出会い系で出会う

相続の検討

こんにちは、トトロです。
 
さて、夜になってから、父と相続についての検討です。
 
-----------

まず僕が調べたことを父に報告。
 
最初に総額ですが、今回の場合には相続人は3人。つまり、父と兄と僕ですね。
現在の相続税のしくみだと、非課税枠(控除枠)は以下のようになります。
 ・基礎控除(全体にかかる) 5000万円
 ・相続人の人数に応じた控除 3000万円(1000万円x3)
よって、合計は8000万円となります。
 
前回お話ししたように、預貯金は大したことないのですが、問題は土地(のうちの母の持ち分)です。
しかし、これだけの控除があれば、どうやら非課税で収まりそう・・というのが僕の見解です。

ちなみに、平成27年からはこの相続税の規定が改訂になります。
改訂後には、控除額が大幅に減額されちゃうんで、そうすると我が家的にはアウトになりそうな気配。
「こういうところでも、母ちゃんは親族孝行だったんだなあ」と親父がまたもや不謹慎なことを言っていたとかいなかったとか(笑)。
 
----------

次に、具体的な分配について父の意見を聞くことにしました。
すると、父としては以下のようにしたいとのこと。
 
・土地(のうち母の持ち分)については、僕たち兄弟で1/2ずつ。
 これは、なるべく下の世代に財産を残したいから。

・お金については、通常どおり父が1/2、僕らが残りの半分つまり1/4ずつ。
 これは、父が今後もし病気にかかったり介護が必要になったときのため。

もちろん僕ら兄弟としては、否はありません(※兄とは事前に話していました)。
ということで、我が家としての方針は決まりました。
 
----------

また、相続手続きについては、税理士さんと司法書士さんにお願いして、キッチリやりたいとのこと。
実は僕がこれも事前に問い合わせしていたのですが、僕が日本にいるときに世話になっていた税理士・司法書士さんが対応できるということでした。
 
僕も父も「じゃあ税理士さんや司法書士さんに頼むといくらくらいなのか」というのは知らなかったのですが、父の意見としては彼らの報酬やお役所の手数料などを含めて100万円以内なら御の字とのこと。

ちなみに父いわく「もし100万円以内で済むなら、全部手続きが終わったあとにタイに遊びに行けるよ!」とのこと。
実は、僕たちが結婚してからずっと「タイに行きたいけど、母ちゃんの介護があるからなあ…」と言っていたのですよ。

僕としては、遊びに来てもらうことはもちろん嬉しいですし、何よりも前向きな目標を父がもってくれたのが、すごくうれしかったのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  
  





2014-02-28(Fri)
 

ふたたび東京へ

こんにちは、トトロです。

さて12月の初めに、僕はふたたび東京へ行くことになりました。
 
----------

目的は2つあります。
ひとつは母の納骨、そしてもうひとつは相続関係の打ち合わせです。
 
納骨については、仏式であれば四十九日法要のあとで・・ということになるのでしょうが、母の場合は無宗教式。
ということで、地方に単身赴任中の兄と、海外にいる僕の都合が合う日ということにしたのです。
 
もうひとつの相続については、預貯金などは大したことないのですが、問題は不動産です。
以前に父が、母に土地(の権利というか持分)の一部を贈与していたのですね。これは、結婚20年以上の夫婦が居住している不動産に限って無税で2千万円だか3千万円だか(すいません忘れました)までは無税で贈与できるという制度なのです。
実家は決して豪邸ではないのですが、そこは東京のこと。坪単価がそれなりの額になるので、けっこう大変そうということだったのです。
よって、僕が事前に下調べをした上で、税理士に相談しようということになったのです。
 
----------

さて今回は、仕事を終えてからの深夜便。
職場からそのまま空港に行けばよかったのですが、自宅に寄ったのが運のつき。職場⇒自宅も、自宅⇒空港も渋滞( ̄□ ̄;)!!
何とかフライトには間に合ったのですが、今度はなかなか寝られないという問題が。これ、最近としては珍しいんですがね。

さらに問題は続きます。
定刻より1時間ほど早く羽田に到着したんですが、ここだとレンタカーのカウンターが8時にならないと開かないんですね。
なんとか時間をつぶして(暇だったし、この頃になって眠くなってきた!!)カウンターに行くと「下の駐車場に行ってください」というので、ここで受け渡しかなあと思っていたら・・・え?営業所に行くの!?

いやあ、不便ですねえ。
やっとこさっとこ営業所で手続きして車を借りたら・・・はい、朝の渋滞です ( ̄▽ ̄;)
眠気をこらえつつ、なんとか実家にたどり着きました。
 
----------

とりあえず「寝かせてくれ」と親父に言い(意外と?元気そうで安心しました)、仮眠してから食事と買い物のために近所のショッピングセンターへ。
 
もちろん食べるのは寿司です!!
特にマグロが赤身すら美味かったし、あとカキ汁!!意外とキャベツが合うのだな。

その後、父の買い物につきあったり自分の買い物をしたり…ということで、あっという間に夜になったのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)  
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-26(Wed)
 

あっという間の帰国

こんにちは、トトロです。
 
実は今月から来月にかけて、めちゃくちゃな予定で海外出張をしてます。だいたい、1週間あたり平均1.5か国ですね(´Д` )
‥ということで、このブログは書き溜めているのですが・・・チカラ尽きたらごめんなさい(笑)。

さて、あっという間に帰国の日になりました。
 
----------

借りた車は荷物でギチギチ(笑)。
実家を去り際に、ピヨ子さんが用意しておいた花をタイ式のお祈りをしながら母の遺影と遺骨の前に捧げてくれました。これには思わず僕も父もホロリ。
 
そしてまず向かったのが整体の先生。
やっぱりいろいろ疲れがたまっていたようですが、先生がいうには「なんか右肩がやたら下がってるけど、キャスターバッグとかを長い間ころがしてた?」とのこと。

ふうむ?空港ではいつもカートを両手で押していたしなあ・・・と、ふと気づいたのが悟飯くんのこと!
「そういや、息子の手を引いて散歩するのが多いんですけど」というと「それだ!…けど子供じゃあしょうがないよなあ」と先生も苦笑。
けど、一発でそれを見抜く先生もすげえええ。
 
----------

それから一路成田へ行き、市内で食事をしてから空港近くのレンタカー屋さんへ。
車の返却をしてミニバンで空港に送ってもらい、ここで荷物の詰め替えをしたり超過料金を払ったりしてから搭乗。
 
ちなみに悟飯くん、4月のソンクラーンのときの日本への帰省や、夏のチェンライ行きのときまではイイコだったんですが、今回は往復ともにギャン泣き(^^;
実はこのあと年末年始にもチェンライに行ったのですが、このときも泣きましたねえ。どうやら、やっと「違う環境って怖い」ってことが分かってきたようです・・・が、同乗の皆さんゴメンナサイ。
 
飛行機そのものは順調で、予定より1時間ほど早く到着。
よって、何とかその日のうちに我が家に帰りつけました・・・と、そこでどっと悲しみが襲ってきた僕。
 
どうやら身内の僕にとっては「日常」に戻ったとたんに、ほっとすると同時にやっと泣けるようになったようです。
そうすると、実家に一人残された父のことが心配にもなってきたのですが。

<続きます>
 
 
 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-24(Mon)
 

続:買い物とグルメ

こんにちは、トトロです。

前回の話の続きです。

----------

その他に買ったのは、食品と日用品ですね。
 
まずはサランラップ・・・あ?これは商品名でしたね(^^; とにかくそういう奴です。
もちろんタイにもこういうラップがあるのですが、まず切れない!それから、お皿にくっつかない!! ということで、やっぱ日本の奴がいいんですよ。
 
それから、食品とか調味料。
これまたタイ特にバンコクにはあるんですが、輸入ものだと約3倍しますΣ( ̄ロ ̄lll)
ということで、カレールー、のり、みそ汁、すし酢(液体と粉末)、ゴマ、パスタソース(特にタラコとイカスミ)・・・などなどを買い込みました。
 
前回お話ししたものと合せると、もうトランクはパンパン!!
実は1つだけ重量超過でひっかかっちゃって、3000円取られました(´Д` )
けど、それでも全体的にはお得だったんじゃないかと思います。

----------
 
それから食べたものですが、、、、

まずは、寿司!!
susiya.jpg

ピヨ子さんは生ものはあまり得意ではないですが、ウニは例外w。それからサザエのつぼ焼き(※丸印)なんかもあって大満足でした。
僕は旨いマグロや貝類などでご機嫌でした。

それからすき焼き。
これは親父とも一緒に食べたのですが、親子そろって精進する気ゼロ(笑)。

さらに、そばとうどん。
特にうどん専門店の味は気に入ったようで、ピヨ子さんがお土産用の半生麺を買い込んでました。
また、この店には懐かしのサクマドロップスがあって、ちょうど「火垂るの墓」を見ていたピヨ子さん(ちなみに号泣してました)、感慨深そうでしたね。
 
最強だと思ったのが、実はファミレス。
和食系であれ洋食系であれ、あの味や値段はすごいですよね。
タイにもファミレス的な店はあるんですが、やっぱ日本にはかなわない・・・というのが夫婦そろっての感想です。
 
他には、もちろんピヨ子さんの大好きなケーキや日本の果物、僕の大好きなアイスクリームも外せません(笑)。


そんなわけで、日本の「食」も堪能した僕らなのでした。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-22(Sat)
 

お買いもの

こんにちは、トトロです。

今日は母の葬儀で来日したときの買い物についてです。
 
----------
 
バンコクで荷造りしていたときに思いついて、僕もピヨ子さんも2つずつ(合計4つ)のトランクを持っていくことにしました。これはスターアライアンス・ゴールド会員の最大量です。

つまりは「ついでにバンバン買い物しちゃえ!」ってことですね(^^;
身も蓋もない言い方ですが、やっぱ機会は有効に使わなきゃですし、別に母も(もちろん父も)怒りはしないでしょうからね。

実際には、ピヨ子さんのトランクの1つは彼女と悟飯くんの衣類などでほぼ一杯でしたが、僕のトランクは半分程度。
そして残りの2.5個分は空の状態です・・ってどんだけ買う気だ、おれたち?(笑)
 
----------

まず何よりも大事(?)なのは、悟飯くんと第二子の用品ですね。
これについては、アカチャンホンポと西松屋という二大店舗を回って色々買いました。

最初に、悟飯くんの防寒着と、それからお腹が出てきたピヨ子さんでも着られるような「喪服」に見える服。
それから、悟飯くんや第二子の服をいろいろ、ピヨ子さんの妊婦用クリームとサプリ、さらにはベビーフードや悟飯くんのオモチャや絵本。
 
そして何よりも大ヒットだったのがこれです!
belt1.jpg

チェアベルトとか言うそうなんですが、要は椅子に赤ちゃんを固定するベルトです。

belt2.jpg

上図で青丸で囲んだストラップが、椅子の背に回してベルトを固定するもの。
そして、パンツ状になっているところにある赤丸のストラップで赤ちゃんを固定するのです。
 
タイではベビーチェアがあるレストランも多いんですが、固定用のベルトがついてないこともしばしば。
そうすると、活発な悟飯くんはすぐ立ったりしようとするので危なっかしかったんですよ。

しかしこれなら、大人用の椅子でもOKです。
とても役立ってますね(^^)
 
----------

それから、チャイルドシートを買いました。
これまで使っていたベビーシートは新生児から使えるタイプなので、これを第二子用に。そして今回買ったやつが悟飯くんの新しい席になります。

ちなみにタイでは車にこういうシートを付けるのはまだ少数派らしく、値段が日本よりかなり高いんですよ。
ということで、うまい具合にゲットできました!


あと一番かさばったのは、例のキューブ型ミルクですね。
これについては、悟飯くん用(ステップ)と第二子用(ほほえみ)のストックを半々ずつぐらい買いました。
 

<続きます>
 

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-20(Thu)
 

おでかけ~!

こんにちは、トトロです。
 
母の葬儀も無事終わり、今後それに伴う諸手続きが必要になりますが、これは後日ということにしました。
・・・そんなわけで、帰国便までの丸々2日間は暇なんで(笑)、お出かけすることに。
 
----------

まずは、第二子の安産を願って、都内の水天宮へ。
改築のために近所にある仮宮に移っていましたが、前もって調べていたのでちゃんとたどり着けました。
 
suitengu.jpg

----------
 
続いて、タイに引っ越すまで住んでいた町へ。
最初に役所に行って、本籍を実家に移しました。そうでないと、いちいちこちらまで来るのは大変ですし、また実家ならば父や兄夫婦にも代行を頼みやすいですしね。
なお、まず戸籍謄本を取って転籍手続時に提出すれば、新しい本籍の役所には行かなくていいそうです。
 
それから、僕がしつこく確認したのは、ピヨ子さんと悟飯くんの記載事項。

どういうことかというと、ピヨ子さんは日本国籍ではないので戸籍には載らないのですが、婚姻事実の記載(これで僕らが結婚していることが分かります)およびピヨ子さんの姓の変更(旧姓から僕の姓へ)が新しい本籍地に引き継がれるかどうかを確認しました。

さらに悟飯くんの両親の欄がちゃんと両方とも「隣野」姓になっているかも確認。そうでないと、将来的にややこしいことになったり誤解を招いたりしますからね。

なお、これらはちゃんと新本籍地にも引き継がれるそうで一安心。また、後日再来日したときに実家のある役所で戸籍謄本を取ったのですが、このときも大丈夫でした^^

----------

そして、ピヨ子さんが大すきな(元)地元のショッピングセンターへ。
 
残念ながら、彼女が食べたかった中華料理店は移転してしまってたり、また行きつけの洋服屋さんも別の店に変わってたりして、ピヨ子さんちょっとガッカリです。
 
だけれども、「ふぉーかっちゃん」つまりUFOキャッチャーは健在o(^-^)o
 
fokacchan.jpg

「これ、これ! これが欲しいのに、どうして取れないの~!?」と、盛り上がってました(^^;
 
----------

翌日は、昔からお世話になってる整体に行ったりとか、ショッピングをしたりとか。
(買い物については、また改めてお話ししますね)
 
そんなわけで、思わぬ休日を満喫した僕たちなのでした。


<続きます>
 

 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-18(Tue)
 

文化の違い?

こんにちは、トトロです。

今日は、母の葬儀にまつわる文化の違いみたいな話を。

----------

日本もタイも仏教国(といっていいでしょう)であり、非常に似ているなあと思う部分もありますが、やはり違いはいろいろあります。
 
まず困ったのが、到着日からピヨ子さんに質問されていた「ねぇねぇ、いつママに会いに行くの?」というもの。

タイでは一般的に、毎日のように何らかの儀式があって、これが火葬の後まで続くらしいんですね。
ところが(地方や宗派によって違うんでしょうが)日本では一般的に、せいぜいお通夜と告別式くらい。ましてや母の場合には「万事簡素に、そして無宗教式で」故人の意思で、やることは告別式のみ。

そんなわけで、実際に僕らが母に会ったのは葬儀の前日。
これにはピヨ子さん、頭の中に「???」が飛んでいたっぽいんですが、「とにかく日本では、そして我が家ではこうなの!」と言っておきました。
 
----------

次は、火葬について。

ピヨ子さんに聞いたところ、タイでは妊婦と小さい子供は火葬に立ち会っちゃいけないそうなのです。
つまり、ピヨ子さんも悟飯くんもアウトです。

多分「悪霊に憑りつかれるから」ということだと思うんですが、これこれこういう事情で焼き場には入れないので勘弁してくださいと親戚に言うと、義姉が「ああ、日本でも地方とかによってはあるみたいだよ」とのこと。
へええ、と思った次第です。

----------
 
そんなわけで、斎場に着いてからは通常はまず火葬場に入ってみんなでお見送りをするんですが、スタッフに事情を話してピヨ子さんたちは先に控室へ。お骨を拾うときも、そこで待っていてもらったんですね。
 
そして、「精進おとし」のレストランに向かう車中で、ピヨ子さんが「ねぇねぇ、それでいつママのお骨を引き取りにいくの?」と聞いてくるではないですか。
 
「いやいや、もう全部おわって、お骨も拾ったんだよ。いま兄貴のクルマに乗ってる親父が抱いているよ」というと、ピヨ子さんがびっくり仰天ヾ(@゚▽゚@)ノ

「ええええええっ?もう終わったの? だってタイだと3日くらいかかるよ」と目を白黒。

どうやらタイ、特にチェンライのような田舎では、火葬は「野焼き」が主なようですね。
だからピヨ子さんとしては「火葬の儀式みたいなことを前後二回に分けてやったんだ」と思い込んでいたみたいですね。
 
そんなわけで、お互いにカルチャーショックを受けたりもしていたのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-16(Sun)
 

《2/14》 バンコク・シャットダウン

こんにちは、トトロです。

母の葬儀関係の話の途中ですが、ここでバンコク・シャットダウン関係のアップデートを。
 
----------

ご存じの方も多いでしょうが、完全に膠着状態になってますね。

反政府側(黄色)は人数不足と資金不足から拠点数を縮小していますが(※彼らは別な理屈を言ってますが、まあ前記の2つが理由だと思います)、相変わらず都内の主要交差点は封鎖されており、非常に迷惑です。
オフィスに行くのもシャットダウン前は1時間だったのが、交通量が完全に戻った最近は1時間半かかるようになっています(▼O▼メ)

一方で良い話といえば、あまり暴力沙汰を聞かなくなったことでしょうか。
完全に無くなったわけではないですが、まあ拠点に近づかなければ大丈夫って感じですね。
 
----------

しかしながら、状況は混沌としたまま。
 
政府側は警察を使って反政府側のリーダー格のひとりを逮捕したり、ステープおぢさんを宿泊させた疑いのあるホテルに事情を聴くなどして、じわじわとやっていますね。

また憲法裁判所は、黄色側が出した「今回の総選挙は無効だ」とする訴えを退けました。
これは正直いって意外というか(裁判所とかは黄色寄りが多いと言われています)、まあ憲法裁側も様子見なんでしょうね。
したがって、選挙ができなかったところでの「追加投票」は、おそらく政府が言っているように4月に行われることになると思われます。


しかし逆に(?)憲法裁判所は、反政府デモ隊による抗議行動は非民主的だとして解散するよう求めた与党タイ貢献党の訴えを「国民には(デモを行う)自由と権利がある」として却下しました。つまり現在のシャットダウンの容認ですね。

さらに一方で与党側は、反政府派と共闘しているとして民主党の解党を選挙管理委員会に申し立てているわけで、もう何が何だか分かりませんヾ(@゚▽゚@)ノ
(※これについてはまだ審議は始まってません)

しばらくは、こんな訴訟合戦が続くんでしょうね。

----------

さらに話をややこしくしているのが、政府のコメ買取の代金不払い問題。
 
そもそも買取価格が高すぎるので悪法といえば悪法なんでしょうが、それでも法は法。
お上の言うことを信じてコメを政府に売った(正確にいうと渡した)農民たちが怒るのもわかります・・・ええ、ピヨ子さんの実家も「被害者」です(-_-メ;)
 
しかし、これに乗じて黄色側が「困っている農家のために募金しよう」キャンペーンをしているのが、分かりません。
なぜかというと、そもそもデモの影響によって、政府は支払い手続きやそのための融資が受けられなくなっているわけで、つまりは支払いの妨害側が募金をつのっているという訳わからん状態になっているのですよ。
 
なおこの法律は2月末で失効するそうですが、政府は何としてでも支払うと言ってます。
まあ、そうしなければ&言わなければならない立場ですからね。

----------

最後に気になるのが、軍です。

いまのところは完全に高みの見物状態ですが、報道によると「どちらかが大きなミスをした場合(特に政府側)、それにつけこんで逆側につくのではないか」とのこと。うーん、なるほど。
 

いずれにせよ、訳わからんながらも、まだまだこれに付き合うしかなさそうなこの頃なのです。


では、また。
 

 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2014-02-14(Fri)
 

葬儀

こんにちは、トトロです。

とうとう(‥という言い方がふさわしい気がします)葬儀の日になりました。
 
----------

僕らも兄一家も、開始の1時間以上前にお寺に到着。

もちろん奇跡的(?)に届いたCDも忘れちゃいません。
簡単に葬儀社の方と打合せした後は、、、ぶっちゃけ暇です(^^;
 
そんなわけで、悟飯くんは姪っ子とお散歩。
osanpo.jpg

ちなみに、上の姪っ子は子供が大好き。
それが嵩じて、今は子供関係の仕事をしているので、お相手はお手の物なんです。
 
----------

そうこうしているうちに、三々五々と親戚が集まってきました。
また、兄の会社関係の代表の方もわざわざ来てくださり、ほどなくして式が始まりました。
 
参列者も少なく、また無宗教なので読経とかお祈りもなし。
あっさりしすぎるかな?と思っていたのですが、まずは祭壇にひとりひとりの献花をして、そして次は柩にお花を埋めていきます。 
このときには悟飯くんも(僕の手を借りながらですが)ばあちゃんに花をあげられました。

父が思いついた(というか母が空の上からリクエストしたんでしょうね)CDから流れる音楽も雰囲気がよく、身内の僕が言うのもなんですが、非常によい式だったと思います。
 
----------

出棺後は火葬場に行き、そしてそれが終わってからは「精進落とし」のレストランへ。
どちらの場所でも「主役」は、もちろん(?)悟飯くんでした。
 
これまた身内の僕がいうのもアレですが、こういうときに小さい子がいると本当になごみますね。
また今回の場合、母がある意味で幸せな逝き方をした(いわゆる大往生と言っていいですかね?)ということもあり、まるで昔は恒例だった親戚会のような、笑顔の絶えない食事でした。


きっと「同席」した母も、楽しかったんじゃないかなあ。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-12(Wed)
 

前夜

こんにちは、トトロです。

母の葬儀の前夜。さすがに父も寝付けないようで、僕が話相手になります。

----------

‥ってか、実は毎晩だったんですが(^^;、やっぱこの夜は話が長かったですね。
まあ父の胸中をおもんぱかれば、付き合わないわけにはいきません。
 
二人でしみじみ話したのは、「思えば、幸せな逝き方だったなあ。そして、最後まで夫孝行・子供孝行な人だったなあ」ということです。

実は母の口癖は「あたしはポックリ逝きたい」ということだったのです。
まあ年をとれば誰しも同じことを言うのかもしれませんが、特に母の場合には姉弟をガンで亡くしているので、その思いが強かったようです。
 
そして実際に、眠っている間にスーッと息を引き取った(らしい)のです。
何でも死亡診断書を書きに来て下さったお医者さんが「死因を書かなければいけないんですが、書きようがありません。だから私に書き方は任せてくれませんか」と父に言ったほどだそうです。

つまりは、老衰というか自然死だったのですね。
 
これは、母にとっても幸せだったですし、また僕ら家族にとっても正直いってありがたいことです。
やはり肉親が長く苦しむのは見たくありませんし、また長患いしたときの看病や費用も大変です。

----------

次に夫孝行・子供孝行とは何か。
 
つまりは「ひどいことになる前(つまり父や僕たち兄弟に迷惑をかける前)に、自分で決めたかのように旅立ってくれた」ということです。
前述したようにポックリと逝ったことも、そのひとつでしょうね。
 
また、母は認知症が出ていたのですが、まださほど重くはなかったのです。
食事をとったことを忘れたり、その他の典型的症状も出始めていたりしたのですが、家族や周囲の方に多大な迷惑をかける段階には至っていませんでした。
これも、僕らにそういう姿を見せる(=僕らが悲しむ)前に、という母の気遣いだったのかもしれません。
 
さらには、ぶっちゃけお金の問題があります。
母は倒れて入院したのちには老健施設にずっといたのですが、自治体側からは「そろそろホームに‥」と言われており、ちょうど父や僕らが探し始めていたところだったのです。

しかし、うまく公的な特養ホーム(公営または役所と提携しているところ)に入れればいいのですが、なかなか空きがなかったり実家からえらく遠かったり。
そうすると完全私営のホームになるわけですが、まあ入居料の高いこと高いこと。かるく1千万円以上かかります。

もちろん父も僕ら兄弟も「それでもいいから母ちゃんが快適なところ」と思っていたのですが、そういう負担を僕らに欠ける前に‥と分かっていたかのようなタイミングでした。
 

そんな風に語り合い、故人をほめることによってお互い納得しようとしつつ、母への「供養」としていた僕ら父子なのでした。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-10(Mon)
 

下見と打合せ

こんにちは、トトロです。

さて葬儀の前日になりました。

----------

この日は、まず父の手伝いで自治体の粗大ごみセンターに行ったり、おつかいをしたり。
その間、どうやらピヨ子さんは悟飯くんといっしょに近所へお散歩にいったようです。

それから午後になって、葬儀の打合せ。
会場となるのは、実家からさほど遠くない禅宗のお寺。
禅宗ゆえの懐の深さなのか、うちのように無宗教式の葬儀も行わせてくれるとのこと。
 
前にちょっと話しましたが、もともとは都内にある墓地に近い斎場でやるつもりだったのですが、そこがすでに一杯で取れるのが来週の月曜日(つまり亡くなってから1週間以上あと)。そこで「何とか代案を出してくれ」と兄がプッシュしたところ、葬儀社がこちらを勧めてくれたという次第。

しかし、後から火葬のときにその斎場を見たのですが、はっきり言ってこちらの方が雰囲気が断然いいのです。
やはり無機的な感じがするところよりも、情緒のあった方がいいですもんね。

otera_20140131004604375.jpg

また、葬儀社の担当はテキパキしていて、しかし事務的過ぎなくて非常に好感を持ちました。父が惚れ込んで「おれのときも、この葬儀社&この斎場で!」といったのが分かる気がします。

ちなみにオヤジ、翌月に再訪したときにはさっそく(?)遺言がわりのメモを更新してました・・・って気が早ええよ(^^;

----------
 
既にこちらに安置されていた母と初めて対面したのですが、本当に安らかな顔をしていました。
なぜだか僕は母に会ってもまだ泣けなかったのでけども、代わりに(?)ボロボロ泣いてくれたピヨ子さんにはある意味で感謝です。

また、夕食後にスーパーに寄ったときに「おかあさんに!」と言って花を買い、実家にすでに用意してあった母の写真の前に備えてくれたのも、とてもありがたかったです。
これには、気丈にふるまっていた父も、ちょっと涙目になってましたね。


・・・それにしても、母ちゃんの写真が25年以上の兄貴の結婚式のときの奴って‥若すぎないかい?(^^;


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-02-08(Sat)
 

アマゾンの奇跡

こんにちは、トトロです。

そんなわけで日取りとやり方が決まったのですが・・・
今日はちょっとした奇跡というか、テクノロジとサービスの進歩に感謝した話を。
 
----------

明けて月曜日。父は家で仕事です。

自由業なので、この歳でも仕事があるんですね(だからボケないのかも?)。
本当は全然違う仕事なんですが、そうですね…家で何かを作っている職人さんだと思ってください。ちょうど注文が入っていたときなので、それを黙々とこなしていました。
 
これについては、正直いって「ありがたい」と思いましたね。
ぶっちゃけ言って葬儀までは暇なので、何かに没頭できるということは父にとってはよかったと思います。

また以前にも書きましたが、僕ら一家(特に悟飯くん)が実家に泊まっていたので、孫と遊んだり嫁と話したりするのは、親父にとっては非常によい気晴らしになったようです。
 
----------

そんなわけで、ぶっちゃけすぎるほど暇な(笑)僕たちは、3人でお出かけ。
 
悟飯くんの服や用品、そして生まれてくる第二子のための買い物などをして(※これについては別途書きますね)、食事をしていると、父から電話がありました。
 
用件としては、「母ちゃんが好きだったクラシックを流したい。2曲あるのだが、何とか探して買ってきてもらえないか」とのことです。
 
さっそくスマホで調べてみたんですが、最近はレコード屋さん(この言い方が古いけどw)って本当に減ってるんですね。
それでも何とか何軒か探して、大きそうなお店に電話して聞いてみたんですが、どこも「在庫はないのでご注文なら・・ええ、3日か1週間くらいみていただければ」との答え。
 
しかし、葬儀は明後日です。
 
----------

うーん、困った・・・と、ふと閃きました。
こういうときこそアマゾンの出番じゃないか!!、と。
 
さっそく調べてみると、2曲とも何件かずつヒットします。
そして、そのうちいくつかは「お急ぎ便」というオプションサービスをつけると、明日(つまり葬儀の前日)までに届くって言ってるじゃないですか!!

そこで乙取り刀で実家に戻り、父に説明。
半信半疑というか信じていない(笑)父を説き伏せて、注文しました。
 
----------

そして翌日。
 
絶対届くよ!と見得を切ったのですが、やはり心配な僕(笑)。
何度も配送状況をネットで確認・・・集配センターまで来たな。おお、いま輸送中だな・・・お!近くの店舗まで来たぞ・・・

ということで、見事夕方に配達&受領\(^o^)/
 
これには親父が目を白黒。
「いやあ、本当に届くんだな。すごいなあ」と感心しきり。
 
そして無事、当日の葬儀ではこれらのCDを流すことができました。
母も嬉しかったでしょうが、何よりも父が喜んでくれたのが、僕としては嬉しかったです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-02-06(Thu)
 

日取りとやり方

こんにちは、トトロです。

成田からクルマで実家に向かったところからですね。

(けっきょくタイの情勢は長期化しそうですね。選挙結果確定まで半年とか‥(´Д` ) )
(ただ、黄色組は昨日2拠点から撤収しました・・どうやら人数は減っているようです)
 
----------

正直いって寝不足でヘロヘロだったのですが(電話のあった当日も、深夜便の機内でも余り寝られなかったのです)、それを自覚しての運転だったので、普段よりも休憩回数を多く取ってなんとか無事に実家着。
 
荷物を降ろしてから、父も一緒にまずは昼食。
その後は父の命令(?)で昼寝。そして起きてからは、夕食に出かけます(‥って、食ってばっかりだなw)
 
そこで話をしたのですが、土曜日に葬儀屋さんと話をしたのですが、会場の都合で危うく葬儀が1週間後の月曜日になるところだったそうです。
それを兄がうまく交渉してくれて、けっきょく水曜日に何とかできるようになったとのこと。
 
ちなみに訃報を聞いたのが金曜日の深夜、そして今は日曜日です。
これでもタイミング的に遅いといえばそうなんですが、それでも亡くなってから9日後よりは全然いいですよね。

このときばかりは「さすが長男!」と兄貴を見直したことでした^^;
 
----------

また、故人の遺志により葬儀は無宗教式になりました。
これは生前から母が言っていたことです。
 
無宗教式というのは、要は僧侶などを呼ばずに献花だけというシンプルなものです。
ただ、逆にいうと(?)昔から花が大好きだった母にとっては、花に囲まれて旅立つというのはいいことなのでしょうね。

同様に参列者は近親者のみということになりました。
実際には、(要職にあるため儀礼上お断り出来ないため)兄の会社関係の方は来てくださいましたが、まあこれは例外でしょうね。
 
え?うちの会社?
もちろん知らせませんよ<まだ根にもってる(笑)
 
----------

それから夕食後に兄夫婦が来たので、父に聞こえないところで相談。
 
まずはお香典(正確に言うと無宗教なので「ご霊前」ですね)。
これについては、「オヤジは受け取らないかもしれないけど、いちおう出そう」ということでXX万円ずつということに。
けっきょく父は受け取ってくれました。うーん、嬉しいような悔しいような(笑)。

 
それから、花輪です。
これについては、父が納得したのは「子一同」と「孫一同」。

また、義姉のご実家が「東京は遠くて参列できないが(※かなり遠いところにいます)、せめてお花は是非とも受け取ってくれ」とおっしゃってくれているそうです。ありがたいことですね。

そこで、ぶっちゃけ言ってバランスをとるために「コケコッコ家一同」の花輪も出すことにしました。これについては、後でピヨ子さんひいては義父母に感謝されました。
 
 
<続きます>
 
 
 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2014-02-04(Tue)
 

《2/2》 バンコク・シャットダウン

こんにちは、トトロです。

母の話の途中ですが、今日はバンコク・シャットダウンの速報とします。

----------
タイ時間18:30

●けっきょく、バンコクでは511か所、南部の9県で7048か所の投票所が閉鎖
 に追い込まれる事態となったそうです。
 しかし、逆にいうと他県では閉鎖に追い込めなかったんですね・・・これ、
 つまりは「俺たちの地盤では投票させねえ!」ってことですから、深読み
 すると「どうせ勝てない選挙ならぶっ潰せ」ともいえそうな?www

●選管によると、今日投票できなかった分も再投票になるということらしく、
 これと期日前投票のやりなおしも含め、結果が最終的に出るのは半年ほど
 かかるとの見通しだそうです・・・って、半年もかよっ!!
 
●なおバンコク日本人商工会議所の調査結果が発表されました。タイの景気
 は昨年下半期から悪化しているそうです。
 競争激化や人件費上昇などが主要な理由のようですが、昨年下半期って、
 ちょうど黄色組のデモが始まったころ・・・やっぱ関係ありそうですね。

●いずれにせよ、大きな衝突などがなかったのは良かったというべきなの
 でしょうが、まだまだデモや政治的混乱が続くかと思うとうんざりです。
 それに、義父母への米代金の支払いはいつに・・・!?

----------
タイ時間15:30

●出かけてきたご近所さんからの「安全だよ」との情報を受け、僕とピヨ子
 さんだけで(念のため、悟飯くんはレック叔母さんに預けて留守番)幹線
 道路にあるスーパーまで買い物に行ってきました。
 情報どおり全く問題ありませんでしたが、幹線道路はガラガラ。きっと
 みんな外出をなるべく避けてるんでしょうね。
 
●ちなみにバンコクの投票所は、マンションの駐車場、車のショールーム、
 レストラン・・・と、バラエティに富んでいます(^^;
 
●なお、特に大きな衝突は無いまま、投票は15時に終了したようです。
 なおバンコクでは、6671ある投票所のうち510か所で投票が出来なかった
 模様です。
 
●バンコク都内の某所では「もう怖いから出来ないもん」と選管が投票所を
 閉鎖したところ、「ふざけんなゴルァ!」と地域住民が投票所を自主的に
 開けて投票したそうです。すげえ。
 いかに選管がヘタレなのか、またはその気がないのかが分かりますね。
 また別の投票所では、係員が誰もいなかったそうです・・・

●なお我らがチューウィット兄貴、今朝の暴行事件を受け「このアクション
 映画そっくり!
」という画像が出回っていますwww


----------
タイ時間12:00

●いまのところ大きな衝突は起きていないようですが、それでも全国77県
 375選挙区のうち、42選挙区で投票が出来ていない状況のようです。
 バンコクでも、すでに5区以上が閉鎖されています。
 なお投票できない理由は「デモ隊の占拠」、「投票用紙または投票箱が
 届かない」、「選管スタッフがいないまたは足りない」・・・。

●一方で、バンコクのディンデーンでは投票所がデモ隊に閉鎖されていた
 のですが投票させろ!という群衆が区役所(投票所)に突入し、とうとう
 投票が始まりそうな按配だそうです。

●僕らのチューウィット兄貴が、投票所に向かったところ襲われたそうです。
 しかしながら、勇敢にも殴り返す兄貴!さすがですwww
 なお兄貴のポスターは「黄色でもない、赤でもない。第三の選択が俺だ!」
 ・・・かっこいいっすね^^
 
●なお我が家のあたりは、普段から静かな住宅街なんですが、いつにも増して
 静かですね・・・この後も頑張って(?)引きこもります。
 
----------

タイ時間06:30

●ご存じの方も多いかもしれませんが、昨日は昼間にラクシー(ドンムアン空港
 近く、また郊外官庁街の近く)で黄色組と赤組の衝突があり、少なくとも7人
 (うち外国人記者1名含む)が負傷しました。
 
 動画例1 動画例2  
 
 写真もいろいろ出回っていますが、多すぎるので省略します。
 (追記:こちらのブログがよくまとまっていますのでリンク張らせてもらいます)

 今回は外国プレスも色々な写真を撮影しネットなどに流していますが、赤も黄色も
 相手に向けてバンバン撃ってます。したがって、これまで黄色が主張していた
 「これは赤(政府側)の陰謀だ」というのはもう通じなくなりました。
 
 なお赤組のリーダーは警察に拘束されました・・・が、黄色側は逮捕なし。
 不思議ですねえ。
 
 また今回の黄色組を率いていたのは、何と僧侶です。これはピヨ子さんに聞いたの
 ですが、本来は僧侶って政治的活動に関与してはいけないそうなんです
 ・・・これまた不思議です。

●これ以外にも、上記の衝突が起こったすぐ近くで、夜中にバイクに乗っていた黄色
 側の記者のバイクが銃撃され、後ろに乗っていた彼女(奥さん?)が重傷。
 
●そんなわけで、ラクシー区の投票所158カ所はすでに今日の投票中止を決定。
 また同区の選管委員6名が辞意を表明したそうです。

●さらにスクンビット71でも何かあったようです・・・ちなみに、バンコク都内の
 投票所は6000カ所以上! つまりどこで何があってもおかしくないと言っても
 過言ではないのです。
 
●なお我が家の最寄りの投票所は、なんとパクソイ(路地から通りに出るところ)に
 設置されるということです・・・よって今日は「引きこもり」決定です。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







 
2014-02-02(Sun)
 

行くの?行かないの?

こんにちは、トトロです。

きのう買い物の帰り、家まであと3分というところで大通りを行進するデモ隊に遭遇。
ちょうど途切れたところだったので大通りを横切るかたちで直進しようとしたのですが、警官はダメダメの一点張り。
しかたなく曲がったのですが、これが大渋滞。しかたなく超大回りして1時間もかけて帰ったのですが、腹は減ってるし、トイレ行きたいし、買ったアイスクリームがとけないか心配だし(笑)、マジで殺意を覚えましたね・・・

なお、バンコクシャットダウンは、明日の投票日がヤマですね。
各種情報からすると、かなり不穏な空気が漂っているような気がします・・・


さて、父が意外なことを言ったところからですね。
 
----------

要は「こちらは寒いし色々大変なんだから」とのこと。

まあ彼の言うことも分からないではありません。
悟飯くんはまだ1歳半になるかならないかですし、日本の寒さはちょっと体験しただけ。
そしてピヨ子さんは身重ですし、ましてや血液型不適合妊娠(対応してないバージョン)なので、父は心配しているのでしょう。
 
しかし、寒い寒いとはいってもまだ11月。
それに屋外に何時間もいるような葬儀は東京ではまずありえないことです。
 
また、ピヨ子さんは安定期に入りましたし、血液型不適合妊娠(同上)は日常生活では何もする必要はありません(※どうやら父はここが分かってないようです^^;)
さらに、悟飯くんを妊娠しているときにも、逆ルートですが日タイ間を旅行(里帰り)したこともあるので、大丈夫です(と、僕らは判断しました)
 
何よりも、ちゃんと母を見送りたいじゃないですか? …ねえ?

----------

しかし、そういっても埒のあかない父。
一方で「何でアタシたちが行っちゃいけないの? 日本はそういう文化があるの?」と涙目で聞いてくるピヨ子さん。

仕方なく(?)実家の近くにいる義姉に電話して、何とかとりなしてもらいました。

後日の話になりますが、ハッキリいって彼らを連れて行ったのは「正解」でした。
僕らは実家に泊まったのですが、ぶっちゃけ葬儀といってもそんなに忙しいわけじゃないんですね(※特にうちの場合。これは後述します)。
 
あとは家にいたり、食事に行ったり…と「日常」はあるわけで、そんな中で父と僕が二人だけいるよりも、ピヨ子さんと悟飯くんがいたほうが賑やかだし楽しいし(※父はやっぱり悟飯くんが、目の中にウンヌンなほど可愛いのですよ)、気休めというか気分転換というか、そういうものになったと思うんですね。
 
また正直いって、僕の精神衛生上も家族がいたことは非常に大きかったです。

----------

そんなわけで、あっという間に土曜日の夜になりました。

レック叔母さんのクルマで空港まで送ってもらって、僕らは機上の人に。
そして翌朝に成田についてから、一路レンタカーで成田に向かったのでした。

 
<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-02-01(Sat)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: