出会い系で出会う

ピヨ子さんの内職

こんにちは、トトロです。

ソンクラーン訪タイから帰ってきた後の、ある日のことです。

----------

いつものようにピヨ子さんとチャットしていると、『ねえねえ、あたし仕事を始めたんだよ!』とのこと。

「どんな仕事?」

『叔母さんに紹介してもらったんだけど、人形にボタンで目を付けるんだよ』

と彼女が見せてくれたのが、これです。

naishoku.jpg

最近チェンライでは、このような《キモカワ》な人形が流行っているようで、僕もナイトバザールなどでちょくちょく見かけます。
この目の部分がボタンになっているので、これを取り付けるわけですね。

今回は「とりあえず2日間で30個作ってね」という依頼だそうですが、この日ピヨ子さんが取り付けられたのはたった4個・・・って、おいおい。しかも2時間かかったそうです(笑)。

----------

翌日ピヨ子さんは夜なべ仕事して、何とか26個完成しました(って、30個じゃなかったのかよ・・・)。

『無事に納入してきたよ! やっぱり仕事するっていいね!』と、それでもなぜかピヨ子さんは《どや顔》ならぬ《どや声》で僕に自慢します。

「それはよかったね。ところで、いくら稼いだの?」

『ひとつ2.5バーツだから・・・え~と、26を掛けて・・・(2分経過)・・・65バーツだよ!!』


おもわず「それだけかよっ!?」とズッコケル僕。
いやあ、けどピヨ子さんが嬉しそうにしていたんで、何よりです。


なお、この内職は『疲れるし目と肩によくない』ということで、今回限りでした(笑)。


ではでは。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-29(Thu)
 

ソンクラーン訪タイ~こぼれ話

こんにちは、トトロです。

今日はソンクラーン編の余談です。

----------

このときは、まだ日本での原発騒動が真っ盛りの頃でした。

タイにいる間にピヨ子さんと「はたしてビザが出たらすぐに来日すべきかどうか」を話しあっていたところ、彼女が『じゃあサッポロかハカタに新居を借りようよ! そして貴方はそこからシンカンセンでトウキョウに通えばいいじゃん!』と言い出すではないか。

・・・いや、それ無理(笑)。
つーか、新幹線のこと知っててエライと思うけど、そんなに早くねーし。だいたい幾らかかるか分かってないでしょ?(^^;

----------

ピヨ子さん曰く、『ソンクラーンでの交通事故死は、チェンライがトップなんだよ!』とのこと。

たしかに、あの物凄い放水を見ていると納得できなくもないんですが・・・どうしてアンタ《どや顔》して自慢げなのよ!?

そこ、ぜったいエバるところじゃないよ?(笑)

----------

セントラルデパートをブラブラしていると、豪雨が降ってきました。
ありゃ、こりゃしばらくは駐車場に行けないねと話していると、何と店内のあちこちで絶賛大雨漏り!・・・って、ここ新築だよね?(笑)

仕方なく店内をうろついていると、こんなヌイグルミを見つけました。

central4.jpg

しかし、何かが違うような・・・?
もっと近寄って見てみると、こんなラベルでした。

central5.jpg

たぶん「幸せを呼ぶカエルの王子様」と書きたかったんでしょうね。
うーん、惜しいですねえ(笑)。


そんなこんなで、ネタには事欠かないピヨ子さんそしてタイなのでした。


ではでは。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-27(Tue)
 

ソンクラーン訪タイ~セントラルでお食事

こんにちは、トトロです。

早くも帰国の日になりました。

----------

午前中は実家でマッタリしたり、町内のマッサージおばさん(この人は達人です!)に来てもらって体をほぐしたり・・・とのんびりモード。

午後はまず親戚の家に。今日も大勢の親族が集まっていますが・・・ここは初めてです。また、宴席(?)の中央上座には見たことのないお婆ちゃんが座っており、みんなが彼女のところに挨拶に行っています。

「あの人は誰なの?」と聞くと、『オリジナル・コケコッコだよ!』とピヨ子さん。
つまりは、コケコッコ家(ピヨ子さんの父方)の本家の長老、沖縄でいう《おばあ》のようです。なるほど、なるほど。さすが母系社会のタイですね。

obaa.jpg

僕も《おばあ》にご挨拶して、サーイシン(白い糸)を巻いてもらいました(^^)

----------

いったん実家に戻ってから荷造りして、出かけます。
これからチェンライ市内に行き、新しくできたセントラルデパートで食事してからバンコク経由で帰国なのです。

さて、セントラルに着きました。

central1.jpg

これはゴールデントライアングルのあるチェンライらしく、タイ語・ビルマ語・ラオ語そしてちょっと先にある中国語で挨拶をしている看板ですね。

----------

今日の夕食は、僕の発案でご両親に日本食をごちそうすることに。
セントラルにはタイでは有名な「Fuji」が出店したので、そこに行きました。

central3.jpg

日本料理になじみの薄いご両親のことを考慮して、頼んだのは焼き魚、焼きそば、トンカツ、味噌汁などの割ととっつきやすそうなメニューです。

central2.jpg

意外と(?)好評だったのが焼きそばと味噌汁。特に後者はちょっと意外でしたね。
そしてお義父さんが「うまい、うまい!」とガツガツ食べていたのがトンカツ。たしかに「日本のトンカツは、実は外国人にウケる」ときいたことはあるのですが、、、いやあ、喜んでもらえてよかった(^^)

そんなこんなしてからチェンライ空港に行き、僕は乗継便で帰国。
次回はちゃんとビザ申請に来れたらいいなあ・・・と思いつつ、国際線で爆睡して翌朝の東京での会議にそなえる僕なのでした。


<ソンクラーン編、次回は余談です>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  

 

JFA

2011-09-25(Sun)
 

ソンクラーン訪タイ~ピクニック?

こんにちは、トトロです。

一夜明け、今日は父方の親戚といっしょにピクニックに行くそうです。

----------

朝起きてノンビリしていると、お義父さんが軽トラックを洗っています。
そして何やらドラム缶と大きなバケツを用意して・・・???

drive1.jpg

分かりました!
これはソンクラーン名物「水かけ」のバトル準備なのですね(^^;
お義父さん、朝から気合入りまくりです(笑)。


そして父方の従姉妹二人を乗せて、クルマは出発しました。
今回は僕もピヨ子さんも従姉妹たちと一緒に荷台です(何せ軽トラックなので席に座れるのは2名だけなのですよ)。

drive-2.jpg


しかしお義父さんが気合が入り過ぎで水も入れ過ぎ!
軽トラが揺れるたびにドラム缶やバケツから水がこぼれて僕らを濡らします(^^; しかも沿道では待ち構えている砲兵陣地(?)からも水が浴びせかけられます。
もう僕たちはビショビショですが、そこはもっとも暑い時期のこと。すぐ乾いちゃいますけどね。

----------

圧巻だったのが湖のほとり(つーか又もやパヤオ湖です。好きだね、どうも)の公園に入るところでした。
駐車場に入るための側道の両側には、なんとホースの放列が!! 両側からいやというほど水を浴びせかけられるという歓迎(?)ぶりです。

それでも公園内は《バトルエリア》と《停戦エリア》に別れているようで、芝生の上でシートを広げてお弁当タイムです。

drive-3.jpg


若い従姉妹たちは再度バトルに参戦しましたが、僕たちは遠慮してノンビリ。
そして帰るころには、湖の綺麗な夕焼けを見ることができました。

drive4.jpg


帰路は僕が運転(ピヨ子さんが助手席)でした。
酔っ払っているお義父さんは、荷台で太鼓を叩きながら歌ったりして上機嫌。ノンビリとした一日が終わったのでした。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ    



JFA

2011-09-23(Fri)
 

ソンクラーン訪タイ~水上ボクシング

こんにちは、トトロです。

川辺のレストランで空き待ちをしているところからですね。

----------

再びブラブラしていると、子供たちの歓声が聞こえます。
なんだろう?と思って目をやると、こんな光景が目に入りました。

game.jpg

そう、これは水上に渡してある棒の上で落としっこをしているんですね。
実は同じようなものをテレビで見たので、ちょっと感動したのですよ(笑)。

それは「世界の果てまでイッテQ」という番組で、「タイの水上ボクシング」として紹介されていたものです。
こちらはレッキとした(?)スポーツらしいのですが、同番組の《お祭り男》こと宮川大輔が挑戦していました。

o0160012010860140204.jpg

こんな感じで果敢に攻めますが、あっさり躱されて・・・

o0160012010860140203.jpg

はい、あっけなく落ちましたね(笑)。


この番組を覚えていたので、ちょっと感動(?)したというわけです。
余りにも楽しそうに見ていたので「あなたもやったらどう?」とピヨ子さんが言ってきますが、残念ながら着替えを持ってきてないので断念しました(^^;

----------

そうこうしているうちに、やっと小屋が空いたので席について食事です。

river4.jpg

意外と?予想どおり?中は狭いですが、なかなか快適です。

river5.jpg

しかし途中から浸水してくるのは、さすがタイ仕様ですね。
まあ、この程度で驚いたり憤慨していたら、タイでは身が持ちません(笑)。なかなか美味しい食事をいただいて、帰途についた僕たちなのでした。


<翌日に続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-21(Wed)
 

ソンクラーン訪タイ~川辺のレストラン

こんにちは、トトロです。

隣村の親戚の家に行ったら、ドライブに誘われたところからですね。

----------

叔母さんの運転する車に乗って山の方へ入っていくこと30分。
これまで来たことがない川のほとりにきました。けっこうな数のクルマが止まってますが・・・ここは何なんだろう?

river1.jpg


「ここは、とてもローカルなレストランなんだよ」とピヨ子さん。え?どこに?
すると、「ほら、川沿いにあるじゃない」と言われました。

river2.jpg

よく見てみると、たしかに川沿いにちっちゃな小屋みたいなものがありますが・・・これがレストランなの?
つーか、これ川面に浮いています。細~い橋(?)を渡って小屋に入るそうです。調理は厨房でやって運んでくれるそうですが、風情があるというかちょっと微妙な感じです(^^;

・・・それに、よく見ると川に入っちゃってる人もいますね。まあ、この時期のタイは一番暑いですから(笑)。

----------

しかし、地元の人たちには大変人気があるようで、なんと満席!
しばらく待っていれば席(小屋)が空くそうなので、それまでブラブラすることにします。

すると、ピヨ子さんの最年少の従姉妹(三歳)が友だちを見つけてきました。
この子は二歳なんですが、すごく仲良しだそうです・・・いやあ、微笑ましいですね(^^)

river3.jpg


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-19(Mon)
 

ソンクラーン訪タイ~サワディーピーマイ!

こんにちは、トトロです。

一夜明け、今日はタイでの《元日》です。

----------

朝起きて、まずはお婆ちゃんの家に行きます。
どうやらタイでは、《長老》のところに行って儀式をやるようです。

peemai1.jpg

果物や各種の食べ物、お水、花などを盛り付けたお盆をお婆ちゃんの前に捧げて、彼女からお経(祝詞?)をあげてもらいます。
・・・ってか、それにしてもお義父さん、すでに顔が白いんですけど(笑)。

----------

こちらはお婆ちゃんちに集まった父方の親族。
なぜだか分かりませんが、このソンクラーン(タイ正月)時期にはタイ人はカラフルなアロハを着用しますね・・・なんでだろう?
それはさておき、《郷に入っては郷に従え》じゃないですが、僕もアロハで参加しています。

peemai2.jpg

・・・ってか、ひとり既に酔っ払って寝てますね(赤丸)。

----------

続いて母方の隣村まで行って、今度は大叔母さんにご挨拶。
そしていつもの叔母さんちに寄って、いつもの従姉妹たちと遊びます(^^)

peemai3.jpg

・・・え?これからお出かけ?

どうやら、僕が行ったことないところに連れて行ってくれるようです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  


 
JFA

2011-09-17(Sat)
 

ソンクラーン訪タイ~パヤオへドライブ

こんにちは、トトロです。

ピヨ子さんの実家で昼食を食べてから、隣県のパヤオまでドライブに行くことになりました。

----------

パヤオには、ドデカイ仏像で有名なお寺さん(ワット・シーコームカム)があるのです。
県名と同じパヤオ湖のほとりに建っており、近隣から観光客・参拝客が多く訪れる名所だそうです。

payao1

門構えはこんな感じ。
境内には様々な露店が軒を連ねており、ひやかして歩くだけでも楽しいです。またお寺の境内ということで、籠に入れた小鳥を売って(?)いるところもあります・・・これを放してやることで功徳になるという考え方ですな。

これらのお店を覗いてから(僕らも小鳥をひとつがい放してやりました)、湖側に行って絶景を楽しみます。

payao2

ピヨ子さん、なぜか《ドヤ顔》ならぬ《ドヤポーズ》してますね(笑)。

----------

続いて大仏のある本堂へ。
いやあ、これがマジでデカいんですわ。奈良の大仏と同じくらいあるんじゃないでしょうか?

今ネットで調べたら、こちらの大仏は高さ16m(基部を含めると18m)、奈良の大仏は15m(同18m)なので、ほぼ同じ大きさですね。タイ北部では最大だそうです。
拝んでいるピヨ子さん(赤丸)と比べると、その大きさが判ると思います。

payao3


最後に本堂出口にズラッと並んでいるミニ仏様にもご拝礼。
この仏様は面白くて、コインを入れるとお経が流れるんですね。

payao4


そんなこんなで、午後は楽しいドライブをしてきたわけです。はい。
明日からは行事やら何やら、忙しくなるらしいですが。。。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  

  

JFA

2011-09-15(Thu)
 

ソンクラーン訪タイ~ちょいと寄り道

こんにちは、トトロです。

ピヨ子さんの実家の新車を引き取ってから、一緒にBig-Cへ行きます。

----------

Big-Cで色々とお買いものをしてレジを出ると、チェンライ・ユナイテッド(タイサッカーリーグのチーム。日本でいうとJリーグですな)のグッズショップが出店していました。

CRUshop

去年は二部リーグだったのですが、今年は一部に昇格しているチェンライ。
なかなか地元では盛り上がっているようです。以前ピヨ子さんと一緒に試合を見に行ったこともありますが、日本のJリーグのような雰囲気でなかなか楽しかったですよ(^^)

----------

買物を終えてから、ピヨ子さんの実家の隣村へ。
こちらはお義母さんの出身地で、母方の親戚が多く住んでいます。

イトコの家に行って、生まれてまだ数か月の赤ちゃんとご対面。
すくすくと育っていて、とても福々しい顔をした子です。僕に抱かれても泣きません(^^)

baby


しばらく過ごしてから、実家に到着。
荷解きしてシャワーを浴びてサッパリしてから、1ヶ月ぶりにピヨ子さんの手料理を味わいます。

shokuji


食事を終えると、ピヨ子さんが「さあ、ドライブに行くよ!」とのこと。
おやおや、忙しいですな。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-13(Tue)
 

漢だ!お義父さん(ソンクラーン訪タイ番外編)

こんにちは、トトロです。

前回ピヨ子さんのお父さん(ここではお義父さんと書きます)が真面目な方だという話をしましたが、これについてのエピソードを。
ちょっとソンクラーン時の訪タイの話からは脱線してしまいますが、どうかご容赦を。
 
----------
 
お義父さんは現在の実家がある村の生まれ育ち(ちなみに、お義母さんは隣村出身です)。
チェンライの経理専門学校を出て、地元の公的サービス機関に就職して真面目に働いて支店長にまで上り詰めた人です。学歴社会のタイにおいては、《叩き上げ》としては素晴しい出世だと思います。
 
ところがピヨ子さんが中学生か高校生の頃。
中央で採用された《キャリア組》の若い人が、そこの支店長として赴任してくることになったそうです。

本店の上司は「君には申し訳ないが、副支店長として彼を支えてやってくれ。もちろん給料はそのままだ」とお義父さんを説得したのですが、彼は「いや、それならば辞めさせてもらいます」とスッパリ職を辞してしまったそうです。
 
これはいわば《男のプライド》なんでしょうね。
お義父さん、格好いいっす!!

----------

その後お義父さんは自分で商売を始めたそうですが、ことごとく潰してしまう有様(^^;
やっぱり生真面目すぎるんでしょうかねえ。ピヨ子さん曰く「昔は自家用車(しかも欧州車だったそうです!)も持ってたのに、パパが商売をしくじったから無くしちゃったのよ」とのこと。いやはや。

しかし、運命の女神はお義父さんを見捨てていませんでした。

数年たった頃、本店の上役たちが彼を訪ねてきました。
何でも《キャリア組》の若い支店長が使い込みだか横領だかをしてクビになったそうです。そして彼らはお義父さんに「どうか支店長として職場に復帰してくれ」と頼んできたのです。

お義父さんはこれを快諾。
そして支店長に復帰しましたが、なぜだか給料テーブルは《リセット》されてしまったので、昔ほどには貰っていないそうです・・・ここらへんの矛盾というかおかしさがタイらしいですね(^^;

----------

それはさておき、ある意味で上に逆らって辞めたのに、いざというときに三顧の礼を持って再度職場に迎えられるというのは、やっぱりお義父さんに人徳や人望があったんでしょうねえ。

実はこの話は、ピヨ子さんと交際中に聞いたんですね。
これを聞いたからこそ、「ああ、この家はマトモなしっかりした家だ」と思ったのも正直なところです。

いつもは寡黙でシャイな、そしてお酒を飲むとすぐ赤くなってしまうお義父さんですが、とっても男らしいところがある人なのです。


ではでは。


<次回はソンクラーンのときの話に戻ります>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ    



JFA

2011-09-11(Sun)
 

ソンクラーン訪タイ~新車キタドー!

こんにちは、トトロです。

今回からはソンクラーン(タイ正月)のときにピヨ子さんを訪ねて行った話を。

----------

午前中の仕事を終えてから成田発の飛行機に乗り、スワンナプーム空港に着いたのは夜遅く。
今日はもうチェンライ行きの飛行機はないのでバンコク市内に泊まるのですが、、、タクシーも運ちゃんもすでに真っ白です(笑)。
(※ソンクラーンでは水をかけるだけでなく白い粉を塗る風習もあるのですが、これは塗るというよりは粉または粉入りの水をぶっかけてますね(^^;)
 
翌朝、国内線に乗ってチェンライへ。
空港に到着してターンテーブル近くのトイレに行くと、白人の家族連れ(たぶん南米系だと思います)の子供たちがさっそく水鉄砲に水を入れてます・・・いやあ、やる気満々ですな(^^)

----------

今日は空港にお父さんと叔父さんも来ていました。
ピヨ子さんに話を聞くと、「新しい車を買ったから、今日はこれから取りに行くんだよ!」とのこと。お父さんは職場の車を自由に使える身分ですが、やっぱり自分の車も欲しいし(※私用で使うのを嫌がるマジメな人なのです。僕を送迎するときには一族で保有しているピックアップを使っています)、それにお母さんが家で商売もしているので必要だとのこと。

それではさっそく・・・ということで、チェンライ市内にあるディーラーに行きました。
着いた先はSUZUKIのディーラー。どうやら日本でいう軽トラックを買ったようです。

---------

そしてこちらが待望の新車です!

car1.jpg

後ろ姿は説明しているディーラーの営業マンですね。


car2

叔父さん(右の白いシャツ)も興味深そうに眺めています。


car3

お値段は、荷台のケージと屋根を付ける費用&LPG仕様への改造費込み込みで40万バーツ。
日本円だと110万円くらいですかね。

----------

余談になりますが、「新車を買った」と聞いてちょっと不安だったんですね。
ご両親には失礼ながら、結納金が入ったり外国人の婿(つまり僕ですね)を持ったりすると、分不相応な車を買ったりするケースがタイでは多いようなので・・・。

しかし、買った車は実家で必要最低限の軽トラック。
しかも結納金20万バーツを全て頭金に入れて、残りの20万バーツはお父さんの職場ローン(※銀行金利より安いそうです)で借りるという堅実さ。
こういう買い物であれば大丈夫そうです・・・いやあ、まったく良い義父母に恵まれたものです。

----------

ちなみにLPG仕様にしたのは燃料費節約のためだそうですが、実家のあるタマゴ郡にLPGスタンドはないそうです(笑)。
チェンライ市方面に出かけることも多いので、そのついでに入れるのだそうな・・・うーん、ここらへんは、やっぱりちょっと理解できないかも(^^;


なお納車の翌日、お父さんが実家の四阿の屋根に引っかけて、車の幌を破いてしまったのは内緒の話ですぞ!(笑)
お父さんはコソコソとステッカーを張ってごまかしていましたが・・・(^^;


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-09(Fri)
 

在留資格認定申請~まとめと余談

こんにちは、トトロです。

今回は在留資格認定申請に関するまとめ&余談です。

----------

まず、こちらの行政書士島田雍士事務所ブログをご覧ください。
これに書いてあるように、中国人配偶者が在留資格認定証明書の交付率は2008年の85%前後から現在は20%台へと急落しています。また「中国人は1例に過ぎません。他の国籍でもほぼ同様の交付率傾向となっています」とあることから、タイ人については実数は不明であるものの、やはりかなり低い数字であると推測されます。

この理由としては、当然(?)偽装結婚が増えているということもあるのでしょうが、それに伴って入管が厳しい審査基準を設けているということもあるでしょう。
この状況をボヤくのは簡単ですが、建設的ではありません。僕たち真面目な結婚をする人間としては、これまでご説明してきたように《如何に認めて貰いやすくなるような資料を提出するか》を考えるべきでしょう。

----------

そうすると、ポイントは以下のように整理できると思います。

・偽装結婚との差別化をする
  ・多くの場面・服装・髪型で、二人だけでなく他の人とも写真を撮り提出する
   (挙式・披露宴で他者と写っている写真を提出するのも効果的)
  ・挙式・披露宴をホテルや式場で行ない、その予約確認書や領収証を添付する
  ・メール・チャット・電話の履歴を圧倒的ボリュームで提示する
  ・足繁く通った方は、その証拠(搭乗券・パスポートなど)を提示する
  ・親族や友人にはなるべく挙式・披露宴に参列してもらう
   (そして写真や上申書でそれを証明する)

・奥さん(こちらを外国人とします)の《身分》を証明する
  ・現在または過去の在職証明をもらう
  ・大卒・院卒だったり国家資格を持ってたりしたら、その証憑を提示する
  ・日本語学校に通っている場合には、その在校証明も取る
  ・観光や出張で日本に来たことがある場合には、それをアピールする
  ・必要に応じて経歴書や上記の《証拠写真》を添付する

・旦那さん(こちらを日本人とします)の《身分》を証明する
  ・在職証明を貰う(会社員・公務員の場合)
  ・自営の方ならば「如何に真面目な商売なのか」をアピールする
   (登記簿、決算書などを添付したり、取引先などから上申書を貰う)
  ・大卒・院卒だったり国家資格を持ってたりしたら、その証憑を提示する
  ・必要に応じて経歴書を添付する
  
・旦那さんの《経済力》を証明する
  ・納税証明だけでなく、源泉票や確定申告書の写しを提示する
  ・持ち家のある方は、積極的にアピールする
  ・預貯金の残高証明を提示する
  ・その他株式などある場合にはそれもアピールする
  ・他に《金目のもの・こと》があれば、それももちろんアピールする

・周囲の協力を得る
  ・家族からの上申書を添付する
  ・仕事関係や友人等からの上申書を添付する
   (特に《社会的身分》の高い人は有効)

・資料構成に気を配る
  ・なるべくPC(ワープロ、表ソフト)を活用する
  ・見やすく参照しやすい構成にする(参照先番号の付与など)
  ・見出しや仕切り紙を活用し、バインダに綴じたりする
  ・出てきた会社・組織・人物などについては必ず連絡先や参照先を付ける
   (電話番号、Webアドレス、担当者名など)

・その他
  ・不利になる事項(例:奥さんの過去の不法滞在歴など)でも正直に書く
  ・上記以外で奥さんや旦那さんをアピールできることがあれば、これもどこかに書く
   (僕の場合、仕事とは関係ないですがある意味信用ある資格や活動についてもアピールしました)
  ・資料は必ずコピーやバックアップを取っておく
  ・提出時にはキチンとした格好で行く


とりあえず、こんなところですかね。
もし何か思い出したら、上記に補記しておきます。

以上、大変長々となってしまいましたが、在留資格認定についてはここまでとします。
ビザについてはまた後日。


ではでは。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-07(Wed)
 

在留資格認定申請~突撃!入管

こんにちは、トトロです。

いよいよ3cmのバインダーをかかえて(笑)、東京入管へ突撃します。
 
----------
 
おっとその前に・・・この3cm分の資料は、ちゃんとコピーを取っておきましょう。パソコンで作った資料も保存やバックアップをしておきましょう。後日ビザを作るときや、今後親族を日本に(観光などで)呼び寄せるときにも役に立ちます。

東京入管は、こちらのページにあるように結構不便なところにあります。
これは、昔むかし港へ船で来る人が多かったころの名残なんでしょうかねえ?
 
入管へは、僕はクルマで行きました。
付属駐車場は一杯だったのですが、近くにコインパーキングがあったので助かりました。入管のあるビルに面した大通り沿いにありますよ。
  
----------
 
さて入管へ向かいます。
ビル周辺にはあやしい雰囲気の人たちもいますが(^^;、無視して中へ入りましょう。エスカレータで二階に上がると、いろいろな色に分けられた窓口があります。

総合受理カウンター(B)はメチャクチャ混んでいましたが、今回僕の用事がある「認定申請」はCカウンターです。
こちらは待っている方が2人。ひとりは中国人らしき女性、もうひとりは背広姿の男性。こちらは「〇〇大学さ~ん」と呼ばれていたので、大学関係者が留学の手続きに来たのでしょうね。

銀行にあるような番号札を取って待つこと15分。あっという間に自分の番が来ました。
1~2時間は待つつもりで文庫本とペットボトルの水を持って行ったのですが、まったく不要でしたね(^^;

なお高田様からいただいたアドバイスによると、入管は午前中しかもなるべく《朝イチ》が空いていて便利だそうです。
この話は後から伺ったのですが、僕はたまたま行ったときの(今回とピヨ子さんが来日した後の)2回とも午前中だったのもラッキーだったのでしょうね。

----------

そしてカウンターに行きバインダーを差し出すと、「あらまあ、ずいぶん綺麗に整理されてらっしゃるのですね」と職員が一言・・・ここで既に《勝利》を確信しました。
  
10分ほど書類チェックを受け、再度呼ばれたときに質問されたのは《これは何回目の結婚か》ということでした。
これはおそらく、あまりにも婚姻回数が多いと「偽装結婚を繰り返している」という疑惑を受けることになるのではと想像しています。
 
その後、無事に書類は受理。
引換証を貰ったときに「どれくらいかかりますかねえ?」と聞くと、「3ヶ月は見てください」とのこと。これにはちょっとガッカリしましたが、実際には・・・おっと、これはまた後日。
 

そして、僕は入管職員にもう一つの質問をしたのです・・・が、これについても別途改めて。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓
   
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-05(Mon)
 

在留資格認定申請~資料構成(続)

こんにちは、トトロです。

今日は、資料構成の続きです。あ、念のために言っておきますが、もちろん以下に出てくる固有名詞は架空のものです(^^;

----------

別紙2

本項には、申請人に関する以下の資料を含みます。

申請人の家族状態登録簿(和文訳添付)
 
申請人の出生登録証(和文訳添付)
 
申請人の氏名変更登録重要書(和文訳添付) ※いわゆる改姓登録証
 
申請人の住居登録証(和文訳添付)
 
申請人の日本語学校在学証明書

申請人のパスポートコピー(顔写真欄)

----------

別紙3

本項には、申請人の配偶者に関する以下の資料を含みます。

配偶者の戸籍謄本(全部事項証明。申請人との婚姻事実の記載あり)
配偶者の住民票(世帯全員分。なお現在、配偶者は1名にて居住している)
配偶者の特別区民税・都民税納税証明書

配偶者が代表取締役を務める株式会社トトロの、登記簿(現在事項全部証明書)
配偶者が代表取締役を務める株式会社トトロの、決算報告書コピー(最新3年度分)

配偶者の自宅地図
配偶者の自宅マンション各階平面図コピー

配偶者の自宅マンション不動産登記簿コピー
配偶者の自宅マンションに関する不動産売買契約書コピー
配偶者の自宅マンションに関するローン借入内容

配偶者の源泉徴収票(過去3年度分)
配偶者の貯金残高証明書

上申書(配偶者の父たる隣野ナミヘイ、および、配偶者の元上長たる宮崎ハヤオ氏)

----------

このように資料をまとめ直してバインダーに閉じたら、2~3cmくらいになりましたね(笑)。


次回はいよいよ、これを持って入管に突撃です!!


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-03(Sat)
 

在留資格認定申請~資料構成

こんにちは、トトロです。

ここまで長々と資料についてお話ししてきました(読まれた皆さん、お疲れ様でした(^^;)。
では、実際にどのような資料構成になったのでしょうか。

---------

以下を読む前に、まずはこちらの高田様のブログをお読みください。
資料のまとめ方やその利点が非常に分かりやすく書いてありますので、いまさら僕がご説明するまでもないと思われますので。

これに基づいて、僕なりに資料構成を考えた結果が以下のとおりです。

■申請書
■質問票
■別紙資料 

この最後の別紙資料の構成に気をつかいました。

----------

まず全体のカバーページとして、「別紙資料一覧」というページを付けました。
内容としては以下のとおりです(実際に出したものを一部伏字したり省略したりしています。以下同様)。


別紙資料一覧

別紙1: 申請人と配偶者(代理人 兼 身元保証人たる隣野トトロ。以下同様)のこれまでのいきさつについて説明した資料、および、それを補足・証明する資料

別紙2:  申請人に関する各種登録証・証明書類

別紙3:  配偶者の職業、収入、持ち家などに関する資料および上申書


このページ以降に、別紙1,2,3のそれぞれのセクションが続きます。

----------

別紙1

本項には、以下の資料を含みます。

知り合ってから結婚にいたるまでのいきさつ
  概要
  結婚前後における配偶者の渡航履歴およびイベント一覧

申請人および配偶者などの写真

配偶者の渡航を証明するもの
  配偶者のパスポートコピー(写真欄および申請人面会のためのタイ渡航時のスタンプ欄)
  配偶者のタイ渡航時の搭乗券のコピー

配偶者の電話通話(インターネット電話)履歴

申請人と配偶者の電子メール(送受信一覧および抜粋)

申請人と配偶者のインターネット・チャット履歴(抜粋)


このセクション別表紙に続いて、各資料を配置したわけです。
次回にご説明する「別紙2」「別紙3」も同様です。


<長くなりそうなので、続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-09-01(Thu)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: