出会い系で出会う

婚姻手続~婚姻届(日本)

こんにちは、トトロです。

おととい、我が家にピヨ子さんの在留許可が届きました\(^o^)/
震災の影響で遅れるという情報があったのですが、それほど遅れずに届いたので嬉しいです。
あとはビザ申請のスケジューリングや実行をしつつ、二人で(余震や原発のリスクも含め)相談した上で来日に向けて準備していきたいと思います。

さて本題に戻ります。
タイ人側で用意すべき書類が全て整ったので、いよいよ日本での入籍です。
 
----------

そうそう。もうひとつ重要な準備がありました。
それは《婚姻届に相手のサインをもらっておくこと》です。

日本の役所に出す婚姻届は全てこちらで代筆して構わないのですが、ただひとつ《届出人 署名押印》という欄だけは相手にサインして貰わないといけません。(外国人の場合、基本的に押印は要りません)

このため、事前に相手方に婚姻届用紙を送るか持参して、サインだけは貰っておきましょう。
なお、書き損じもあるかと思いますので(^^;、どうせなら2,3枚にサインしておいてもらいましょう。残りはポイしちゃえばいいわけですから。

(※補足:僕の住む区では婚姻届は1枚でOKでしたが、市区町村によっては2枚必要な場合もあるらしいです。そのあたりは、事前に確かめておきましょう)
 
----------

それから婚姻届でいやらしい(?)のは、《初婚・再婚の別》という欄があることです。
別にチェックマークを付ける程度ならいいのですが、再婚の場合には前回の離婚(または死別)の年月日を書かなきゃいけないんですよ。

・・・これが覚えてないわけです(笑)。
  
僕の場合、たまたま協議離婚(通常の離婚)ではなく調停離婚だったので、保存しておいた書類をひっくり返して事なきを得たのですが、バツイチの人って皆さん日付を覚えているんでしょうかね?
 
もちろん(?)相手が死別または離別の場合も、その年月日をあらかじめ聞いておくことも必要ですね。
まあ、これらをチェックしている気配はないんですが(^^;、やっぱり念には念を入れておくに越したことはないですからね。
 
----------

最後の注意点は、証人欄です。
ご存知の方も多いと思いますが、婚姻届には成人の承認2名の記名押印が必要です。
 
これは誰でもよいらしいのですが(極論すると窓口の人に書いてもらってもOK)、実は後日お話しする在留資格認定申請のときに、《婚姻届出時の証人2名の住所氏名を書いてください》という質問があるんですね。
 
ですから、住所氏名が分かっている家族や親戚、または親しい友だちなどに書いてもらうことをお勧めします。万が一(?)の場合、この在留資格認定審査の過程で、入管から問い合わせがあるかもしれませんしね。

もちろん、これまで用意した書類や婚姻届については、全てコピーを取っておくことをお勧めします。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-04-30(Sat)
 

婚姻手続~書類準備とトラブル

こんにちは、トトロです。
区役所に出すべき書類がハッキリしたところで、ピヨ子さんが各種書類を役場に取りに行きました。
 
ちなみに、これら準備を始めたのは2010年11月の婚約式(結納)の後です。ご両親との話し合いで、"婚約したら、結婚式前でも入籍手続きを進めていいよ"ということになっていたのです。
 
----------
 
まず(1)独身証明書と(2)住居登録証は、簡単に取れました。
それから(3)申述書(※区の指定書式)については、業者さんの指導の下でピヨ子さんが記入するだけですので、これまた簡単でした。
 
あとは(4)国籍証明書(またはパスポートコピー)なんですが、この時点でパスポートを持ってませんでした。
先に取っておいてしまおうか…とも話していたのですが、業者さんいわく『入籍(改姓)前に取ると、また改姓手続きをするために再度バンコクに行かなきゃならないので二度手間ですよ』とのことでしたので、これは諦めました。
 
それで国籍証明書なんですが、タイではうまく該当するものがありません。
ですが、そこはいくつもの事例を扱ってきた業者さんです。『国民証明書(いわゆるIDカードですね)と出生登録証の2つを出せば大丈夫ですよ』とのことなので、安心しました(^^)。
  
----------
 
書類も揃い、業者さんによる和訳・英訳も終わりました。
次は、これらのうち英訳文を、バンコクにあるタイ外務省で認証してもらわねばなりません。これはつまり、"タイ語の書類と英訳文の内容は同じですよ"という《お墨付き》を貰うわけですね。
 
ところが、ここでトラブルが起こりました。
業者さんのスタッフがポカミスをして、間違ってチェンマイにある支局(っていうんですかね?)に送ってしまったんですね。
 
最初のうちは、"返却遅いなあ。郵便局のせいかなあ"と思っていた業者さん(責任者)ですが、どうにも遅いのでバンコクの本省に電話してみたそうです。
しかし『いやいや、もう送りましたよ』と本省の担当者・・・う~ん、さすがタイクオリティですね(^^; しかも間違って送られてきた支局も支局で、『おたく、間違ってこっちに送りましたね』とでも連絡くれればいいのに、もちろん(?)それもなし。

・・・ということで、2010年のうちに入籍をする予定だったのですが、すっかりスケジュールが遅れてしまったのです。

----------

なぜ2010年のうちに…と思っていたかというと、理由は2つあります。
ひとつは、一日も早くピヨ子さんに来日して欲しかったということ。そしてもうひとつは、12月末までに入籍すれば日本の税務署で扶養控除が受けられるからです・・・後者はセコくてすいません(^ ^;ゞ

この遅れのために、後にお話しする在留資格認定申請も東京入管のラッシュ時期(留学生が多く来る時期なので)に当たってしまいズルズルと遅れてしまったのですが・・・

・・・ご存知のとおり、今回の大震災がありました。

語弊があったら申し訳ありませんが、本当にピヨ子さんがまだ来日してなくてよかった、と思いました。
まったくもって《人生塞翁が馬》ということを実感したしだいです。


《続きます》



 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2011-04-28(Thu)
 

婚姻手続~区役所へ

こんにちは、トトロです。
下調べをした僕は、区役所に行って聞いてみることにしました。

----------

区役所の窓口で話をすると、『お相手はどこの国の方ですか?』と聞かれました。
「タイです」と答えると、係員が奥からバインダーを持ってきてくれました・・・さすが東京、どうやら国際結婚も多いようですね(※調べてみたところ、いま全国平均で国際結婚が5%くらいあるようですから、東京はもっと多いのでしょう)。
 
こちらは在タイ日本大使館の該当ページのプリントアウトを持って来ていたので、それに沿って質問すると『いやあ、あなたはよく調べてきてますねえ。それなら話は早いです』と言われました。
・・・へ? 他の人って下調べしないで来てるの?と、逆に驚いてしまいましたが(^ ^;ゞ

----------

それはさておき、僕の住んでいる区では以下の書類が必要なことが分かりました。

(1)独身証明書 +同英訳文、和訳文 各1部
(2)住居登録証 +同英訳文、和訳文 各1部
(3)申述書(※区の指定書式)
(4)国籍証明書+同英訳文、またはパスポートコピー  

つまり・・・(1)(2)は、大使館の話と同じですね。
(3)も書式が区の指定というだけで問題ありません。追加されたのは(4)ですが、これについても想定の範囲でした。
 
----------

さあ、これで準備をすることができます。
さっそくピヨ子さんと業者さんに連絡をして、タイ側での準備をしてもらうことにしました。


《続きます》


【追記】
なお一般に、タイ人側に離婚歴がある場合には前回の離婚を証明する書類、また(離婚有無にかかわらず)改名歴がある場合にはそれを証明する書類がそれぞれ必要なようです。
ピヨ子さんの場合には初婚かつ改名歴がなかったので、その点は楽でした。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA




2011-04-26(Tue)
 

婚姻手続~準備

こんにちは、トトロです。
今回からは婚姻手続(いわゆる入籍)についてお話しします。

----------

最初は準備ですが、僕の場合にはまずネットや知人に聞いたりして《予習》しました。
ネットでは、在タイ日本大使館WEB、および、在京タイ王国大使館WEB、さらには前回でも触れた「プラスティック・ラブの彼方に(旧版)」ブログ、その他もろもろのサイトを見ました。 また、翻訳・支援業者からもマニュアルが送られてきたので、もちろんそれを読みました。
 
その結果はじめに分かったことは、婚姻手続は日タイ両国で行なう必要があるということです。
これは、ある意味で当然ですね。日本にもタイにも戸籍(法)がありますので、両方の国でやらないと片方の国では既婚、もう片方では独身とみなされてしまいますからね。
 
次に両国での婚姻手続の順番ですが、これは日本が先でもタイが先でもOKだそうです。
ただし、タイで先に婚姻手続をする場合には日本人が訪タイする必要がありますので(逆の場合にはタイ人が訪日する必要はありません)、僕たちの場合には(1)日本→(2)タイの順番で手続きすることにしました。
 
----------

さて、在タイ日本大使館WEBによると、最初に日本で婚姻手続する際に必要なタイ人側の書類は以下のとおりです。
なぜこのような書類が必要かというと、日本人ならば戸籍を照会すればお互いに独身であることがすぐに分かりますが、外国人の場合にはそれが分からないからですね。
 
(1)独身証明書 1部 (+同英訳文、和訳文 各1部)
(2)住居登録証 1部 (同上)
(3)申述書  1部 (タイ語および日本語)
(4)その他   


まず(1)は、前述したように《結婚相手が独身であること》を証明するためのものです。
(2)は、おそらく日本でいうところの《住民票》だと思えば理解できます。つまり、(これはあくまでも僕の解釈ですが)(1)(2)を合わせて日本の戸籍に相当する証憑になるのでしょう。
 
(3)は、在タイ日本大使館によると"婚姻要件具備証明書(※トトロ注:独身証明のこと)が得られない方で、受付役場が独身証明書のみでは要件不足だと判断した場合には、タイ人当事者は申述書を作成し他書類と併せて提出して下さい"とあります。ふむふむ。

(4)については、同上によると"手続きをする役場で他書類を求められる場合がありますので、その場合は、その書類も用意して下さい。例:パスポートのコピー・出生証明書・IDカード他"となっています。


ふうむ・・・そうすると、僕の住む町(※都内某区です)の役所に行って、確認しなきゃいけないですね。


《続きます》


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA


2011-04-24(Sun)
 

各種手続~はじめに

こんにちは、トトロです。

今回からは、結婚やいわゆるビザ関係の話をしようと思います。
本稿を書いている時点では、まだ全てが終わっているわけではないですが・・・それらについては進展があり次第また書いていこうと思っています。

なお、僕が各種手続を進めるに当たっては、"プラスティック・ラブの彼方に"ブログ(旧版)の内容を大いに参考にさせていただきました。
著者の高田様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 
----------

さて、これら手続きのステップは、大別すると以下のようになります。

0.翻訳・支援業者の選定

1.日本での婚姻手続(いわゆる入籍ですね)

2.タイでの婚姻手続

3.在留資格認定証明書の取得

4.配偶者ビザの取得

なおステップ0については、タイ語の流暢な方ならば必要ないかもしれませんが、大抵の方々には必要なものではないかと思って入れてあります。
 
----------

0.翻訳・支援業者の選定

各ステップでは、いろいろな書類のタイ語⇒日本語/日本語⇒タイ語の翻訳が必要になります。これをお願いするのが翻訳業者ですね。
また、タイの外務省で認証を貰ってくるのを代行してくれたりとか、一連の手続きの詳細についてアドバイスしたりしてくれたりするのが支援業者です。
もちろん、両方を兼ねている業者もあります。

僕(たち)の場合は翻訳だけでもいいかなあとも思ったのですが、タイ外務省の認証だけのためにピヨ子さんにバンコク往復を何度かしてもらうのも大変ですし、また《時間と手間をお金で買う》という考え方もあるかなと、両方をやってくれる業者を探すことにしました。

探し方と決定の仕方は、前回お話しした日本語学校のときと同じです。
まずピヨ子さんに下調べをして来てもらい、僕が訪タイしたときに実際に業者の責任者の方とお会いして決定するという方法です。 

この方法は、僕のように足繁くタイに行く人にはとても有効だと自画自賛しています(^^;
さて、次回はいよいよ日本での入籍手続きに進みます。

 
《続きます》



 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA


2011-04-22(Fri)
 

日本語学校~費用

こんにちは、トトロです。
先週あったソンクラーン(タイ正月)のため、週末だけですがチェンライに行ってきました。
多くの親族と再会したり、隣県に遊びに行ったり…とリフレッシュできました(^^)
 
----------

日本語学校の件ですが、リクエストをいただいたので費用の話を追記します。
 
タイにある日本語学校では、大抵の場合はグループレッスンとプライベートレッスンがあります。
前者は10人前後のクラスで一緒に勉強するかたちで、学校の授業を思い出していただければ分かりやすいと思います。後者は先生とマンツーマンで勉強するかたちです。この他にも、学校によってはセミプライベート(2~3人)という形式もありますね。

ピヨ子さんの場合プライベートレッスンを選択したのは前述のとおりです。

----------

さて費用ですが、1レッスン(≒1時間)当たり200~300バーツ程度です。多くのレッスンを申し込むと割引があります(これは学校によって制度が違うと思います)。

ピヨ子さんの場合、まずは最小単位で申し込みました。これは相手方にもはっきり言いましたが《お試し受講》ですね。実際にやってみないと内容は分かりませんし、また先生や学校のやり方との《相性》もありますので。

この《お試し受講》で彼女のOKが出ましたので、その後はドカーンと申し込んで割引の恩恵に預かりました。
しかし現在は、震災の影響でいつピヨ子さんが日本に来られるか不透明になってしまったので、あまり多すぎるレッスンを申し込むと無駄になるかも?と思い、再度申込み単位数を小ロットにしています。
 
----------

具体的な金額については、以下のような感じです。
 
まず授業料ですが、1ヶ月=4.5週間とすると、週当たり4レッスンですので計18レッスン。平均で250バーツ/レッスンとすると・・・(えーと)4,500バーツ/月ですね。
それから、ピヨ子さんは市内じゃなくて郡部に住んでいますので、往復の交通費やら昼食代やらオヤツ代やら(笑)がかかります。これらに前述のレッスン代を合わせて、概ね10,000バーツ/月というところですかね。
 
なお学校に話を伺ったところ、日本語検定5級(いちばん下の級ですね)レベルになるまで平均で150時間ほどかかるとのこと。これに従って計算すると、授業料だけで37,500バーツかかることになります。ピヨ子さんのペースに換算すると8.5ヶ月くらいですかね。
今ちょうど彼女は8ヶ月経過したところですので、だいたい合ってるかなあ?というくらいの習得レベルになってます。

----------

なお上記については、あくまでもチェンライでの話です。北部は物価が安いので、授業料もバンコクとかに比べると多分けっこう安いと思います。

したがってバンコクの場合には、最低でもこの5割増しくらい見当で考えていただければと思います。


以上、ご参考になれば幸いです。

ではまた。



 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-04-20(Wed)
 

日本語学校

こんにちは、トトロです。
今日はピヨ子さんの日本語学校についての話です。
 
----------

結婚を決めてからすぐ、ピヨ子さんに日本語学校に通ってもらうことにしました。
彼女は英語はかなりできるのですが(※僕らの会話も、通常は英語です)、やはり日本で生活するためには日本語は欠かせません。
 
僕がインターネットで調べたり、彼女が周りに聞いたりしたところ、ピヨ子さんの実家から通える範囲にある学校は数か所あることが分かりました。
 
そこで、まずピヨ子さんの時間があるときに全ての学校を回って見学してきてもらいました。
そして僕がチェンライに行ったときに、彼女がつけた「仮順位」の順番で僕も学校を訪れて責任者と話してみる、という2段階の方法を取りました。
 
その結果、ピヨ子さんの印象が一番良かった学校が、僕からみても信頼できそうなところでしたので、そこに決めました。
 
----------

ピヨ子さんの授業は週2回、1回あたり2時間(2コマ)のプライベートレッスンです。
もうちょっと週当たりの回数を増やしてもよかったのですが、僕がみたところピヨ子さんは《じっくりタイプ》なので、復習に時間を割いた方がいいだろうという判断です。
 
実際に最初のうちは『もっと行きたい!』と言っていたピヨ子さんでしたが、だんだん内容が難しくなるにつれて『やっぱり週2回でいいや。てへっ♪』と変わりました(笑)・・・いや、彼女の名誉のために言えば、この学校は結構ペースが速いんですよね(^^;
 
----------

担任の先生はピヨ子さんと同年代の女性ということもあり、また相性も良かったようで、仲良くやっているようです。

先生はタイに来て間もないのでタイ語が流暢ではありません(英語も・・・だそうです(^^;)。 
しかし、この学校では《日本語で日本語を教える》方式が基本ですし、またこれはある意味でピヨ子さんにとっては良い環境です。必然的に日本語中心で会話するしかないですからね。
 
結婚式の前後では、やはり若い女性同士ということでその話題がけっこう出たようです。
「ちゃんと日本語で話してる?」と聞いたら、『うん、日本語だよ~♪』というので放置しておきましたが・・・やっぱ先生もお年頃なんで、話が弾むんでしょうね(^^;
 
----------

ちなみに、この間《いつもお世話になっているから》ということで、先生にちょっとしたプレゼントをしたのです。
帰宅してからピヨ子さんに「どうだった?」と聞くと、『はい!せんせいは、とてもざんねんでした~♪』とピヨ子さん。

・・・まだまだ日本語上達への道は長いようです(^^;


それでは、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA


2011-04-18(Mon)
 

プレ・ハネムーン~バンコクへ

こんにちは、トトロです。
短いけど内容充実・楽しさ満点だったプーケットを後にして、バンコクに向かいます。
 
----------

The Blue Marine Resort & Spa》をチェックアウトして予約しておいた車でプーケット空港へ。
搭乗手続きしてから、喫煙所が付属しているパブで一服。ちなみに通常の喫煙所もロビーにあります・・・国際空港からだからかな?
空港内のブースでピヨ子さんの帰路(バンコク→チェンライ)のチケットを買い、ついでに売店で僕の家族(両親と兄一家)へのお土産を買ってから、いざバンコクへ。
 
バンコクに到着後、ホテルに入ってしばし休憩していると、市内に住んでいる叔母さんがクルマで迎えに来てくれました。
今日はこれからデパートに買い物に行き、そして夜にはバンコク在住のピヨ子さんの親戚と食事会なのです。
 
----------

まずは前回バンコクに来たときに注文しておいた結婚指輪です。
出来上がりを見てみると・・・僕の奴、でかっ!! まるでブレスレットですね(爆)。

ring

タイ人のピヨ子さんのこと、てっきりゴールドを選ぶかと思ったらプラチナになりました。これは僕の趣味とも一致するので、結果オーライです。

ちなみにお値段はペアで6万バーツΣ( ̄ロ ̄lll)
ご両親との話し合いで《結婚指輪はお互いに贈り合う》ということにしていたので「ちょっと申し訳ないかな」と思っていたのですが、この直前にお母さんが宝くじで10万バーツ当てるという引きの強さ(^^)・・・ということで、遠慮なく折半させてもらいました。

どうやら僕とピヨ子さんが付き合って以来いろいろな慶事が重なるので、僕は《ラッキーボーイ》と認識されているようです。これは何より(^_^)v

-----------

それから、ピヨ子さんが結婚式で履く靴です。
彼女が選んだのは・・・やっぱりキンキラキンです。シンデレラかよっ!?とツッコミたくなりますが、もちろんそんなことは言いません(^^;

shoes

これは700バーツくらいだったと思います。日本人的感覚では安いですね。
 
----------

買物が終わったところで、親戚と合流して食事へ行きます。
今日は中華レストランです。中華好きの僕としては嬉しいですね(^^)

duck

北京ダック、美味かったです~♪


paa

叔母さんの子供(ピヨ子さんにとっては、一番年下の従姉妹ですね)とは、仲良しになりました。


all

最後にみんなで、はいパチリ!


・・・ということで、プレハネムーンはおしまいです。楽しかったなあ(^^)


それでは、また。 


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA




2011-04-16(Sat)
 

プレ・ハネムーン~FantaSea(続)

こんにちは、トトロです。
この記事は予約投稿なのですが、予定どおりであれば今日からソンクラーンのためにピヨ子さんのところに行ってきます。地方での行事は初めてなので、ちょっと楽しみです(^^)

さて、Phuket FantaSeaのレストランに入りました。

----------

レストランの内部は巨大です。
数千人のキャパシティがあるようで、料理も色々なものがあります。

fs5


とりあえずガッツリ腹ごしらえをしましょうかね。

fs6

----------

食事をしてから、シアターに行きます。
ところが、ここではカメラを預けなければならないんですね。ああ面倒くさい(^^; 中に入ってみて分かったのですが、館内で(ショーに出てくる)キャストや動物たちと記念撮影が有料であるからのようです。うーん、商売上手というかセコイというか・・・けど、それにしても800バーツは高すぎないかい!?

ということで、ショーの写真は公式サイトから借用したイメージで。
 
fs10
fs11
fs12

短いエピソードが連続し次第に盛り上がっていくさまは、なかなか見応えがありました。
しかし、これで一人1,900バーツ(レストラン&ショー)というのは、さすが物価高のプーケットという感じですかね。まあ新婚旅行なのでマイペンライですが(^^;


そして帰りには親鳥につつかれる(?)ピヨ子さんなのでした。

fs7


The Blue Marine Resort & Spa》までは小型のソンテウで帰り、最後の夜をラブラブで過ごしましたとさ♪


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA



2011-04-14(Thu)
 

プレ・ハネムーン~FantaSea

こんにちは、トトロです。
夜は《Phuket FantaSea》というところへ出かけます。

----------

このFantaSeaというのは、タイ版ミニ・ディズニーとでもいうのですかね?
ビュッフェレストランとシアターがメインで、その他ステージやショップなどがある遊園地(?)です。

fs1

パトンビーチ地区の北にあり、僕らのホテルからは車で10分か15分ほどのところにあります。
ここは基本的に予約制なので、僕らもあらかじめネットで「ビュッフェ+シアター」のパッケージを予約しておきました。
 
fs2


中に入ると、なかなか《ファンタジー》してますね。
ここのミニステージでも、何かショーをやっていました。
fs3


園内をブラブラしてから、とりあえず腹ごしらえのためにレストランに来ました。
やっぱりタイなので、キンキラキンですね(^^;

fs4


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA




2011-04-12(Tue)
 

プレ・ハネムーン~海へ

こんにちは、トトロです。
チェンライのセントラル・プラザが、何と予定どおりに(笑)オープンしたそうです。ピヨ子さんが大好きなマクドナルドもあるそうなんで、次回チェンライに行ったときに覗いてみようと思います。

プーケット3日目になりました。

----------

今日はビーチへ出かけます。
The Blue Marine Resort & Spa》のバスに乗って、パトンビーチの中心部へ。
 
sea


しばらくビーチロードをお散歩してから、適当な場所のビーチチェアに陣取ります。
食べ物を買いに行ったピヨ子さん、ありえない量を買ってきました(笑)。
 
chair


ご飯を食べてから、浜辺をそぞろ歩き。ピヨ子さん、ご機嫌です♪

beach


ちょっとちょっと、あなた!
何ハートマークとか書いてるんですかっ!?こっ恥ずかしいじゃないのさ!(笑)

rakugaki


ホテルに帰ってからプール遊びしていると、ポツポツ雨が降ってきたので部屋でお昼寝。
そして夕方になって、再度お出かけです。


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA



2011-04-10(Sun)
 

プレ・ハネムーン~まったり

こんにちは、トトロです。
昨晩の東北地方の地震(最大余震?)は大きかったですね。僕はテレビとケータイの警報で飛び起きてから、しばらくは原発が心配で眠れませんでしたが・・・。
 
さて、プール遊びを終えて、午後はショッピングです。
 
----------

The Blue Marine Resort & Spa》では、パトンビーチ行きとセントラルデパート行きのバスが運行されています。
ビーチに行くのは明日にして、今日はセントラルデパートにショッピングへ行くことに。
 
店内をブラブラしていると、面白いTシャツがあったのでお買い上げ。

Tshirt

その後、食事をしてから屋外のカフェで一休み。ああ、いい天気だ(^^)

tea

---------

ホテルに戻ってから、予約してあった併設のスパへ。
The Blue Marine Resort & Spa》と言うだけあって、立派なスパ棟が独立して建っています。
 
ピヨ子さんは、最初は『いいよいいよ。もったいないよ~』と言うのですが、やっぱりやりたかったみたいでニコニコです。
付き合っているうちにだんだん性格が分かってきました・・・まあ僕も、昔なら額面通り受け取る《理系的性格》だったわけで成長したと思われ(笑)。

spa


ピヨ子さんは、スチームサウナ・ボディスクラブ・タイマッサージ・ホットハーブパックのセット。
ボディスクラブは、ハーブ・はちみつ・ジンジャー等から選んで、それを体に塗りながら施術するですが、彼女はコーヒーを選択しました・・・『だって貴方コーヒー好きでしょ?あとで美味しくなるから』という危ない発言があったのですが、まあハネムーンということで(^^;

僕は背中・肩・首40分+タイマッサージ60分をチョイス。
ちなみに、カップルは同じ部屋に2つ並んだベッドの上でサービスを受けます。これもいい趣向ですな。
すっかりほぐして貰って、僕は一足先に戻ってマターリ。少々お疲れ気味&風邪気味かも。

けっきょくピヨ子さんが戻ってきたのは予定の2.5時間をはるかに過ぎて4時間近くたってから。のんびりスチームに入っていたらしい。ここらへんは店も客もタイクオリティですね(^^;

----------

今日は雨模様なので、ホテルレストランでシーフード尽くしの夕食。パイナップルチャーハンと海鮮グリルスパが旨かったです。

dinner


The Blue Marine Resort & Spa》の部屋に戻ってきてから石造りの浴槽に二人で入ってのんびりしてから、おやすみなさ~い♪


<続きます>



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA


2011-04-08(Fri)
 

プレ・ハネムーン~プール遊び

こんにちは、トトロです。
そろそろソンクラーン(タイ正月/水かけ祭り)ですが、僕もちょこっとだけタイに行けそうです。これまで経験した盛り場のそれと、ピヨ子さんの実家のような田舎での違いを見てこようと思います。

さて、《The Blue Marine Resort & Spa》名物(?)のシャトルで送ってもらって、部屋で着替えます。
 
---------

プールはレストランの隣、僕らの宿泊棟の真下です(他にも1か所ありました)。

pool5

画面中央に見えるのは、こんなかたちのテーブルとイスです。

pool4

面白い趣向ですね(^^)
もちろん(?)隣のレストランやプールバーに頼んで、ここで飲食することができます。

----------

実際にプールに入ってみると、こんな感じでプールが海につながって見えます。

pool2

あまり泳ぎの得意でないピヨ子さんに水泳を教えたり、彼女の好きなジャグジーでリラックスしたり・・・と、まったりした時間を過ごしました。

pool


いやあ、極楽、ゴクラク・・・って感じですね(^^)


すいません、今日はモロに手抜きで。けど、ピヨ子さんのセクシーショット(?)に免じて許してくださいませ。


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-04-06(Wed)
 

プレ・ハネムーン~ホテル内お散歩

こんにちは、トトロです。
僕らの宿泊塔から、朝食を取りに下りていきます。
 
----------

この《Blue Marine Resort & Spa》のレストランはプールサイドにあり、ここもまた良い眺めです。
この日は朝から暑かったので日陰で朝食をとりましたが、奥に見える柵沿いの席に座れば眼下に海が広がります(^^)

Bfast


朝食を終えてから、腹ごなしがてらホテル内をお散歩。
実はこのホテル、こんな山の斜面に建っています。だから、どこからでも海が一望できるのですね。

hotel6

もうちょっと寄ってみると、こんな感じです。

hotel9

しばらく下りていくと、こんな風景にも出会えます。いやあ、凄い!

hotel10


・・・かなり下まで来ちゃいました。
これだと登るのが大変なのですが、実はこのホテルは24時間シャトルが構内を走っているので、どこへ行くにも送り迎えしてくれるのです。いやあ、気が利いてますね。


お散歩を終えてからは、ピヨ子さんのリクエストでプール遊びをすることにしました。


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-04-04(Mon)
 

プレ・ハネムーン~ホテル客室

こんにちは、トトロです。
このブログが10,000アクセスを突破しました。皆様に感謝すると共に、今後とも宜しくお願い申し上げる次第です。

さて、プーケットでの初めての朝を迎えました。
 
----------

今回泊まったホテルは、パトン地区の外れにある《The Blue Marine Resort & Spa》。

ホテルの客室は、こんな感じです。

hotel12


なぜかバスルームと部屋の間の窓は、開くようになっています。
まあ僕たちは新婚さんなんで問題ないんですが(^^;
 
hotel3
 

山の斜面ぞいに低層の棟が連なっているかたちなので、どの部屋からも海が一望できます。
これは気持ちいいです。
  
hotel

僕らの部屋の真下はプールと、その隣のレストラン。
そしてプールの先には海が広がるという、まさに絶景です\(^o^)/
 
ちなみにプール側から見ると、こんな感じです。
僕らが泊まった部屋は、丸印のところです。

hotel5

さあて、そろそろ朝ゴハンに行きましょうかね。


<続きます>


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



JFA

2011-04-02(Sat)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: