・終盤寝ちゃいました(笑)。

いや、物語としても演出としても面白いんですが、さすがに結末が分かっている(史実と同じにせざるをえない)物語を2時間以上もやっちゃだめでしょ(^^;

ましてや、戦国時代ものとはいえ、あくまでも会議のお話なんで戦闘シーンとかないですしね。
もしこれが、たとえば1時間半の映画だったら、きっともっと面白かったと思います。

----------
 
ただ、この映画で感心したことが2つ。

ひとつには、大泉洋。
いやあ、この人がこんなに秀吉役が似合うとは思いませんでした。

実をいうと「食わず嫌い」だったのかもしれませんが、この人って余りいい印象を持ってなかったんですよ。
しかしこの映画ではまさにハマり役。コメディ映画だったからかもしれませんが、「もしかしたら軍師官兵衛でも、大泉洋でいけたんじゃね?」くらいの良さでしたね。
 

そして圧巻というか悪漢というか・・・だったのが、官兵衛役の寺島進!
いやあ、これにはやられました。
 
真っ黒な着物でいつも陰に回って暗躍する!・・・うーん、たまりません(笑)。
大河ドラマの岡田准一が「陽」の官兵衛とすれば、こちらはまさしく「陰」の官兵衛。
さすがに寺島さんが大河ドラマの主役というわけにはいかないでしょうが(笑。けど、ある意味ほめ言葉です)、秀吉を裏で支える官兵衛像としては適役だったのではないでしょうか。


あ、ちなみに「清州会議」は小説でも読みました。
かなり面白かったです・・・やっぱ、1時間半の映画だったらよかったのになあ、と思ったことでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-07-13(Sun)
 

官兵衛と秀吉

こんにちは、トトロです。

今日は日本のドラマのお話を。

----------

そういえば「あまちゃん」、とっくに見終わりました。
いやあ、面白かったですねえ。
僕は一気に見たので(逆に?)「あまロス」症候群にはならなかったですが、あれを毎日少しずつ半年にかけて見ていたならば、そうなっちゃうのも分かりますね(^^;
 
さて、いま見ているのは、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」です。
ここバンコクでは、日本のテレビを番組単位でUSBに入れて売ってくれる業者さんがあるので、毎週リアルタイムとはいかないまでも、やや遅れながら見ています。
 
実を言うと、かなり若い時から黒田官兵衛の大ファン(っていうのか?)なんですよ。
おそらく初めて彼を知ったのは坂口安吾の「二流の人」だったと思います。そして「面白い奴が戦国時代にはいたんだなあ」と思い、続いて司馬遼太郎の「播磨灘物語」を読みすっかりファンになったわけです。
ですから今回のドラマには、かなり期待しています(・・・と、まだ現在進行形な理由は後ほど)。
 
興味深いのは、けっこう若い時の官兵衛が「甘ちゃん」というか、けっこう「青いな・・・フッ」みたいな感じで描かれていることです。
これまで僕が読んだ小説だと「若い時から深謀遠慮の戦略家」という描かれ方をしていたので、このギャップにはちょっとびっくりしました。

おそらく(期待も込めて)、彼が有岡城から救出された後に人格(っていうのか?)とか思慮とかが変わっていくのじゃないかなあ?と思っているのですが、はてさて?
(ちなみに、ちょうど今見ているあたりが、官兵衛が幽閉されている段階です)
 
いずれにしても、今後が楽しみです。
 
----------
 
ただひとつ文句(?)が。
秀吉役に竹中直人っていうのは、いかがなもんなんでしょうかねえ?
 
どうしても昔の大河ドラマ「秀吉」とかぶってしまいますし、ましてや竹中さんはもう60近く。
主役の岡田准一や信長役の江口洋介が若いだけに、何ていうか「必死に頑張ってる老兵」みたいに見えちゃうことがあって、ちょっといたたまれない気持ちになったりして(^^;

 
・・と思っていたら、というところで次回に続きます。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-07-10(Thu)
 

彦星と織姫

こんにちは、トトロです。
 
今日は七夕ですね。そして七夕といえば彦星と織姫。
そのロマンチックな話に触発されたのかもしれませんが、ちょっと柄でもない(?)恥ずかしい話を書きましょうかね。
 
----------
 
それは僕が大学に入った年のこと。
友人の下宿で飲み食いしながら、ああでもないこうでもない話をグダグダとしておりました。
 
もちろん(?)僕も友人も、金もなければ彼女もいない。
けども夢だけはイッチョマエにあった・・・そんなお年頃ですわね(笑)。
 
そして話は当然のごとく、女の子の話に。
けっこう男子って意外と(?)ロマンチックなもので、彼女もいないのに(笑)、結婚の話になりました。
 
----------

「なあ・・・きっと俺たちも、いつかは彼女ができて結婚するんだろうねえ?」

『うん、まあそうだろうねえ』
 
「普通に考えたら結婚相手って、プラスマイナス5歳くらいだよね?」
 
『うんうん、大体そんなもんじゃないかなあ』

「‥ってことは、もう僕たちの結婚相手って、もう日本のどこかに住んでいるんだよね」

『( ̄□ ̄;)!!  言われてみればそうだね。 不思議だねえええええ』

「不思議だよねえ・・・」

まあ、そんな他愛もない話だったんですが・・・

----------

・・・はい、全部はずれ!(笑)


この時点では、ピヨ子さん誕生してませんから!(爆)

さらに言うと、日本のどこかじゃなくてタイですから!!


・・・それにしても、もしタイムマシンに乗って当時の僕に会って「お前は、二回り年下のタイ人と結婚するんだよ」なんていったら、「何ほざいてんだ、このハゲデブ親父!」って言われるんでしょうねえ(笑)。


つくづく、縁って不思議だなあって思うことでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2014-07-07(Mon)
 

おとしだま

こんにちは、トトロです。

今日は悟飯くんへの「お年玉」の話を。
 
----------

以前お話しした2013年から14年にかけての帰省時。
ドンムアン空港には大きなすべり台とかの遊具があったんですね。

以前はこういうのにはビビリまくっていた悟飯くんなんですが、さすが1歳半になると興味津々。
さっそく放牧(笑)してみると、もう大興奮!!
搭乗時間になったので終わりにしようとすると泣きわめいて遊具にしがみつきます(^^;

おお、もうこういうのが楽しい年になったのだなあ。

----------

ということで、チェンライからバンコクに帰ってきたあとで、(実は数か月前に特価で買っておいたw)とっておきの「お年玉」を上げることにしました。

それは・・・じゃじゃーん!!

suberidai.jpg

すべり台とブランコそしてバスケットゴールが付いてる「ミニ公園遊具セット」ですね。
トイザらスで買ったんですが、「スクランブルプレイセンター」って言うらしいです・・・って名前がやたらカッコいいぞ!!
 
さてこの遊具、やっぱ一番面白いのはすべり台らしいです。
最初は抱きかかえて上の平らのところに乗せなきゃいけなかったし、また降りるときもコワゴワと足でブレーキかけながらだったんですが(はい、父に似てビビリですw)、今ではヒョイヒョイを梯子を上ってノンブレーキで降りてきますね。
安全のために僕は出口のところにいるようにしてるんですが、何度ミサイルキックを浴びたことか(笑)。

バスケットゴールもボールを入れるのが楽しいらしいんですが(もちろんクルマとか他のオモチャも無意味に放り込みますがw)、問題はブランコ。
ベルトが付いてて安全ではあるんですが、椅子式なので(逆に)1人では乗れないのが嫌らしいんですね。
あと、ブランコの動きはまだ怖いみたいです(笑)。乗ってもすぐおりちゃいますね


まあしかし、この「お年玉」、十分に気に入ってくれたようで、父としては満足だったのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-07-04(Fri)
 

指輪騒動

こんにちは、トトロです。

今日はタイならでは(?)のお話を。

----------

他のご夫婦と同様、僕とピヨ子さんも結婚指輪をしています。

また、多くの結婚指輪がそうであるように、内側には刻印がしてあります。
うちの場合には、「T♡P」「P♡T」と彫ってあります。(真ん中はハートマーク)
そう、トトロとピヨ子の頭文字ですね。
 
ところが、以前にピヨ子さんが(太ったのでw)サイズ直しをしたとき。
それに伴って刻印もやり直す必要があったらしいのですが、この「♡」(ハートマーク)の中が塗りつぶしになっちゃたんですね。元々は二人とも輪郭のみのパターンでした。 

そこで、再度お店に行くと・・・いやあ、久しぶりに「謝らないタイ人」「3秒でバレる言い訳をするタイ人」を見ましたヾ(@゚▽゚@)ノ

----------

これハートの中が塗りつぶされちゃってるんだけど?というと・・・

「ああ、レーザー加工機の仕様で、しかたないんです」

→じゃあ、何で俺の指輪は輪郭だけに出来てるんだ? 

「きっと旦那さんの指輪は、刻印がすり減ったんですよ」

→ハートの中だけすり減るなんて、すっげー器用な減り方だなあ、おい?

しかも店員は「何でアタシが非難されなきゃならないのよ」オーラ出まくりでぶんむくれ。

・・・・以下省略(笑)

もう万事がこんなんで、「マネージャーに電話しろ!」といって直談判。 
けっきょく刻印はお揃いになりましたが、どうしてこういう風になるんですかねえ?

もうこれって「文化の違い」で済まされる話じゃないと思うのは、まだ僕のタイ歴が浅いのでしょうか?(笑)


なおピヨ子さんの指輪ですが・・・今度は割れましたヾ(@゚▽゚@)ノ
 

もうお店に行っても仕方ないので、本社に電話して修理の約束(しかもどの支店でもOK)というお墨付きをもらいましたが・・・きっとまた実際に行ったら揉めるんだろうなあ(^^;


では、また。

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2014-07-01(Tue)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: