出会い系で出会う

義父母の来日手配~航空券(2)

こんにちは、トトロです。

義父母の航空券手配に関する続きです。

----------

何か引っかかるものを感じる・・・うーん、何かを忘れているような気が???


そうだ!ANAの特典航空券だっ!!


たしかANAの場合には特典航空券に登録できる親族の範囲が広かったんじゃないかな?・・と思って調べてみると、ビンゴでした。

tokuten_hyou.gif
(ANAのサイトから転載しました)
 

‥ということで、さっそく義父母の名前を登録。
「関係を証明する追加書類を提出いただくことがあります」とWebには書いてありましたが、けっきょく何もなかったですね。
 
----------
 
この特典航空券の利用者登録をしたことで、作戦の幅が広がりました。

ピヨ子さんが子供を産んだらすぐにWebにアクセスして・・・
 [1] ANAの特典航空券
 [2] タイ航空の日本行プロモーションチケット(安いのです)
 [3] タイ航空の通常のチケット
の順番でチケットを探して予約することにしました。

ちなみにチェンライ-東京往復で、[1]だと5万円くらい(税・燃油代はかかりますので)、[2]だと15万円くらい、[3]だと20万円くらいですね。
 
 
結論からいうと、けっきょく[1]で取れたのでラッキーでした(^^)


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2012-07-31(Tue)
 

義父母の来日手配~航空券(1)

こんにちは、トトロです。

さて、(1)ビザの手配については説明が終わりました。

visaflow.jpg

よって次は、(2)航空券の手配についてお話ししますね。

----------

来日のタイミングですが、ご両親とも相談の結果、「産前」に来てもらっても本当に予定日どおり生まれるかどうか分からないので、赤ちゃんが生まれたらすぐに予約を取って、退院タイミングに合わせて来てもらうことになったのですよ。

そして航空券については、僕らが負担することになっています。また、ピヨ子さんの強い勧めで航空会社はタイ航空で、ということになっています。
それで問題は、いつ・どのように予約・発券するかということになります。普通の(?)旅行と違って、とにかくピヨ子さんが出産してくれないと始まらないわけですからね。
 
僕らがタイに行くのであれば、ネットで予約してクレジットカードで決済して・・・という通常の流れでOKなんですが、逆に彼らに来てもらう場合にはこの技が使えないのですよ。
(※タイ航空のWebサイトだと、搭乗者のうちの誰かのクレジットカードでの決済が必要なのです)

また旅行代理店でいわゆる「呼び寄せ便」をお願いしようかとも思ったのですが、これはタイで買うよりも高いのです。

う~ん、どうしたものか・・・と思っていたら、いい手を思いつきました。
そういやピヨ子さんは以前に旅行会社に勤めていたじゃないのさ(^◇^) しかも、現在は親友のレックちゃんが勤めています。

‥ということで、極めてシンプルながらも「お金をあらかじめ送っておいて、子供が生まれたら日程を相談して決めた上で、旅行代理店に頼もう」という方法になったのです。

----------

そこで、送金ルートを確保するために、僕は都内にあるバンコク銀行へ行きました。

以前にもピヨ子さんの口座を登録したことがあったのですが、ここのバンコク銀行で送金先口座を登録しておくと、自分の銀行のネットバンキングから三井住友銀行にある送金用口座に振り込むだけで、翌営業日には送金が完了するという便利なサービスがあるのですよ。

登録先はバンコク銀行のタイ国内支店がベストですが、手数料をさらに取られてもいいなら他銀行でもOKです。
ちなみに日本⇒タイの送金手数料は一回あたり3500円、タイ国内の銀行がバンコク銀行以外の場合にはさらに数百バーツ差っ引かれるそうです。
 
ここでお義母さんの口座を登録手続きすると、後日(2週間前後)郵便で登録カードが送られてきます。
ここに書いてある番号を送金者名のところに併記して振り込めばOKなんですね(^_^)v
 

よし、これで大丈夫だ!・・・と思っていたのですが、何か引っかかるものを僕は感じていたのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-07-29(Sun)
 

義父母の来日手配~ビザ(4)

こんにちは、トトロです。

これで書類がそろったので、(1-4)申請・受領に進みます。

----------

ピヨ子さんの実家はチェンライ県すなわち「北部9県」に属しますので、JVACではなくチェンマイ領事館に 
突撃することになります。
このあたり、ちょっと遡って実録風に・・・


3月某日

義父母のパスポートが下り、そのスキャン画像がメールで届く。
なお、ピヨ子さんの苗字のスペル(旧姓時)と、ご両親の名字のスペルが違うのがタイクオリティ(笑)。


3月某日

ピヨ子さんと一緒に申請書等の代理記入開始。また同時に、日本側の書類手配も。
なお、どこから聞きつけてきたのか(‥って言ってもネタ元は分かり切ってるのだがw)、親戚の叔父さんとか叔母さんとかが「自分も日本に行きたい!」とピヨ子さんにアピールし始めた模様(笑)。ピヨ子さんもちょっと呆れ顔(^^;
なお、無下に断るのもアレなので「身元保証人にはなってあげるから、自分で観光ビザ取ってね♪」と答えることにした。


3月某日

書類+オマケ(※これについては後述)が揃ったので、タイの実家へ国際EMSを送る。
意外と早く、5日でチェンライまで届いた。すっげー。


4月某日

書類が到着した日に、義父母が「さっそく明日、チェンマイの総領事館に行く」と電話してきた。
念のため「申請は午前中だけだよ」と伝えると「(! ̄д ̄)えぇぇぇ!」との返事が(笑)・・・よって、翌々日に変更。


4月某日

ご両親、早朝に起きてチェンマイへ・・・しかし、あの山越えをSUZUKIの軽トラでやるのか(笑)。
しかし前述したように「書類などが足りない」と言われて、撃沈。


4月某日

足りない書類や写真をメールで送り(便利な時代になったもんだ)、それを持って領事館に再突撃。
しかし「さらに足りない」と言われたので、こちらから領事館に直接ファックスすることに・・・だが、電話交換手がファックス番号を間違えて教えやがった(笑)。うーん、さすがタイ(^^;
けども、書類は無事に受理された。


4月某日

ソンクラーン(タイ正月)休みを挟んだので1週間ほどかかったが、無事にビザがおりた。しかも、何と90日滞在の許可!!
やっぱり親族訪問しかも娘と孫の世話をするためという理由が効いたのだろうか。これにはビックリ。
なお、お義母さんは翌日からさっそく荷造りを始めた模様(笑)。
(ちなみに、出産予定日は5月下旬www)


・・・と、こんな感じでした。ふぅ。


実際に要した期間は、1ヶ月弱ですかね。皆さんも、少なくともこれくらいの期間はみておいた方がいいかもしれません。
 
 
<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2012-07-27(Fri)
 

義父母の来日手配~ビザ(3)

こんにちは、トトロです。

ビザの話、続きます。

----------

(1-2)申請書等の代理記入

ここで「申請書等」と言っているのは、<2>査証申請書と<4>質問票の二点です。
本来はピヨ子さんのご両親が自分で書くものなのでしょうが、前述したように彼らは日本語はおろか英語もほぼ全滅ですので(^^;、僕とピヨ子さんが代筆することにしました。
※けど、サイン欄は本人が記入しなきゃいけないので、その点はご注意ください。
 
・・・と、ここで在タイ日本大使館のWebサイトを見てみると、僕らがピヨ子さんのビザ申請をしたときはおろか、ご両親の分を代理記入したときともフォームが変わってるじゃないですか( ̄□ ̄;)!!
(ちなみに、査証申請書はこちら、それから質問票はこちらです)

うーん、困った。

まあしかし、基本的なところには変わりないので、記入要領についてはピヨ子さんのビザ申請をしたときのシリーズ(こちらが最初です)をご参照ください。

なお、主な変更点としては、「申請書にちょっと質問欄が入った」「質問票に日程表が入った」ということですが、これらについては大したことないです。

また、旧フォームでは「誰がこれを記入しましたか?」という質問があり、そこに「隣野ピヨ子(娘)」と書いたのですが、この質問自体がなくなっちゃってますね(^^;

----------

(1-3)タイ側書類の手配

次に、タイ側で揃えるべき書類はというと(上記の申請書と質問票は覗く)、<1>旅券、<3>写真、<4>住居登録証、<6>在職証明書、<7> 改姓・改名を証明する書類(※該当者のみ)、になります。
 
ここで注意すべきなのは<6>在職証明書ですね。
但し書きで「役職名、入社年月日、月給及び休暇期間を記載」と書いてありますので、これらの要件を満たす必要があります。
 
特に休暇期間については、(1-2)で書いた予定表と合わせる必要があるでしょう。
また、今回の僕らの場合には出産という不確定要素があったので、「なお休暇期間は変更可能である」と書いてもらうようお願いしておきました。
 
またお義母さんについては、家で小商売をやっているものの登記上はお義父さんが代表者になっていたので、「主婦です」ということで通しました。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




 
 
2012-07-25(Wed)
 

義父母の来日手配~ビザ(2)

こんにちは、トトロです。

義父母が来日するためのビザ手続きですが、前回フリを入れたように、実際にはWebサイトに書いていないものも要求されました。
なお、義父母はチェンライ県在住のため、これは管轄するチェンマイ領事館でのケースです。
 
----------

(1-1)日本側の書類手配(続)
 
まず、<8-1>在日親族の住居登録証および旅券です。

Webでは「氏名、写真および有効な在留許可証印のある頁」とありますが、実際にはピヨ子さんの入国許可スタンプおよび入出国記録があるページすべて(のコピー)を要求されました。
 
それから、このカテゴリに相当するかどうかイマイチ分かりませんが、僕のパスポートの顔写真ページ(のコピー)も要求されました。(これは全く書いてないですね

----------
 
つづいて<8-2>です。

「在日親族の登録原票記載事項証明書もしくは外国人登録証両面」と書いてあるので、僕は前者の登録原票記載事項証明書を添付したのですが、なぜか外国人登録証の両面(のコピー)も要求されました。

大使館が「もしくは」の意味を知らないとしか思えませんね。

----------
 
それから「<9-2>在日親族が旅費を負担される場合:招聘人(在日親族又はその配偶者)にかかる証明書」です。

これについては最初から嫌な予感がしていたので(笑)、Webでは「納税証明書、預金残高証明書、確定申告書控、所得証明のうちいずれか1点」と書いていたのに対し、納税証明書と確定申告書控えの2点を出しました。

よって、本当に「いずれか1点」でいいかどうかは謎です(^^;

----------

最後に、「申請人(ピヨ子さんの両親)と在日親族(僕とピヨ子さん)のみんなで写っている写真をよこせ」とも言われました。
 
これについては、ピヨ子さんの在留認定とビザ申請のために撮りまくっていた写真が役に立ちました。
しかし、さすがに家族4人全員が写っている写真ってなかなかなかったですね(2,3枚しかなかったです)。

よって、将来タイ人の奥さん(旦那さん)の親族を日本に呼ぼうと思っている方は、ぜひタイにいったときに集合写真を撮っておくことをおすすめします。


それにしても、なぜWebに書いてないものを要求するのか?
これは在タイ日本大使館が「タイ化」いや「退化」してるとしか思えませんけどもねえ・・・


あ、そうそう。<10-1><10-2><10-3>については、こちらにフォームがあります。
これらについては、僕は今後のことも考えて上記を参考にワードファイルを自分で作りました。こうすれば、後日使い回しができますからね。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




 
 
2012-07-23(Mon)
 

義父母の来日手配~総論とビザ(1)

こんにちは、トトロです。

いきなりの義父母襲来宣言(笑)に伴い、来日のための色々な手配をしなければなりません。
‥ということで、まずは総論から。
 
----------

全体の流れを示すと、下の図のようになります。

visaflow.jpg

この中でいちばん大変なのが(1)のビザ関係ですね(かといって、他も苦労しましたが^^;)。
これについて、さっそくお話しすることにしましょう。

----------
 
今回のビザは「親族訪問」のカテゴリで取ることにしました。
そうすると、必要な書類はこちらの在タイ日本大使館Webサイトによると、以下のようにになります(※一部記載を省略しています)。

<1> 旅券
<2> 査証申請書
<3> 写真
<4> 質問票(英語またはタイ語版)
<5> 住居登録証(タビアン・バーン)
<6> 在職証明書(役職名、入社年月日、月給及び休暇期間を記載)など
<7> 改姓・改名を証明する書類(※該当者のみ)
<8> 在日親族との関係を証明する書類
  <8-1>在日親族の住居登録証および旅券(氏名、写真および有効な在留許可証印のある頁)
  <8-2>在日親族の登録原票記載事項証明書もしくは外国人登録証両面
<9> 渡航費等を証明する書類
  <9-1>査証申請人ご本人が旅費を負担される場合:銀行通帳など
  <9-2>在日親族が旅費を負担される場合:招聘人(在日親族又はその配偶者)にかかる証明書
   (納税証明書、預金残高証明書、確定申告書控、所得証明のうちいずれか1点)
<10>その他参考書類(以下の書類のご提出については任意です)
  <10-1>招聘理由書
  <10-2>身元保証書
  <10-3>滞在予定表

僕らの場合では、義父母の旅費を僕が負担することになるので(ピヨ子さんと赤ちゃんの世話をしにきてもらうわけですからね)、<9-2>の場合に該当します。

というわけで、本来であれば<8-1><8-2><9-2>と<10-1><10-2><10-3>があればいいはずなんですが(※上記にある「<10>は任意」なんて信じちゃいけませんw ぜひ提出するべきです)、実際にはお義父さんもお義母さんも書けない(書くのが怖いw)ということが判明したので、<2><4>もこちらで代筆することにしました。

そして、実際にはこれだけじゃなかったのです・・・


<続きます>



 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-07-21(Sat)
 

来るの? 来ないの?

こんにちは、トトロです。

ピヨ子さんは妊娠が分かって以来、「出産前後に親戚の誰かに来てほしい」と言っていたのですね。
まあ、そりゃそうだろと思っていたのですが・・・というお話。

----------

秋ごろに、まず候補になったのがバンコクの叔母さん。
お義母さんの妹にあたる人ですね。
 
なぜ実の母であるお義母さんではないのかというと、まずお義母さんは外国に行ったことがない(^^;、よってお義父さんと一緒じゃないと不安だということ。そうは言っても、お義父さんも海外なんて行ったことないんですけどね(笑)。
それから、日本語はおろか英語もダメ。さらには自分の仕事(家での商売)があるということもネックでした。
 
一方で叔母さんは専業主婦だし子供もいない。そして香港だったと思いますが海外旅行の経験もある。英語もちょっとだけできる。そして、何よりも親戚の中ではピヨ子さんと一番仲がいい・・・ということで白羽の矢がたったわけです。
 
----------
 
ところが昨年(2011年)の年末になって、この案は駄目になってしまいました。

理由としては、彼女の旦那さん(うち以上の「歳の差婚」なのです)が、「日本なんかに行ったら、うちの奥さんはまだ若いし美人だから(自分で言うなw)、向こうでいい男を見つけて帰ってこないかもしれない」と駄々をこね始めたのです(笑)。

旦那さん、かわいいっすね(^^)。
 
----------
 
そんなわけで、年が明けてから改めてお義母さんに打診していたのですが、けっきょくのところ「やっぱり誰も行かない」ということになったのです。
 
そこでピヨ子さんとは「だったらタイに行って産む?」という話もしたのですが、彼女は日本で産みたいとのこと。
理由としては「そうすると(現実的には)半年くらい別居になるから寂しい」とのこと・・・うーん、自分で書いていて恥ずかしいですが(笑)、そう言われて悪い気はしません。

じゃあ、それならそれでいいか・・・と思っていたのです。

----------

しかし、事態が急展開というかコロコロ変わるのがタイ流です(^^;

2月の末になって、いきなり「やっぱり行く! あ、ちなみに夫婦そろってだからね!!」とお義母さんから連絡が入ったのです。
しかも「明日ふたりでパスポート取りに行くからね!」との宣言つき(笑)。
 
いや、来てくれるのは有難いし嬉しいんですが、もうちょっと相談とか根回しとかして欲しかったなあ・・・なーんてえのは、もちろんタイ人には通じません(笑)。
 
 
・・・ということで、いきなりビザやら何やらの手配をしなければならなくなったのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-07-19(Thu)
 

妊婦でもオオボケ

こんにちは、トトロです。

ブログ上では東京は本格的な冬。
けどもピヨ子さんは案外平気そうです。これは衣服のお蔭もありますが、やっぱり冬は気温が一桁になるチェンライ出身ということも大きそうですね。

ちなみに1月末に東京で雪が降ったときには大興奮していました・・・が、翌朝つもっていないことを発見しガッカリしてました(笑)。

----------

バレンタインデーがすぐ近くに迫ったある日。

この日は結婚記念日だったので(早いものでもう1年なんですね)、仕事帰りに花屋さんに寄ってラブラブな雰囲気の(笑)鉢植えを買ってきたら、ピヨ子さん大喜びです^^

お返しに貰ったのは、なぜかネズミー王国キャラクターのパンツ。
こういうのも嬉しいんですが「日本ではチョコを女性が男性に贈るんだよ」と言っておきました・・・だって、やっぱもらえないと寂しいし(^^;、そもそも僕チョコ好きだし(笑)。

翌日はタイ料理屋さんに行ってディナー。
美味しかったらしく、満足そうに帰路寝やがったピヨ子さんなのでした(^^;

----------

2月は、病院主催の妊婦学級が何回かありました。

ピヨ子さんは言葉の問題があるので僕が付いて行ったのですが、意外と(?)ご夫婦で来ているかたもチラホラいて安心しました・・・いや、だって僕だけだと恥ずかしいじゃないですか(^^;
 
基本的には僕が聞きながら、テキストの該当ページにメモしたり、ピヨ子さんにささやいたり。
そして帰宅してから復習・・・という流れにしました。

なお「陣痛」とか「破水」とかいう基本的かつ重要な言葉については、日本語で覚えてもらいました。そうでないと、いざというときに通じないですからね。
それから、タイ語と日本語の対訳になっている本を用意したり(これは友人からのプレゼントです^^)、病院連絡用のマニュアル(こちらは英語と日本語)を僕が作ったりしました。

----------

ある日は、友人とフグを食べに。

fugu.jpg

ピヨ子さんは、フグそのものも初めてだったですし(「毒があるんでしょ?危なくない?」と百回くらい聞いてましたがw)、写真にある紙ナベも見るのが初めて。
「どうして燃えないの?」と予想どおりの質問をしてきましたが、説明してもどうしても納得できなかったようです(^^;

なお、別の日にはチャンコ鍋を食べに行きました。
これまた初体験で大喜びしてくれたピヨ子さんだったのですが、なぜかチャンコ鍋のことを「スモウナベ」と覚えてしまい、それ以来何度直しても「スモウナベ!」と言います・・・(笑)

----------

ある日、僕は海外出張していました。
 
仕事も夕食も終わり、ホテルの部屋で何気なくネットしていると・・・なぜかSNS上に「トトロ!シャワーのお湯が出ないよ!助けて!!」との書き込みが。
 
・・・なぜ君は電話をかけてこない?(笑)


と、いうことで、相変わらずオオボケのピヨ子さんなのでした。

(ちなみに、お湯が出なかったのは給湯器のスイッチがOFFになっていただけでした)


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2012-07-17(Tue)
 

あいかわらずのピヨ子さん

こんにちは、トトロです。

ブログ上では安定期に入ったピヨ子さん、あいかわらずマイペースで生きております^^;

----------

ある日のこと。ピヨ子さんが歯科に行ってきました。

実はその前に妊婦歯科検診(うちの区では無料なんです)を受けたときに「ちょっとした治療が必要だし、これは妊婦でも大丈夫」と言われたし、また歯医者はうちのすぐ近くなので一人で行かせたのですね。

そして帰ってきたピヨ子さん、なぜか歯列矯正のパンフを持って帰ってきやがりました(笑)。
見てみると・・・70~100万円もするのですね( ̄□ ̄;)!!

「これ、やりたいの~♪」とか気軽に言いやがりますが、そんな簡単にできる値段ではありません。
そこで「僕は君の八重歯が大好きなんだよ(マジですが^^:)。だから、矯正する必要なんか全然ないんだよ」と説得しましたが・・・いやはや、参りました。

----------

安定期のピヨ子さん。

食欲モリモリで、検診で怒られるレベルになってしまっていたのですが(笑)、最近はなぜかフォ◎クスとかシ◎ラーといったお店に行きたがります。

こんなにステーキ好きだったっけな?と思ったのですが、どうやらビュッフェスタイルが楽しいようです。
前者はサラダやパンが、後者はそれに加えて様々なものが食べれるというのが売りですからね^^

そういやタイでも人気があるのは(&ピヨ子さんが好きなのは)ビュッフェのお店でしたね。
・・・けど、そこまで大盛りにしてると、あとで君が困るんだよ(笑)

↑ちなみにこの予言、後から当たりました^^;
 これについては、また後日。

----------

そういえば、この頃には病院の検査(超音波画像)で「男の子でしょう」ということが分かっていました。

するとピヨ子さん、「タイでは『辰年うまれの男の子はラッキーだ』といわれてるんだよ」と言うではありませんか。

たしか中国でも同じようなことを聞いた気がします。やっぱりタイましてや北部は中国文化の影響を受けているのですね。
へええ、と思ったことでした。

----------

この頃から、病院主催の「両親学級(出産とかの勉強ですね)」が始まっていました。 
テキストも講義も日本語なので、必然的に僕も一緒に参加していたのですが、ある日は病棟の見学もありました。

そして見学会が終わると・・・「あたし個室がいい!」とピヨ子さん。
う”うううう、やっぱりそうきたか。

まあしかし、補助金も出るし、1週間くらいだから大したことないか・・・と個室予約をしたのですが、まさか入院があんなに伸びるとは思いませんでした。

↑これについても、また後日。

----------

ある週末は、テレビでJリーグをやっていたので、浦和x柏の試合を一緒に眺めていました。

ピヨ子さんは「ユニフォームが赤いから」という理由で浦和を応援します(笑)。
コテコテの北部人なので、やっぱり「赤シャツ組」なんですよ(いわゆるタクシン派ですね)。
ましてや対戦相手の柏が黄色(タイでは反タクシン派の色)なので、余計に燃えていたみたいです(^^;

なお試合は、浦和の勝利・・・ピヨ子さん、大喜びでした(笑)


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2012-07-15(Sun)
 

イベントつづき(続)

こんにちは、トトロです。

ピヨ子さんの誕生日と前後して、前年の夏に行った温泉に再訪しました。
彼女が非常に気に入って、「また行きたい!」とリクエストされていたのです。

----------

まずは海老名SAで見つけたキティちゃん(ピヨ子さん、大好きなのです)と記念撮影。

SA.jpg

ちょっとだけ、お腹が目立ってきましたね。

----------

今回はノンビリと車を走らせてきたので、旅館についたときはもう夕暮れでした。
しかし、冬の方が伊豆は景色が綺麗ですね(^^)

yuhi.jpg

----------

そして、今回の料理はカニがメイン!
カニ大好きのピヨ子さん、もう眼の色を変えてむさぼり食ってます。

kani.jpg

それにしても、西伊豆名物の「高足ガ二」というのを僕も初めて食べたのですが・・・いやあ、めっちゃ美味いっす!!
どれくらい美味しいかというと、ピヨ子さんに僕の分(のはず)を1本横取りされたくらいです(笑)。

----------

そしてピヨ子さんにバカウケだったのが、この魚。

kinmedai.jpg

金目鯛の塩焼きなんですが、以前にも話したようにタイ語で「キンメダイ」っていうと「食べられない」って意味になるんですね。
このジョーク(?)がずいぶん気に入ったのか、タイの義父母や親戚に電話で触れ回りまくってました(笑)。
(だからピヨ子さんのご両親がきたときに金目鯛がバカウケしたのですよ^^;)


そんなこんなで、(たぶん)悟飯くんが生まれるきっかけになった旅館で、再度まったりと過ごした僕たちなのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2012-07-13(Fri)
 

イベントつづき

こんにちは、トトロです。

今年(2012年)の1月は、いろいろなイベントが続きました。
ピヨ子さんにとっては年越しや初詣も「イベント」ではあったと思いますが、他にも色々あったのです。

----------

まずは僕の仲間うちで恒例になっている、新年会。
毎年一泊二日で鮟鱇鍋を食べに行くのです。

anko.jpg

鮟鱇は見かけがグロなので引いちゃうかなあ・・と心配していたのですが、実際に食べさせてみると「あら、おいしい♪」とパクパク食べてます^^


そして二次会のカラオケでも、ノリノリです(^^;

karaoke_20120616002138.jpg

来年は、赤ちゃん連れで来れるかな?

----------

そして下旬は、ピヨ子さんの誕生日でした。

cakeandhat.jpg

ケーキは、よく買うお店でカットされて売っているものを、お願いしてホールを作ってもらいました。
そしてこの帽子ですが、実はスイッチを入れると音楽が鳴るのです。もちろん(?)「ふぉーかっちゃん(UFOキャッチャー)」で取ったのですが、買った方が安いというくらいコインを突っ込みました・゚・(ノД`)・゚・。


wai.jpg

それにしてもピヨ子さん、ロウソクの火を吹き消す前にもワイ(合掌)するのですね。
さすがタイ人です^^


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-07-11(Wed)
 

【Live】タイの出生届(余談)

こんにちは、トトロです。

悟飯くんのタイ側での出生届についての余談です。
 
----------
 
家に帰って婚姻証明書を探しますが、見当たりません。
あれだけ念を押したのに・・・と不機嫌になる僕を見て、やっと「こりゃヤバい!」と気付いた(笑)ピヨ子さんがご両親に何か話しかけます。

…と、お義父さんが何か言ってゴミ箱を探り始めました。
どうやら「もしかしたら他にも要るかもしれないな」と思って色々な書類のコピーを持ってきてくれたようです・・・が、「娘夫婦が大使館に行ったから、もう要らないだろう」と思って捨てたそうです(笑)。
  
あわてて捜してみると、婚姻証明書のコピーがありました。
お義父さん、グッジョブ\(^o^)/

----------

さっそくタイ大使館にFAXすると、向こうから電話がかかってきました。
きっと「受領しました」という報告だな・・と思っていると、どうやらまだ書類が足りないようです。大使館員いわく、「これは表裏ある証明書の裏面だけです。表面も送って下さい」とのこと。

しかし、何度探しても表面のコピーは出てきません。
たしかに裏面のコピーを見ると左肩にホッチキスで止めた跡は残っているのですが・・・ううむ、ここらへんがタイクオリティと言うしかないですなあ(溜め息)。
 
けっきょく、大使館に再度電話して「もうすぐご両親がタイに戻るので、向こうの役場で証明書を取り直してFAXをする」ということで勘弁してもらいましたが・・・いやはや、疲れました。
(その後、帰国したお義父さんが書類を役場でもらい、それをスキャンしたメールを送ってくれました。こちらでそれをプリント→FAXして完了。)
 

・・・ということで、皆さんの場合には、「念には念を入れて依頼・確認する」そして「受理されるまでは他の書類も捨てない(笑)」ということをお勧めする次第です(^^;


では、また。


(追記)タイ大使館からは早めに出生証明書が送られてきたのですが、記載ミスが何か所か(笑)。ここらへんがタイクオリティですねえ(^ ^;ゞ


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




 
2012-07-11(Wed)
 

【Live】タイの出生届(続)

こんにちは、トトロです。
 
悟飯くんのタイ側への出生届、続きです。

----------

書類が揃ったら、タイ大使館へ行きましょう。
なお僕たちの場合、ご両親がまだ日本にいたときだったのでピヨ子さんと一緒に行ったのですが・・・これが大正解でした!
・・・なぜかというと、出生届の用紙や記入すべき内容の大半がタイ語だったからです!!

ちょっと考えてみれば当たり前なんですが(^^;、これは迂闊でしたね。けど、たまたま(何となく予感がして?)ピヨ子さんを連れて行ったので、うちはセーフでした。
けども、もし子供を預けられないとかそういった事情がある場合には、ぜひとも事前に大使館で用紙を貰ってきたり取り寄せたりする方がいいですね。
 
それからアドバイスというと偉そうですみませんが、事前にお子さんの名前のタイ語でのスペルを決めておいた方がいいと思います。
たとえば日本語では同じ「あ」という音でも、タイ語では複数あったりしますからね。

----------

手続は順調に進んでいたのですが・・・ここで問題が発生しました。
 
僕たちが持ってきたタイ側の婚姻証明書が「これじゃない」と言われてしまったのです。
どうやらピヨ子さんが(結婚に伴う)姓の変更証明書でOKだと思い込んでしまっていたようです・・・あれだけ何度も何度も何度も何度も(略)確かめたのになあ、と溜め息も出たのですが、そこは何とか頼み込んで「後で自宅からFAXすればOK」ということで納めてもらいました(※これについてはまた改めて)。
 
出生届が受理されれば、大使館から宅配便の着払いで出生証明書が送られてくるそうです。
なお、この出生証明書は(2A)タイのパスポート取得で必要になってくるので、とても大事です。
 
最後に別のカウンターで領収書(実際の費用はゼロですが、受付証明がわりに出すようです)を貰っておしまいです。


出生届の手続きは以上です。


ただし、うちの場合には婚姻証明書を探さなければいけなくなったのですが・・・


<余談は次回に>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




 
2012-07-09(Mon)
 

【Live】タイの出生届

こんにちは、トトロです。
 
時間は前後しますが、ピヨ子さんのご両親が日本にいる間に、悟飯くんのタイ側の出生届を出しにタイ大使館へ行ってきました。

----------

そういえば、子供が誕生したときの手続きについて、全体の流れを書いてなかったですね。
こんな感じになります。
 
nagare.jpg
 

(1)については以前に書いたとおりですね。
・・・ということで、今回は(2A)について書くことになります。
 
----------

まず準備ですが、タイ大使館のWebサイトにあるように書類を揃えてください。

特にタイ側の書類(タビアンバーンなど)は、奥さん(または旦那さん)の実家に保存していることが多いと思いますので、早めに取り寄せておくことをお勧めします。
うちの場合には、来日時にご両親に持参してきてもらいました(が、しかし・・・というのは後日の話)。そんでもって、年末に予定している帰省時に向こうに持ち帰るつもりです。
 
次に日本側で揃える書類ですが、以前に書いたように「出生届記載事項証明」を日本側の出生届出のときに貰っておき、そして子供が戸籍に載ったら(※通常1~2週間くらいだそうです)戸籍謄本も取り寄せておきましょう。
なお、戸籍謄本は(3)日本のパスポート取得でも使いますので2通あるといいでしょう。あ、それから住民票も(3)では必要になるので「ついで」に取っておくといいですね。

そして、出生届記載事項証明と戸籍謄本については、またもや外務省の認証が必要です。
これについては以前にこちらで書いたので、ご参考にしていただければ幸いです。
 
あとの書類は、日本側の親(=僕)のパスポートだったり、タイ側の親(=ピヨ子さん)のパスポート・タイのIDカード・外国人登録証(在留カード)だったりなので、これはコピー&持参すればOKですね。

あ!それから「親子3人で撮った写真」というのが必要です。
これは機会を見つけて誰かに撮ってもらうか、またはセルフで撮っておきましょう。意外と3人で・・って写真は意識しないと撮ってないことがあるので。


いずれにしても上記の準備は時間がかかるので(東京や大阪以外の方や、本籍地が居住地と違う方はなおさらでしょう)、早め早めにやっておくことをお勧めします。


追記
タビアンバーンや婚姻証明書は、子供のパスポートを作るときにも必要になります。
コピーは多めに取っておくと、のちのち便利ですよ(^^)



<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2012-07-07(Sat)
 

2012年1月点描

こんにちは、トトロです。
 
今回は、お正月のあとのエピソードです。

----------

お正月休みに自宅でノンビリしていたある日。
ピヨコさんがいきなり「ねえねえ!子どもの名前は『ショコラ』がいいよ!!」というではありませんか。

・・・ねえ、君のお腹の中にいるのはワンコだったんですか?(笑)

けど面白いので^^、今後は悟飯くんのチューレン(タイでの呼び名=あだ名。本名以外に呼び名をつけるのがタイでの風習のようです)は「ショコラ」にしましょうかね(^◇^)


なお別の日には、ピヨ子さんが熱心に日タイ辞書を見ているので「勉強しているのかな?」と思ったら「ううん、赤ちゃんの名前を考えてるの!」とのこと・・・いや、それだいぶ無理があるぞ(笑)

----------

さて、おせちにも飽きたピヨコさんは、帰省したときに買ってきた蒸し器を使ってカオニャオ(もち米)をよく食べるようになりました。

mushiki.jpg

さすが安定期。モリモリ食べてますが、この食べ過ぎが後に悲劇(?)を招くことになるとは、お天道さましか知らないことなのでした(・・・と、後日の伏線を張ったりして^^)

----------

タイに関する本を読んでいたら、北タイに接するビルマのシャン州の人々はタイ人にほぼ近く、しかも「干し納豆」を食べるそうな。

この件をピヨ子さんnに聞いたら「ちょっと違うけど納豆もあるし梅干しもあるよ(チェンライに)」とのこと。へえええええ。

だからピヨ子さん、納豆も梅干しも平気なんですね。
やっぱアジアはつながってますねえ。

----------

1月の下旬は、中国正月(旧正月)でした。
ご存じの方も多いかと思いますが「タイでは正月が3回ある」と言われます。カレンダー(西暦)の正月、1月か2月にある中国正月、そして4月のソンクラーン(タイ正月)です。

それはさておき、ピヨ子さん「今日は中国正月だから、(もう一度)お年玉ちょうだい!」と言うではありませんか。

「いやいや、君は中華系じゃなくてタイ族じゃん(だから関係ないでしょ)」と言ったら、「いやいや、良い習慣は採用しましょう♪」だと。
・・・お腹に子供さえいなければ首を絞めていたところです(笑)。


そんなこんなで、まあ平和な1月だったわけです。
この月にあったイベントについては、また次回。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-07-05(Thu)
 

【Live】 お義母さんサイコー!

こんにちは、トトロです。
つい先日、約2週間の日本滞在を終えてピヨ子さんのご両親がタイに帰国しました。

僕は平日は仕事があり、またピヨ子さんは悟飯くんを抱えていて・・ということもあり、そんなに色々なところには案内できなかったのですが、それでもご両親は娘(=ピヨ子さん)やマゴ(=悟飯くん)と一緒にノンビリ過ごせたのが、とても嬉しかったようです(^^)

----------
 
彼らが、実はイチバン面白がっていたのは、近所のショッピングセンターへ買い物に行くことでした。
大型スーパーあり、専門店あり、レストランあり・・ということで、これらを見物して回ったり、目についた食材・食品や雑貨などを買ってくるのがとても楽しかったようです。

特に気に入った食材は麺類でした。
何と日本蕎麦の麺や葛切りを使ってヤムウンセン(タイ風の春雨サラダ)を作ったり、タイ風に味付けした焼うどんを作ったりしていました。

それから販売食品で気に入ったのは焼き鳥と天ぷら。
両方ともタイに似たようなものがあるのでとっつきやすかったようですし、特に焼き鳥の場合はあの甘辛いタレが受けていましたね。

ただし、梅酒用のウメをそのまま食べるもんだと思って買ってきちゃったり、ラム肉を豚肉と間違えて買ったり・・・と色々と失敗もありましたが(笑)。
あ、ちなみにラム肉は、ピヨ子さんが塩コショウでグリルしたら「おいしい!」って言ってましたけどね^^;

----------

またある休日には彼らをドライブに連れていきました。

芦ノ湖を回ってから富士山のふもとへ・・というお決まりのコースだったのですが、残念ながら(雨こそ降らなかったものの)曇天で肝心のフジが見えなかったのです・゚・(ノД`)・゚・。

それでも沼津近辺で立ち寄った魚の旨いお店では、大変喜んでモリモリと食べてくれました。
特にウケたのが、手前にある魚の煮つけ。実はこれ、金目鯛なんですね。

tai.jpg

実はタイ語で「キンメダイ」とは「食べられない」という意味なんですよ。
だから、タイ人にとってはジョークとしてめっちゃウケるみたいです。実際に1月にピヨ子さんを温泉に連れて行ったときも(※これについては後日)、彼女がバカウケしてご両親や友だちに電話で報告したほどでした(笑)。

その話を事前に聞いていたこともあり、また味付けもとても口に合ったようで、ご両親はとても喜んでいました。

-----------

さて、タイトルの話になりますが・・・
もうそろそろ帰国というときに、お義母さんがピヨ子さんに話しかけたそうです。

義母「ピヨ子! あんたたちは年末にチェンライに帰省するんだって?」

ピヨ「うん、そうだよー。楽しみにしててね♪」

義母「そのとき悟飯はまだ6ヶ月じゃない! 飛行機に乗せるのは危ないからやめなさい!」

ピヨ「えっ?そうなの? トトロは大丈夫だって言ってたけど・・」

義母「だめだめ! そのかわり、あたしたちがもう一度ニッポンに来るから!」

・・・・・そこかっ!!(笑)


いやはや、よっぽど日本が気に入ったんですね。

それにしても、こんなことを言うお義母さん、僕は大好きです(^^)


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2012-07-03(Tue)
 

はじめての正月~初詣

こんにちは、トトロです。

おせちを食べてから、初詣に出かけることにしました。

----------

これまでの僕の習慣としては年が明けた夜中のうちに初詣に行っていたのですが、さすがに寒いので妊娠中のピヨ子さんにはよくないので、昼間に出かけることにしたのです。
 
しかし、さすがに元日の昼間。
参道は人でギッシリです。これにはピヨ子さんもビックリした様子です。

gyoretu.jpg

しかし、さすがは信心深いタイ人。
ちゃんと辛抱強く待ってから、無事にお参りすることができました。
もちろん(?)安産のお守りも買ってきました。

なおピヨ子さん、初詣に着物で来ている方々を見て「あたしも着たい!」というのですが、さすがに着付けが無理なので却下しました(^^;

----------

ここからは、お楽しみタイム。
ピヨ子さんは立ち並ぶ露天が楽しいらしく、アレコレ買ったり、ゲームをしたりしています^^

shateki.jpg

タイにも似たような露店が出たりするので、余計に面白いようですね。

kuji.jpg

そして最後は、綿あめを買ってご機嫌。

wataame.jpg


「また明日も(お寺じゃなくて縁日に)来ようよ!」とか言いやがったほど(笑)、気に入ったようでした^^


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2012-07-01(Sun)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: