出会い系で出会う

糖尿どうなった?

こんにちは、トトロです。

さて先日、2ヶ月ぶりに糖尿の検査に行ってきました。

----------

今回からは病院を変えました。
変えた先は、悟飯くんのワクチンや検査そしてピヨ子さんもかかっているのと同じ病院です。
理由はいくつかあって、まずはやっぱり家族みんな同じ病院だと何かと便利だということ。
それからバンコク病院は土曜日の渋滞がすごく(大通りから路地に入ってからがメチャクチャ大変なのです)、これでウンザリしちゃうということ。

そして・・・ぶっちゃけバンコク病院は高いってことです(笑)。
何せ糖尿一回で1万バーツ超えちゃいますからねえ(^^; それに、僕の場合は英語が何とか話せるので、日本語通訳が不要ということもありますね。

----------

さてこの日は、悟飯くんはワクチン接種、ピヨ子さんは目のクスリを貰います。
‥ということで、ピヨ子さんには僕の受付だけ手伝ってもらってから別々に受診することに。実は僕、ついでに(というと変ですが)耳鼻科も行くのですね。

まずは糖尿の検査のために採血してもらって、その検査待ちの間に耳鼻科へ。
そして戻ってくると・・・「検査結果が出るまで1時間、さらに先生が昼食休みを取るので、2時間後に来てくださいね」とのこと。あれまあ(^^;

そこでピヨ子さんや悟飯くんと一緒に食堂に行き、ゴハンを食べたりお茶を飲んだり、いろいろなお店をひやかしたりして(※この病院、中にコンビニやカフェがあるのはまだ分かるのですが、なぜか衣類・雑貨・食べ物などいろいろなお店があるのですよw)時間をつぶします。

----------

さてやっと時間になりました。

バンコク病院の先生もいい人でしたが、こちらの先生もイイカンジの方。英語も僕にとって分かりやすいので、非常に助かります。

結果としては・・・また改善していました\(^o^)/
HbA1Cという糖尿の良し悪しを測る指標が、前回の6.4から6.0に低下していました。さいしょに糖尿が見つかったときの13.5に比べれば夢のような数字ですね。
残念ながらコレステロールは前回よりちょっと上がっていたのですが、それでも以前の半分ほど。まあ順調と言っていいでしょう。

そしてこの先生のいいところは「ぶっちゃけ話」をしてくれること。
「コレステロールの薬は、バンコク病院で処方してもらったのと同じようなのがタイ製でありますよ。こちらは1錠3バーツです」とのこと。
じゃあバンコク病院のは?と聞くと「そうねえ、50バーツくらいかしら」・・・「替えます!替えます!」(笑)

また「予約をしてもタイ人は自分の都合で来るし、土曜日はそういうわけで混みあうから、できれば平日に検査(つーか採血)だけして、そして土曜日に再度来てもらって話をした方がいいわよ」とか、とにかく親切です。


そしてお会計は・・・7000バーツでした!!
もちろん高いといえば高いんですが(これも先生いわく糖尿そのもののクスリが高いんだそうです)、それでもバンコク病院より3割以上安いですね(^^)

「もっと症状が改善すれば、カラダだけじゃなくてお財布にも優しいわよ」と言っていた先生(笑)。
はい、そのとおりですね^^;


・・・ということで、継続的に頑張ろう!と誓いを新たにした僕なのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-03-30(Sat)
 

引っ越し先決定!?

こんにちは、トトロです。

タイに来てからずっと長期滞在型ホテルに住んでいたのですが・・・というお話。

----------

このホテル、かなり安くしてもらったし、会社から歩いて5分というのは大きいです。
それに電気代も水道代もコミコミだし、駐車場代もかからない・・・そして何よりピヨ子さんにとっての魅力は毎日部屋の掃除とルームメイクしてくれること(笑)。

しかしいつまでも住んでいるわけにもいかないしなあ・・・というような話をしていたところ、ある日ピヨ子さんがいきなり「ねえねえ、叔母さんちに引っ越さない?」と言うではないですか。

以前にも同居するような話をしていたことがあったので(彼女はともかく、叔母さんも僕も「いやいや、それ無理でしょ」と異口同音に(笑)言っていたのです)またそれを蒸し返してきたのかなあと思ったのですが・・・「違うよ、叔母さんが引っ越すのよ」とのこと。

----------

どういうことかというと、この叔母さん(バンコクには二人叔母さんがいるので、今後こちらを「ヤーイ」さんと呼びますね)には非常に仲のいいご近所さんがいるのですね。
その方はもうお婆ちゃんといっていい歳なんですが、なぜかヤーイさんとは非常に仲良し。そしてこちらの家では旦那さんはもう亡くなっていて、子供もみんな独立している。

そこで、それならばいっそ一緒に住もうか・・・という話になったらしいのですね。
ちなみにヤーイ叔母さんちには子供がいないですし、ちょうどいいということなんでしょうね。

それならば「姪っ子(ピヨ子さん)が家を探していたから、彼女に貸せばいいじゃん!」という叔母さんのアイデアだったようです。

----------

一方でこれは僕らにもメリットがあります。

まずは非常によい場所にある物件だということ。
MRT(地下鉄)の路線はスクンビットからラチャダー通りの下を北に走っているのですが、その通りから少し入ったところにあり、電車でもクルマでも便利なところにあるということ。
そしてソイは管制な住宅地で、こっちに5分歩けばコンビニや商店がある通りに出られますし、あっちに5分歩くとタラート(昔ながらの市場)があります。

次にコスパが非常にいいこと。
さらに家は築20年ほどたっているそうですが、叔母さんの手入れがいいのでさほど古さを感じません。そして親子3人にとっては十分すぎるほどの広さ、いや次の子供ができても大丈夫なくらいです。
また家賃については「親戚だからって相場より安くしてもらっちゃだめだよ」と言ったにもかかわらず、他の駐在がビックリするほどの安さです(まあ駐在様(笑)が住むような家が高すぎる気もしますけど‥)。
もちろん電気代や水道代などはこれから自分たちで払わなければいけないのですが、それでも十分良いコスパです。

さらにピヨ子さんにとって安心なこと。

何といってもヤーイおばさんが近くに住んでいます。そして、彼女がいなくても同居人のおばあちゃんも昔からの顔見知りなので、何かあったときに非常に心強いです。
また、ピヨ子さんがちょっとした用事があるときに、悟飯くんの子守も頼めますしね(^^)


将来的にこの場所から日本人幼稚園や日本人学校に通えるかどうかはまだ分からないのですが、まだ悟飯くんは9か月なので、調べたり再度の引っ越し先を探すには十分余裕があります。


ということで、この家に住むことに決定しました!


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-03-28(Thu)
 

こんなことできるんだ!?

こんにちは、トトロです。

今日はタイの携帯電話についてのお話を。

-----------

僕はタイではAISという会社のSIMを使っています。
AISというより1-2-Callって言った方がピンとくる方もいるかもしれませんね。

これを日本で使っていたスマホ(あらかじめDoCoMoショップでロック解除してもらいました)に入れて使ってるんですが、以前からたまに通話が不調になることがあったのです。

どういう現象かというと、着信や発信をしてつながった後に、相手の声がきこえない or 自分の声が相手に届かない or 両方とも聞こえない、のどれかが起こるのですね。

それで「きっとこれは、あれこれとDoCoMo向けにカスタマイズされたスマホを(ある意味)無理矢理SIMロック解除して使ってるからだろう」、つまり端末のせいだと思っていたのですね。

なぜかというと、こういう現象が起こったときに端末を再起動すると、たいていの場合には直ったからなんです。

----------

ところが先日のこと。

会社のスタッフと連絡を取り合おうとしたときに、またもやこの現象が起きました。
実際にはお互いの勘違い(?)で、すぐに会えたので問題なかったんですけどね。

それで「ごめんね、どうも僕の端末の調子が悪くて」というと、スタッフが「トトロさん、それ違いますよ」というではないですか。

「どういうこと?」と聞くと、「実はAISが今3Gに切り替え中で、スマホに限ってそういう障害が出てるんですよ。だから自分もスマホとガラケーの2台持ちをしてるんですよ」とのこと。

「なるほどねえ。けど、それだと番号が2つになって不便でしょ」というと、「AISショップに行けば、同じ番号のSIMをもう一つ作ってくれますよ。それにネットワークの設定で『どちらの電話を優先するか(先に鳴らすか、とか)』も指定できるんですよ」というではないですか。

へええええええ!

僕が知らないだけかもしれませんが、たしか日本ではこういう使い方はできなかったんじゃなかったっけな?
それに、言われてみれば、最近2台持ちのスタッフが多いような・・・もしかしたらこのせいかな?


いずれにせよ、なるほど!と思った僕なのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  


 
2013-03-26(Tue)
 

アユタヤ旅行(5)

こんにちは、トトロです。

ホテルでの中華ディナーに満足したところからですね。

----------

とりあえず、部屋に帰って一休み。
ふとデスクにある電話番号表を見ると・・・
hotel_20130319182041.jpg

なんじゃこりゃ?(笑)

「オペレター」とか「ルームボイ」といった長音については仕方ないとは思うんですが、ベルマン(ベルボーイ)が「鞄持ち者」とかすごいですよね。
それからインフォメーションデスク(案内のことだと思います)が「情報書類部」というのもなかなかの味わいを出しています。

・・・それにしても、レセプション(フロント)が「ト内者」ってなんなんでしょ?
さすがにこればっかりは推測することもできなかったです。

-----------

閑話休題。

一休みしてから、夜のアユタヤに出てみることにしました。
昼のうちに見つけておいたイベント会場に行ってみたわけですね。

すると、短いながらもストリート沿いにいろいろな露店が出ています。

night.jpg

定番のゲームとしてダーツ、くじ引き、射的などもありました。
中にはタイ名物(?)の移動遊園地もあったりして、なかなか賑やかです。


それから会場の一番目立つところにはステージがあり、女性シンガー&バックダンサーがミニコンサートをやっていました。

dance_20130319182026.jpg

面白かったのは、小さい子供たちが音楽に合わせて踊っていたところですかね。
うちの悟飯くんも、いずれはそうなるんでしょうか?(^^;

----------

翌日は有名な中国式寺院にいったのですが、さすが春節。
めちゃくちゃな混みようで30分以上待っても本堂に入れず・・・ということで断念しました。

しかしながら、なかなか楽しかったアユタヤ旅行なのでした。

では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-03-24(Sun)
 

アユタヤ旅行(4)

こんにちは、トトロです。

無事に・・・というか運よく(笑)水上マーケットを満喫できて、みんな大満足。
そしてホテルへ向かう道すがら、どうやら夜にイベントをやりそうな場所もあったのでチェックしておきました。

----------

さてホテルですが、川沿いのちょっと古いけどなかなか良いところ。
もちろんAgodaで予約しておきました・・・と宣伝したりなんかして(笑)。

悟飯くんは、ゾウ園で買ったこの風船がお気に入り(^^)
しかし帰りに部屋に忘れてきちゃったんですよ・・・幸いにも(?)まだ悟飯くんはそういうことを記憶できる歳じゃなかったのでよかったですけどもね(笑)。
fusen.jpg

----------

一休みしたら、もう夕食の時間になりました。
ホテルの前が川になっていて、その川岸にテラス席になっているレストランがあったんですね。

そこがなかなかいい雰囲気だったので行ってみたのですが、とにかく蚊が多い!・・・まあ川っぷちですしねえ(^^;
これだと悟飯くんにはよくないので、残念ながらあきらめて屋内の中華レストランに変更することに。

中華レストランの内部は、なかなかいい雰囲気。
ちょうど春節(中国正月)ということで、女性従業員さんがアタマに飾りをつけてます。

するとピヨ子さん「アレが欲しい!」と言い出すではないですか!・・・ということで、こんな状況になっちゃいました(^^;
dinner_20130318131523.jpg

ま、ある意味「めでたい」ことは確かなんですが(笑)。


なお食事はおいしかったです・・・お値段もそれなりでしたが(^^;
けども久々に食べた北京ダックはかなりのものでした。
duck_20130318131523.jpg


ということで、ディナーを堪能した僕たちなのでした。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-03-22(Fri)
 

アユタヤ旅行(3)

こんにちは、トトロです。

ゾウ園からホテルに行こうとしたら、ピヨ子さんが騒ぎ始めたところからですね。

----------

何を興奮してるんだ?(笑)と思って聞いてみると、「水上マーケットがあるよ! ほら、そこの看板に出てた!」と言うではないですか。
しかし、その看板に出ている方角は、さっき行ったところとは全然別・・・こりゃどういうことだ?

分からないながらも「とにかく行ってみよう」ということになり、ピヨ子さんが看板を読みながら道案内をして僕がそれにしたがって運転します。

すると・・・・

market_20130315182654.jpg

アッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


後から分かったのですが、どうやらここがWebで見た水上マーケットらしいです。
つまり、カーナビ君が教えてくれたのは別のところで、しかも洪水の影響で閉まっていたということですね。

いやはや・・・しかし見つけられてよかったです(^^)

----------

さて園内ですが、運河(に見立てた水路)に沿ってたくさんのお店が並んでいます。
そして中央のステージでは、時間ごとにいろいろなショーをやるようです。
下の写真のように船にも乗れるのですが、僕らは悟飯くん連れということもあってパスしました(※園内はそれほど広くはないので、情緒を味わう以外の用途はないですw)

mkt.jpg


お客さんはというと、日本人や欧米人も見かけますが、圧倒的多数派はタイ人。
そのせいなのか、お店の値段もタイ人向け価格といっていいでしょう。意外と安いです。僕らが買ったのは、竹かなにかを編んで作ったウチワと、悟飯くんのベビー服。
後者は「パパとママの正規コピー品」とか下らなくも面白いジョークが書いてあるのが面白くて、思わず買っちゃいました。

----------

アレコレ見て回って、かき氷やさんで一休み。

kocha.jpg

このかき氷、紅茶味しかもパンが入っているのですが、意外とこれが合うんですよ。
ピヨ子さんと二人で争うように食べちゃいました(笑)。


そんなこんなで、ピヨ子さんの目ざとさのおかげで水上マーケットを満喫できたのでした。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-03-20(Wed)
 

アユタヤ旅行(2)

さて、せっかく訪れた水上マーケットが閉まっていた・・・ってところからですね。

----------

出かける前にWebサイトも見たんだけど、そんなことは全然書いてなかったなあ・・・これがタイなのかなあ?と思ったのですが、いずれにしても閉まっている以上は致し方ありません。
気持ちを切り替えて「さっき通りがかったゾウ園にでも行こうか」とピヨ子さんをなぐさめつつ、クルマを再発進させました。

さてゾウ園ですが、無料の部分と有料の部分に分かれているようで、後者では園内でゾウに乗ったりできるようです。
さきほど見かけたように外に出て行って散歩(?)できるかどうかは分からないのですが、たぶん追加料金をさらに払うんでしょうね。
 
我が家としては赤ちゃんの悟飯くんを連れているため(それから正直いって僕もピヨ子さんも怖がりのためw)、ゾウには乗らないことに決定。
そこで無料ゾーンで見学することに。

----------

こちらではゾウのショーをやっていて、トウモロコシやバナナなどの入った籠を買うとゾウに餌を上げられるようです。
悟飯くんは、初めて見るゾウにビックリするやら興味津々やら・・・たぶん(笑)。けども怖がって泣くことはなかったですね。


そしてショーが終わると、人々がゾロゾロと柵のところに並び始めました。
何だろう?と思ってピヨ子さんに聞くと、「49バーツ払うと、ゾウの下をくぐらせてくれるんだよ! これって縁起がいいことなんだよ」とのこと。
なぜゾウの下をくぐると縁起がいいのかは分からないのですが(笑)、とにかくそういうものなんでしょうね(^^;

多くの家族連れがママまたはパパが子供を抱いて並んでいるので、うちも僕が悟飯くんを抱いて参加することに。
ゾロゾロと連れ立って、ゾウのお腹の下をくぐって歩きます。これが3回で1セット。中には合掌しながら歩いてる人もいて、へええと思ったことでした。

zou.jpg
(ちょっと分かりづらいですが、矢印のところに僕と悟飯くんがいます)


ゾウ園の周りにある屋台で軽食を食べてから、クルマに戻ります。
さて、ちょっと早いけどとりあえずホテルにチェックインしてから、これからの予定を考えましょうかね。


そんなことを話しながらホテルに向かって運転していると・・・ピヨ子さんがいきなり騒ぎ始めました!?


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  
  





2013-03-18(Mon)
 

アユタヤ旅行(1)

こんにちは、トトロです。

2月の中国正月のときに家族でアユタヤ旅行をしてきた話を、今回から何回かに分けてしてみたいと思います。

----------

きっかけはピヨ子さんが誰かから水上マーケットの話を聞いてきたこと。
「ねえねえ、アユタヤにも水上マーケットがあるんだって! 行ってみない!?」と言い出しました(それにしてもタイ人って水上マーケットとか水辺の観光地って好きですよね。何でだろう?)。

僕も以前からアユタヤには興味があったので、2つ返事でOK。
バンコクからなら日帰りもできる距離なのですが、悟飯くんを連れていることもあり、またどうせならユックリしようということで、1泊旅行のかたちにしました。

----------

朝、バンコクを出発して高速で一路アユタヤへ。
ここで「朝」というのがポイントですね。日本でもそうでしょうが、特にタイ人は観光や買い物にでかけるときにはスタートが遅い気がするので、我が家では「買い物やお出かけは午前中から!」を鉄則にしています。

さすがに休日というこで、すいすいドライブできます。
するとアユタヤに入ってから、道沿いにこんな看板を見かけました。

kozui.jpg

これには(失礼ながら)思わず笑っちゃいましたね(^^;
いろいろな意味で「なるほどなー」と思ったことでした。

----------

さてアユタヤの中心部に来ました。
家を出るときにカーナビで「水上マーケット」を見つけてセットしたので、指示にしたがってずっと運転してきました。

市内ではこんな光景もチラホラ。
なかなか風情があっていいものですね・・・うちは悟飯くんがいるので乗るのはあきらめましたが。

zounori.jpg


しかし、ここまでは順調だったのですが、いざ水上マーケットに近づくとそれらしき場所ではあるものの、どこにも入口が見当たりません。

そこでピヨ子さんが近くのお店のおばちゃんに聞いてみると・・・「ああ、あそこなら洪水でやられて以来、ずっと閉鎖してるよ」


・・・(! ̄д ̄)えぇぇぇ! なんだってえ!?


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2013-03-16(Sat)
 

悟飯くん泣きまくる

こんにちは、トトロです。

とうとう悟飯くんにも歯が生えたり、ハイハイのパワーが日ごとに増したりしているのですが・・・というお話しです。

----------

上記のような成長ぶりは、本当に親としては嬉しいですね。
それからビックリしたのが、多少の段差なら(40cmくらいかな?)つかまり立ちみたいな姿勢になってから腕のチカラを使って登れちゃうってことですね。
まあ嬉しい反面、さらに目が離せなくなってきているということなんですが・・・。

さてスクスク育っている悟飯くんですが、ちょっと困った(?)ことも出てきました。

たとえばピヨ子さんが「ちょっと買い物いってくるね」とか「食事を作るから面倒見てて」とか言って、僕に悟飯くんと一緒にいるよう、僕に頼んできます。
ちょっと前までは、勝手に遊んでいる悟飯くんをいわば監視だけしていればよかったのですが(それでも、これは大事。そうでないとゴミ箱の中身を食べようとしたりとか、電源コードをかじろうとしたりしますからね^^;)、最近はちょっと事情が変わりました。

それは「ママがいないと泣きわめく」ってことです。

以前であれば一緒に遊んだりオモチャを与えたりすればすぐに機嫌がよくなったのですが、最近はもう「この世の終わり」か「一生の別れ」くらいの勢いで全身で悲しみ(寂しさ?)を表現しています。
いやあ、本当に悲しそうな顔を全力でして、全力で泣きわめいて、全力でジタバタするのですよ(^^;

これが始まったころ、ちょうど悟飯くんは風邪気味だったんですね。
ですから最初は僕もピヨ子さんも「また具合が悪くなったんじゃないか」と思っていたら、どうやら違うみたい・・・ということで調べてみました。

----------

すると、これは7か月~10か月前後の赤ちゃんによくある「分離不安」というやつらしい、ということが分かりました。

これはどういうことかというと。。。
まず最初のころの赤ちゃんって、自他の区別がないそうですね。つまり世界は渾然一体としてると。
それが次第に自他の区別がつくようになるけども、まだ世界は混沌としている。

そして今の悟飯くんくらいになると、「自分は自分、他人は他人」ということがハッキリ分かってくると同時に、「ママがとても大事な人だ」ということが分かってくるようになるみたいなんですね。
もちろんママが大好きなのはいいことなんですが、一方でママがいないと非常に不安になってしまうらしいです。

これはある意味で知能が発達してきた証でもあるんですが、一方で「ママはちょっとあっちに行ったからすぐに戻ってくる」とかそういうことはまだ理解できない・・・つまり、「ママがいない=僕は一人ぼっちになってしまった」と思いこんじゃうらしいんですね。

これによって泣きわめくようになるというのが真相のようです。
その証拠に、パパ(僕)がいくらあやしても何してもそっくりかえって泣きわめく悟飯くんが、ママ(ピヨ子さん)が戻ってきて抱っこするとすぐに泣きやみ、2~3分後にはニコニコしてますからね(^^;


しかし、これで困ったのがピヨ子さん。
家の中のちょっとした家事で悟飯くんのそばを離れるだけでも、彼は泣きわめいてハイハイしてママを探し回りますからねえ。


まあけども、これも正常な発育の一段階だということが分かっただけでもよしとしなきゃいけないんでしょうね。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2013-03-14(Thu)
 

バンコクの渋滞

こんにちは、トトロです。

今日は、相変わらずバンコクでの運転に四苦八苦してますが・・・というお話です。

----------

ご存知の方も多いでしょうが、とにかくバンコクの渋滞はひどいです。
以前お話ししたように自動車の数が道路のキャパシティを数倍も上回っちゃってることも原因でしょうが、その他にもいろいろな要因があると思っています。

まず一つ目が、道路の構造そのものです。
日本の道路の多くは、いわば「碁盤の目」の構造をなしていると言えます。道幅の大小や一方通行こそあれ、基本的には大通りから路地に入ってもどこかの大通りには再び出られるのがふつうです。

ところがタイ特にバンコクの道路というのは、「魚の骨」の構造なんですね。
タノンと呼ばれる大通りはさておき、ソイと呼ばれる路地に入ると、その奥は行き止まりになっていることが多く、このため元や別の大通りに出られないんですよ。

なぜこういう構造になっているかというのには「もともと運河の街だったころの名残り」という説と「田畑のあぜ道の構造の名残り」という説があるようですが(※詳しい方がいらっしゃったらお教えいただけるとありがたいです)、いずれにせよ不便なこと極まりないです。

このような構造になっているため、どうしてもタノンにクルマが集中してしまうこと、そしてタノンとタノンをつなぐ限られたソイにクルマが集中してしまうことの2つが、渋滞に拍車をかけているようです。

----------

もう一つの理由は、Uターン路の存在と運転マナーの悪さです。

上記でお話ししたように道路が碁盤の目になっていないためタノンではUターン路が必要になってくるのですが、そうすると例えば3車線あったのが部分的に2車線になってしまいます。

これ自身も渋滞を引き起こす原因になっていることは言うまでもないのですが、さらに運転マナーの悪さがこれに拍車をかけているように思えます。

どういうことかというと・・・こんな3車線道路があるとします。
いちばん右のUターン路では車が詰まります・・・まあ、これは仕方ないですね。

road2.jpg


ところが、ズルをして中央車線からUターンしようとする車(1)がけっこういるのですよ。
そうすると、中央の車線も詰まってしまうことになります。

road3.jpg


そうすると、このUターン待ちの車を避けようと後続車が左のレーンへ行こうとします(2)。
このため、あっという間に3車線すべてが渋滞してしまうことになります。

road4.jpg


もちろん(?)このクルマ(1)のような不届き者は日本にもいるわけなんですが、その比率がバンコクでは圧倒的に多いように感じます。
また、警察もこのようなクルマを取り締まっていない(または取り締まれるだけの人的リソースがいない?)ため、ぜんぜんマナーが治らないようにみえます。


これ以外にもいろいろと運転マナーの悪さが渋滞を引き起こしているように思えるケースがあるのですが、それはまた後日に。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-03-12(Tue)
 

ピヨ子さんの誕生日プレゼント

こんにちは、トトロです。

ちょっと前に話はさかのぼりますが、1月はピヨ子さんの誕生日でした。
今日はそのころのお話を。

----------

年末年始のころですかねえ。たまたたまショッピングセンターに行ったときに思い出して、「そういえばクリスマスもあったし誕生日も近いし、君はプレゼントに何が欲しいの?」とピヨ子さんに聞いてみました。

すると「何もいらないよ」と殊勝なお答え。
もちろんそれで済むとは思ってないわけなんですが(笑)、いろいろとお店を回っていると、どうやら新しいパソコンに興味があるようです。

そういえば今のノートPCは学生時代から使っているって言ってたから、もうけっこう古いよなあ・・・それに最近はいろいろな不具合も出てきているしなあ。
と思いつつ値段を見てみると、彼女が気に入っている(らしい)B5タイプのノートPCは、だいたい2万バーツ前後(ACERとToshibaがほぼ同じ値段でした)。

これならちょっと高いけども、まあPCとしては妥当な値段だし、今やピヨ子さんにとっても必需品だからなあ・・・と思っていたのです。


ところが、いざ自分の誕生日が近づくと、ピヨ子さんが「アタシPCは自分のお小遣いからローンを払って買うから、いらない!」と意外なことを言い出します。

「へ?そうなの? じゃあ誕生日プレゼントは特に要らないんだ?」

「違うよ! 実はヴィトンの財布が欲しいの♪」

・・・それが元々の目当てだったのね。何て駆け引き上手なのかしら ( ̄▽ ̄;)

----------

ええ、行きましたとも。
サイアムパラゴンにあるヴィトンまで(泣)。
 
ところがお店に行ってみると、入口に行列が出来ています。
何かイベントかセールでもやってるのかな?と思って聞いてみると、単にお客さんが多すぎるので入店規制しているとのこと。ありゃまあ。

実際に後から入店してみると「ひやかし」のお客さんももちろん居ましたが、それでも実際に購入したりしている人の多いこと、多いこと・・・タイってお金持ち多いのね(^^;

そして二度目にビックリしたのは、タイでのヴィトンの高さ。
何と日本のお店より高いんです(号泣)。どうやらこれは円安のせいというよりも、そもそものタイの関税(ぜいたく税?)のせいらしいですね。

泣く泣く払いましたが、もちろんピヨ子さんは大喜び。

しかも調子に乗って「これだけいいお財布に中身が数百バーツじゃ可哀相だよ。もっと入れて!」と言いやがったので、思いっきりホッペタをつねっておきましたが(笑)。


ま、それでも贅沢品を欲しがるのは年一回あるかないか。
そういう意味では、まだかわいい方なんでしょうね。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-03-10(Sun)
 

DVDあれこれ

こんにちは、トトロです。

バンコクでは暑気に近づいてきたようで、だんだん暑くなってきましたね。
室内外の気温差が激しいため、ちょくちょく喉や鼻が調子悪くなっちゃうのですが、もしかしたら気温差だけじゃなくてバンコクの大気汚染のせいもあるかも???

さて、今日はDVDの話です。

----------
 
日本にいたころサッカーの試合や映画などをDVDに録画していて、かなりの量があったのですね。
これらは船便でタイに送ったのですが、これらはリージョンフリーのプレイヤーでも再生ができません( ̄□ ̄;)!!

なぜだろう???と思って調べてみたところ、どうやら日本でデジタル放送を録画するための「VRモード」というのが、実は日本の独自規格であるためのようです(※その証拠に、日本で買ったDVDならばホテルのプレイヤーで再生できます)・・・ここでも「ガラパゴス」だったんですね。

しかし、僕のコレクションのほとんどはVRモード。
日本で買ったノートPCを使えば視聴できるのですが、やっぱりテレビの大きな画面で見たい・・・ということで、調べてみたらありました!



いわゆるマルチシステム型というのでしょうか?
このタイプであれば、何とかなりそう・・・ということで、日本に行く前に注文して実家に送ってもらっておき、タイに持って帰りました。

さて結果ですが・・・実はまだ梱包を開けてません(笑)。
またいずれご報告できればと思います。

----------

それから自動車(カムリ)にもDVDプレイヤーがついてますが、走行中は画像がでない設定になってるんですね(※おそらく安全上の理由だと思います)。

しかしこれではピヨ子さんや(将来の)悟飯くんが楽しめません。
そこでディーラーに聞いてみると、「700バーツ払ってくれればガード外しますよ」とのこと。なるほど。やっぱり抜け道はあるんですね(^^;

さっそく外してもらったのですが、今度はVRモードはおろか日本で買った市販品も再生できません。
そう、今度はリージョンコードが違うからなんですね。

うーん、これは困った。
これだとタイの映画やハリウッド作品はさておいても、日本のDVDが見れないじゃないですか。

----------

しかしながら、タイでも探せばいろいろあるんですね。

まず見つけたのは、ドラえもんなどの日本のアニメ。
これらはタイでも人気があるのでどこでも買えるんですが、そのかわり完全吹き替えで日本語が入ってません。

しかし買い物に行くたびにDVDコーナーを見ていると、日本語音声があるのもたまに見つかります。
安いのでとりあえず見つけたたびに買っていたのです。

そしてこの間、ゲートウェイエカマイにいったときのこと。
何気なくDVD屋さんに入ると・・・大量にジブリ作品やその他のアニメなどが置いてあります! しかもほとんどが日本語対応です。

価格を見てみると「150バーツ⇒79バーツ」と値下げしてますし、さらに「5本買うと1本ゲット」キャンペーン中です。
・・・もう夢中になってカゴに詰める僕(笑)。

「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」、「紅の豚」、「崖の上のポニョ」などのジブリや他のアニメも併せて12本。
これで790バーツ(約2400円)は安いですね。1本あたり200円ということになります。

残念ながら僕が大好きな「ナウシカ」そしてピヨ子さんが好きな「千と千尋の神隠し」はなかったのですが、またいずれ入荷することでしょう。


ということで、だんだんDVDが増えてきた我が家なのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2013-03-08(Fri)
 

分厚い本x2冊

こんにちは、トトロです。

以前にもお話ししたように僕は「本の虫」なのですが、ここタイでも主にPDF化した本を中心に色々と読んでいます。
ちなみに自炊代行業者さんによっては、アマゾンなどから直送してPDF化できたりするので便利ですよね(^^)

さて、そんなわけで最近読んで印象に残った本についてです。

----------

まずは「ガリレオの指」。



副題が「現代科学を動かす10大理論」というとおり、進化論をはじめ、エントロピー、相対論、量子論、シンメトリーを経て算術にいたる、現代科学の10の主要理論を解説しています。

僕はもともと理系出身ですし、この手の話は大好きなのですが、それでも理解が難しかったりする部分も(正直いって)ありました。
特に就寝前に読むと、寝つきが非常によく・・・(笑)。

もとい。

それでも現代科学を概観できたこと、そして(僕にとって)意外なものが意外な結びつきをしていることが分かったこと、などは非常に興味深かったです。

----------

お次は「137億年の物語~宇宙が始まってから今日までの全歴史」。
けっこう話題になっている本なので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。


 
宇宙や地球のなりたちから生物の発生と進化そして人類の誕生までが、いわば「理系」部分。
そして人類が世界中に拡散しつつ次第に文明化していき現代にいたるまでが、いわば「文系」部分。
しかしながら、これらがシームレスにつながり、かつ関連付けられているのがこの本の大きな特徴でしょう。
 
著者が英国人ということもあって近現代史部分はやや欧州寄りになっている感は否めませんが、それでもイスラム世界が歴史に寄与した部分を大きく取り上げていたり、ユーラシア大陸を俯瞰したかたちで関連性を説明したりしているところは非常によいと思います。
 
日本についても何か所か言及されており、特に「3.11」が取り上げられていてひとつのエピローグ的な位置づけになっているところには感銘を受けました。


前者は460ページ、後者は506ページと共に分厚い本ですが、機会があればぜひご一読を。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-03-06(Wed)
 

歩かないタイ人

こんにちは、トトロです。

今日はタイ人の「歩かない」事情についてのお話です。

----------

以前から聞いていたのですが、いやあタイ人って歩かないですね(^^;
もちろん暑いからっていうこともあるでしょうが、チェンライの涼しい時期ですら「ちょっとそこまで買い物」と日本人なら歩いていくところでも、お義母さんやピヨ子さんはバイクで行くのが普通。
・・・つまりは、「面倒くさいから」という理由の方が大きいような気がするのです(笑)。
 
僕たちが住んでいるサービスアパート(長期滞在型ホテル)は大通りから入って5分ほどのところにあります。
もちろん(?)僕は大通りに面したオフィスまで歩いて行くのですが、朝夕の通勤時間だとバイタク(バイクタクシー。バイクの後ろにお客さんを乗せて運ぶサービス)が大活躍。
多くのOLさんなどがバイタクを利用して会社へ行き来しているのですが・・・下手するとうちのホテルよりも近い距離でもバイタクに乗ってます(笑)。

----------
  
また、僕が担当している顧客のオフィスは地下鉄の駅から1kmくらいのところにあるんですが、僕はクルマで行かない場合には駅から歩くことが多いんですね。
健康のためにもいいですし、また日本人的にはぜんぜん歩けちゃう距離ですから。
 
ところがそれを知ったスタッフがビックリ仰天!
「何で歩くんですか? 暑いし疲れるじゃないですか!?」はまだしも(笑)、「トトロさんは偉い人なのに、なぜ歩くんですか?」と言われたのがちょっと意外でした。

ふうううむ。

どうやらタイ的には「偉い人(それなりの社会的地位にある人)は歩かないものだ」という観念があるのかな?
これってちょっと中国的な考え方にも似ていますよね。

たしかに、タイ人ってこんな移動方法かもしれません(必ずしも正しくないかもですが)。
 ■すごく偉い人:運転手つきのクルマ
 ■普通に偉い人:自分でクルマを運転
 ■次のランク :電車やタクシーを利用
 ■その次の人 :エアコンバスやバイタクを利用
 ■超~庶民  :歩くかエアコンなしバス

だからこそ、僕の部下たちもビックリしたのかも(^^;
いや、だって地下鉄の方がクルマより時間が読めるしたいてい早いじゃん・・・と言っても不思議な顔をしたのは、ここらへんに理由がありそうですね。

----------

ちなみに、ピヨ子さんが東京に来たころに一番ビックリしていたことのひとつは「日本にはバイタクがない」ということでした(笑)。

「じゃあ、どうやって駅まで行くのよ!?」

「歩くんだよwwwww」

「えええええええ~っ!!!」

と言ってたのが、懐かしいですね(^^;


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-03-04(Mon)
 

借りるの?買っちゃうの?

こんにちは、トトロです。

バンコクでの新生活がスタートして以来、やっと3ヶ月がたちました。
初日からいきなりプロジェクトが開始するやらそれが炎上するやら(爆)・・耳からケムリが出そうになってましたが、やっと最近は落ち着いてきました。

----------

さて、これはまだ引っ越しする前の話。
昨年(2012)年の10月にバンコク出張したときのことです。

前にも日本行きのときにちょっと話しましたが、タイ事務所には所長のアシスタント兼庶務などをやってくれる日本人女性(リエコさん)がいます。
彼女はいわゆる現採で、ご主人はタイ人。子供も2人いて、タイ歴は長いので、僕的には非常に頼りになる人です。
 
そのリエコさんと雑談していて、彼女に「そういえば家はどうするんですか?」と聞かれました。
「うん、場所はここらへんかあそこらへんを考えていて、予算(賃料)はX万バーツくらいを考えてるんだけど・・」と言うと、リエコさんが「それなら買った方がいいですよ!」と言うではないですか。
 
へえ、そういうもんなのかあ・・とか思っていると、タイ人スタッフが「ねえねえ何の話をしてるの?」と寄ってきました。
これこれこういう話をしてたんだけどと言うと、「そりゃあ絶対買った方がいいですよ! いまは住宅減税もやってますし、まだまだ不動産は値上がりしてますからね」とのこと。

ふうむ、なるほど。

----------

実は、以前からピヨ子さんにも「バンコクでコンド(コンドミニアム=日本でいうマンション)を買った方がいいよ!」と言われていたんですね。
 
そのときには「いやあ、東京のマンションなら相場感とか値動き感が分かるけど、バンコクだとそういうの全然わからないし」と言って流しておいたのですが、どうやらこれだけ在タイの人間が勧めるということはそれなりにメリットがありそうなんじゃないか?と思い始めたわけです。
 
ただしタイだと商習慣が違うでしょうし、また(例外なのかもしれませんが)払った金を持ち逃げされたとか、建設が予定通りに終わらない(下手すると数年遅れる)とかいう話も聞いているので、まだまだ分からないなあ・・と思ったのも事実だったのです。
 
----------

帰国してからピヨ子さんにこの話をすると、「ほら!アタシの言ったとおりでしょ!」となぜかドヤ顔です(笑)。
 
そこでピヨ子さんと相談した結果、以下の方針でWeb検索してもらうことにしました。

・借りるのと買うのと「両面作戦」で調べる。
 (まだ購入一本槍にするには情報や知識が足りなさすぎる)
 
・地区は、概ねプロンポン~トンロー間のいわゆる日本人地区限定
 (買う以上はそこじゃないと悟飯くんの幼稚園・学校が大変ですから)
 
・単に物件を探すだけじゃなくて、相場観や取引についても調べる
 (僕はもちろん、ピヨ子さんもその辺りは知らないので)
 
・買う物件は、基本的に大手デベロッパーとする
 (これならまず持ち逃げとかはないでしょうから)
 
・築浅の中古も視野に入れる(現物が見られるから)

・この「両面作戦」を遂行するため、当初は数ヶ月と考えていた仮住まいは、もっと延ばしてもよい

---------

このような条件で探してもらうと、さっそくピヨ子さんがいくつか見つけてきました。

「ほら、ここ! 大手だし、場所もいいし、値段も手ごろ(なのか?)だし、とてもいいよ!」

「ふむふむ・・(タイ語は読めないので写真と数字だけ見て)なかなかいいじゃん」

「ただね。ひとつチョットだけ問題があるの」

「なに?」

「これ・・完成が2015年なの(爆)」

・・いや、そりゃダメでしょ(^^; 2年以上も待てんし。


ということで、分譲マンションは買いたいけど相変わらずオオボケのピヨ子さんなのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-03-02(Sat)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: