出会い系で出会う

続:怒涛のカレンダー

こんにちは、トトロです。

一回飛んでしましましたが、怒涛のカレンダー、後半です。
 
----------

なお、こまごました買い物とか荷物運びとかは毎日のようにやってたので(^^;、省略しますね。

 
Day イベント
25 タイ帰国⇒友人と食事
26 引っ越し/クルマ引き渡し
27 チェンライへ移動
28 実家でカニ鍋パーティ
29 ホテルでまったり
30 日本向け食材・お土産買い出し/携帯のプリペイド化
31 バンコクに戻る/ちょっと残念な(笑)最後の夜
32 最終準備⇒日本へGO!
33 日本到着/市役所へ
34 電器屋でオトナ買い
35 ガス開栓
36 入社前の(笑)地方出張
37 クルマ納車
38 整体へ
39 昔の同僚との「同窓会」
40 家具屋
41 最後の給料日(日本にいるので引き出せずw)
42 大使館
43 友人と食事
44 ハロウィンイベント
45 母子手帳とワクチンバウチャー受け取り
46 親族食事会(母の命日)
47 ネット開通家具届く
48 新会社での業務スタート!


・・・ふうううううう。


なお、仕事を始めたものの、まだタイからの引っ越し荷物は届いてません(^^;

ということで、とりあえずひと段落だったはずなのですが・・・・


<続きます>






 クリックしてくださると励みになります(^^)
↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2015-07-13(Mon)
 

続:ビザ申請アゲイン(準備編2)

こんにちは、トトロです。

ビザ申請準備の続きからですね。

----------

まず(11)下記証明書のうちいずれか1点(※詳細略)ってやつです。

これは以前にお伝えしたように、最初の「配偶者の在職証明書(配偶者の所属会社が作成した役職名・入社年月日および月給の記載にあるもの)および帰国発令書」に準ずるものとして、タイでの在職証明(入社日、退職予定日、役職、給与を記載)および新しい日本の会社での内定通知書(入社予定日、役職、給与を記載)を揃えました。
つまり、後者が帰国発令書の代わり、ということになりますね。
 
自分でいうのはおこがましいのですが、タイでも日本でも役所の審査的には(笑)恥ずかしくない役職名と給与額です/でしたので、これは良かったと思います。
 
----------

次に(6)配偶者作成の渡航理由書ですが、これについては「在留資格認定証明書を取得せず本申請を行う理由も記載」と書いてあります。

よって、ここは淡々と(?)、以下のように書きました。
・タイで働いてたけど、日本の会社に転職することにしたよ(=渡航理由)
・今タイに家族で住んでるし、しかも幼い子供も2人いるんだから、日本で在留申請をしたら、けっきょく4人で行かなきゃいけないのでお金も時間もかかって大変だよ(=本申請を行なう理由)

特に後者については、「幼い子供がいる(※この時点で、悟飯くん2歳、ブルマちゃん0歳)」ということ、「一家4人で申請のために行ったらお金がかかる」ことを強調しておきました(^_^)v

--------

最後の(9)婚姻に至る経緯書については、「配偶者が日本語で作成し、知り合った時期、場所、紹介者、交際の状況、挙式の時期・場所等できるだけ詳細に記載したもの」と書いてあります。
これについては、前回ピヨ子さんの在留許可を取ったときのワードファイルが残っていたので楽でしたね(笑)・・・けど、こちらでお話ししたように、やっぱり残しておくことは大事ですね。

それから、勝手に追加(笑)したことが2つ。

ひとつ目は、単に上記のように結婚するまでの経緯を書くだけでなく、「結婚後、今までどうしていたか」というのを書きました。
具体的には、「ピヨ子さんは在留許可&ビザを取って日本に来て住んでいたよ(※各種登録番号など付記)」、「翌年にはビザを更新したよ。けどタイに一家で引っ越しちゃったから今年(※当時)の春に切れちゃったよ」、そして「結婚の翌年には第一子(悟飯くん)が生まれたし、タイに行ってからは第二子(ブルマちゃん)も生まれたよ」ということです。
つまりこれらは「円満な家庭生活を営んでいた」ということと、「ちゃんとビザを取りかつ更新していた(=日本国wに迷惑をかけていない善良なwww人ですよ」ということをアピールしたわけです。

ふたつ目は、例によって(?)写真攻撃です。
要求されているわけではないんですが、上記を「証明」するためにも、婚約式・結婚式に始まり、新婚旅行、結婚後の(前回の)日本での生活やその後タイに住んだ時のスナップなどを取り揃えて添付しました。
もちろん(?)悟飯くんやブルマちゃんもばっちり写っている写真も盛り込んであります。これは(言わずもがなですが)上記の「円満な家庭生活(笑)」の証拠にもなりますからね。

なお初回のときにはほんの40枚ほど(笑)添付したんですが、今回は12枚くらいですかね^^;
ちなみに(どうでもいい話ですが)なぜ4の倍数かというと、A4用紙に貼れるのが写真4枚だったからです。はい。

・・・ということで、準備万端整ったわけなのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-03-05(Thu)
 

ビザ申請アゲイン(準備編)

こんにちは、トトロです。

ビザ申請がタイで可能ということが分かったところからですね。
 
-----------

その後JVAC(日本ビザセンター)に問合せたときに分かったのですが、申請から何と3日でビザを出してくれるとのこと(※もちろん、審査が通れば・・・ということですが)。

よって、他の用もいろいろあるので、まずは日本に僕だけで帰国することに。
そのときに僕の戸籍謄本も取ったりしつつ、書類を準備していったのです。

----------

さて在タイ日本大使館によれば、今回のような場合に必要な書類は以下のとおりです。
ちなみにタイトルは「日本人配偶者がタイ国に居住している場合で、在留資格認定証明書の交付を受けずに「日本人の配偶者等」の査証を申請する際に必要な書類等一覧」・・・長ええええwww

(1) 旅券
(2) 査証申請書
(3) 申請者の写真
(4) 質問票
(5) 住居登録証(タビアン・バーン)
(6) 配偶者作成の渡航理由書
(7) タイの婚姻証明書
(8) 配偶者の戸籍謄本
(9) 婚姻に至る経緯書
(10) 配偶者の旅券
(11) 下記証明書のうちいずれか1点                  
  ・配偶者の在職証明書(配偶者の所属会社が作成した役職名、
   入社年月日および月給の記載にあるもの)および帰国発令書
  ・配偶者が自営業の場合は商業登記謄本
  ・申請人本人の在職証明書
(以下略)

ずいぶん沢山あるように見えますが、実は大したことありません。(本当か?^^;)
以下、説明していきますね。

---------

まず(3)申請者の写真、(5)住居登録証(タビアン・バーン) 、(7)タイの婚姻証明書、(8)配偶者の戸籍謄本、(10)配偶者の旅券については、単に原本をそろえたりコピーを取ったり、または写真を撮影してもらえばOKです。
前述のように、今回は申請前に僕が日本に一時帰国して(8)の戸籍謄本を取ってきたんですが、これも親兄弟など(※委任状があればできます)に取ってきて&送ってもらえば大丈夫です。

それから (2)査証申請書と (4)質問票については、紋切り型の質問に紋切り型の回答をすればいいだけです。
ちなみに、僕は自分の過去ログ(ここここ)を参照して記入しました(笑)。

そうすると、残りは (6)配偶者作成の渡航理由書、 (9)婚姻に至る経緯書、そして(11)下記証明書のうちいずれか1点(※詳細略)の3つだけですね。
                  

<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2015-02-28(Sat)
 

ブルマちゃんの出生届

こんにちは、トトロです。
 
そういえばブルマちゃんの出生届の話をしてなかったですね(^^;
ちょうど悟飯くんとは逆パターンなので、書いておこうと思います(※日本での悟飯くん出生届についてはこちらこちら等をご覧ください)。
なお、以下は子供に日泰の両国籍を取らせる場合です。念のため。
 
----------

まず忘れちゃいけないのが出生証明書と出生登録証です。

出生証明書は日本でも産婦人科で出してくれるわけですが、タイでも同様で、これがないと出生届が出せません。
ブルマちゃんを産んだ病院では日本人通訳さんもいたので、英語版と日本語版の両方を書いてくれました。
 
また出生登録というのは、タイでは病院職員さんがやってくれるんですね。へええ。
これは地元の役所に提出して、これを基にして後日出生登録証というのが作られます。

なおここで重要なのは、出生までに(少なくとも病院が証明書を書き始める前に)子供の名前を決めておく!ということです。
タイでは上記の書類に子供の名前を書かなきゃいけないんですよ(※日本は不要)。ですから、あらかじめ名前は決めておいてくださいね(^^)
 
ということで、タイにおける手続きっていうのはラクチンな訳です。
問題は日本側の手続ですね。
 
---------
 
日本の法律では、海外で生まれた子については3ヶ月以内の届出ということになっています。
国内で生まれた場合には2週間なので、余裕がありますね。
 
そこで、こちらに記載されている書式一式を持って日本大使館に出かけました。
なお、戸籍謄本(抄本)については、母の納骨で12月に日本に行ったときに取っておいたのを持っていきました。

またタイの出生登録証には和訳が必要なんですが、これについては大使館に例文があるので、これを参考にしながら&ピヨ子さんに聞きながら自分で訳したのを持っていきました(※両親が訳してもOKだそうです。それに書くことは決まっているので、日時や病院名を入れたり、固有名詞をカタカナにしたりすればほぼ終了です)。
 
そこで大使館員と相談したのですが、たまたま僕がソンクラーンのときに帰省するという話をしたら(または聞かれたのかな?)、「それだったら日本で提出した方がいいですよ。日程的に3ヶ月以内の条件に入りますし、また戸籍ができるのも早いですよ。こちらだと数か月かかりますから」とのこと。

じゃあ・・ということで、万が一日本でうまく受理されなかったら(つまり僕が持っていく書類が足りなかった場合ですね)再度大使館でお願いするということにしたわけです。
(なおこのとき、在留届にブルマちゃんを追加する手続きだけはしてきました)
 
----------

そういうわけで日本へ。
こんなこともあろうかと(っていうのは嘘ですがw)、去年日本に行ったときに本籍を実家に変えておいてよかったです。
実家のすぐ近くにある役所に出生届けを出しに行けたので。
 
大使館に出すときと同様の書類を一切合財もっていったのですが、けっきょくのところは病院が出してくれた和文の出生証明書だけでOKでした。
また出生届は大使館向けのフォームだったのですが、これもそのままでOKとのこと。
特に「日本国籍を留保する」とのところにチェックを入れておいたのは、向こうの手続き上(ヘンな言い方ですが)助かったようです(※これを申告しないと最悪の場合には日本国籍がなくなっちゃうので・・・との由)。
 
さすがに僕が日本にいる間にブルマちゃんの戸籍を作るのは無理だったのですが(あと2,3日滞在が長ければねえ・・・と職員さんも残念そうでした^^;)、まあこれについては仕方ないですね。

ということで、無事にブルマちゃんの出生届をしたわけでした。
 

<パスポート編に続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2014-08-24(Sun)
 

飛行機ドタバタ(続)

こんにちは、トトロです。
 
義父母の飛行機に関するドタバタは、まだ続きます(^^;

----------

ちなみに、この頃よくお義母さんからなぜか僕宛てに電話がかかってきます。
用件としては、「ピヨ子と話をしたいから、電話してって言ってね」というのがほとんどなんですが・・・なぜわざわざ僕に掛けてくるんだろう???

その話をピヨ子さんにすると、「ほら、アタシはいつもSKYPEから電話するでしょ? そうすると毎回表示される電話番号が変わるから(※注:SKYPEの仕様上、ピヨ子さんの本当の番号じゃないのが表示されちゃうんですね)、どうやらアタシの番号を探すのが面倒くさいらしいのよ」とのこと(笑)。
 
お義母さん、どこまでモノグサなんですかっ!?(笑)

----------

もとい。
 
前回お話ししたとおり、チケットは既にお金(+マイル)を払い込み済みだということは義父母も理解したようなんですが、まだまだこんなもんじゃありません(笑)。
 
前回の話の翌日、今度はお義父さんから連絡がありました。
「予約も払い込みも終わったのは分かったが、チケットはいつうちに来るんだ? 空港に取りに行くのか?」とのこと。

どうやら、eチケットを完璧に理解しておらず、メールで受け取ったのはいわば「予約確認書」みたいなものだと思い込んでいたようです(^^;
 
さらにお義父さん、空港に行けば(事前に)チェンライ=東京の往復分の搭乗券がもらえると思い込んでいたようです‥って、何度もバンコクに出張したりしてるんでしょ?とツッコミたくなりますね(笑)。

これも事情を話して、納得してもらいましたが・・・まだ続きがありました。

----------

さらに1日2日たった頃。
いつものように病院に行くと、ピヨ子さんが笑いを押さえきれないといった表情で僕に話しかけてきます。

「あのね、ママが『無料航空券でも、機内では食事は出してもらえるのかい?』だって! うぷぷぷぷw」

・・・そうきたかっ!(笑)

いやあ、これは盲点でしたね。

さっそくピヨ子さんに電話してもらって「もちろん食事は出るし、ビールもワインも飲めますよ」と伝えると、お義母さんかなり安堵した模様(笑)。
 

本当に楽しい家族を持って、僕はシアワセです・・・ブログのネタ的に(笑)。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  







2012-09-19(Wed)
 

飛行機ドタバタ

こんにちは、トトロです。
 
話は、悟飯くんが生まれた翌日にさかのぼります。

----------

やっと生まれたので、義父母の来日のための航空券を手配しなければなりません。
ビザやら何やらについては、すでにこちらを初めとするエントリでお話ししたとおり、すでに完了しています。

航空券は、こちらでお話ししたようにANAのマイルを使って、タイ航空(TG)の無料航空券を取りました。
なぜタイ航空かというと、義父母が「タイ語しか話せないからTGにしてくれ!」と懇願されたからですね(^^; 

うまい具合に、ピヨ子さんの退院予定日の2日後に来日するチケットが取れました。
実はこれも、絶妙なタイミングだったのですが・・・というのは、また後日の話にしましょう。
 
----------

以下余談ですが、参考情報です。
 
基本的にTGではeチケットでチェックインするときには、搭乗者(の代表者)のクレジットカードの提示が求められます。 
しかし今回は僕が取った(=僕のクレジットカードで諸費用分を支払った)チケットです・・・どうしたもんかな?
 
ということで、ANAに問い合わせてみると、「そういう事情(=親族の特典航空券を僕が取った)であれば、いまお知らせいただいた状況をTGに伝えておきます。そうすれば、チェックイン時にクレジットカードの提示は不要になりますので」とのことでした。

よって、皆さんもこのような場合には、まず航空会社に連絡を入れましょう・・・というお話でした。

----------

閑話休題。
 
ピヨ子さん経由で、義父母に「もうチケット取ったから、メールしておくね」と伝えたその翌日。
病院に行くと、「ママが『チェンライ市内にチケットを買いに行きたいから、送金してくれ』って言ってるよ」とピヨ子さんが言います。
 
「へ?あれはANAのマイルで取ったから、もう支払の必要はないんだよ」と言うと、ピヨ子さんも「うん、アタシもあれ?って思ったんだけど、一応トトロに聞いてみたんだ」とのこと。
 
さっそくお義母さんに電話して説明してもらうと、「あらやだー(笑)。そういうことだったのね。てっきり予約だけしてもらったと思ったわよ。こういうことは、ちゃんと言ってよ!」とのこと。

うーん、おばちゃんが人の話をちゃんと聞かないのは、万国共通ですね(^^;


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-09-17(Mon)
 

【Live】悟飯くんのパスポート取得(タイ編2)

こんにちは、トトロです。

悟飯くんのタイ・パスポート申請の続きです。

----------

あとは両親の書類ですね。

タイ国籍の父親・母親の書類(うちの場合、ピヨ子さん)

(1)パスポートのコピー1部
(2)国民身分証明書のコピー1部
(3)住居登録証のコピー1部
(4)氏名変更証明書(氏名変更したことがある場合)
(5)タイ区役所発行の婚姻証明書、離婚証明書、又は家族身分登録証明書(婚姻/離婚)
   のコピー1部(婚姻又は離婚したことがある場合) 
(6)外国人登録証のコピー1部(持っている場合)


これらについても、タビアンバーンと婚姻証明書さえあれば簡単です。
あとの書類は、日本に正式に居住しているならば、当然持っているものばかりですからね。


タイ国籍以外の父親・母親の書類(うちの場合、僕)

(1)パスポートの氏名欄、又は運転免許証裏表のコピー1部

これは・・・簡単ですね(^^)

よって、両親の書類についてはコピーの手間だけです。
前回も書きましたが、そうするといちばん大変なのは申請書の記入ですかね。
特にローマ字のスペルが合っているかどうかについては、ダブルチェックしましょう。

----------
 
書類が揃ったら、申請に出かけます。
ここで最重要なのは「本人(=悟飯くん)と両親(=僕とピヨ子さん)が全員出頭しなければいけない」ということです。(※離婚や死別の場合にはそれを証明する書類が必要なようですが、うちには該当しないので省略します)
幸いにも大使館へ行った日は、悟飯くんの機嫌もよく、また待ち時間も大したことなかったので助かりましたが・・・。
 
大使館では、まず書類が揃っているかどうかをチェックして、それがOKだったら写真撮影の順番を待ちます。
日本のパスポートと違って、その場で写真を撮るのですね。(これは、バンコクのパスポートセンターにピヨ子さんが行ったときもその場で撮影したので、そういう方針なのでしょう)
 
写真撮影では、ピヨ子さんが椅子に座って悟飯くんを前向きに抱っこした後に、僕が渡された白いバスタオルを両者の間に垂らすという、割とプリミティブな方法を取らされました(^^;
しかし、悟飯くんは首がかなり座りつつあるのでよかったんですが、これが1ヶ月の赤ちゃんとかだったらどうやるんですかねえ?

うーん、やっぱりタイはアメージングです(笑)。

----------

なお手数料は9000円(5年有効)です。
これは申請時に払います。

パスポートができたら(約1ヶ月くらいだそうです)、着払いの宅配便で送ってくれるそうです。
これは、出生証明書と同じ方法ですね。

・・・ということで、年末に予定している帰省までには、日タイ両方のパスポートが揃う予定です。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2012-08-24(Fri)
 

【Live】悟飯くんのパスポート取得(タイ編1)

こんにちは、トトロです。
 
悟飯くんのパスポートですが、日本のに引き続いて、今度はタイ側の申請です。

----------

下記のチャートだと(2B)になるのですが、ここでのポイントは(3)日本のパスポートとどちらが先でも構わないということです。

nagare.jpg

もちろん並行して進めても問題ないのですが、僕からのお勧めとしては順番に進めることですかね。
これは、ローマ字表記を完全に一致させるためです。どちらか片方が先にできていれば、その表記に合わせてもう一方を申請すれば確実に一致させられますからね。
  
----------

タイ側のパスポート申請は、当たり前の話ですがタイ大使館(領事館)で行ないます。
必要書類は、こちら(未成年者(20歳以下)のパスポート)のタイ大使館Webページによると、以下のようになっています。

 
未成年者の書類(うちの場合、悟飯くん)

(1)パスポート申請書1枚
(2)パスポートの原本とコピー1部
(3)タイの出生証明書
(4)国民身分証明書の裏表のコピー1部
(5)住居登録証(タビアンバーン)のコピー1部
(6)氏名変更証明書のコピー1部(氏名変更したことがある場合)
(7)同一人物証明書(日本のパスポートの名前とタイの出生証明書の名前が一致しない場合)

沢山あるようですが、実は日本で生まれ、かつ新規申請の場合には、(2)(4)は不要(というか作れない:笑)ですし、あた(6)(7)は一般的には不要でしょう。
よって、(1)は当然書くとして、あとは出生届けの後でもらえる(3)、そして(5)だけですね。
要は出生届けでも使ったタビアンバーンさえあれば、本人の書類としてはOKということになります。

なお(1)の申請書は、見出しも記入も(ローマ字表記のところを除いて)すべてタイ語ですので、これはピヨ子さんに頑張って書いてもらいました。
これは出生届けを出しにいったときに、ついでに貰ってくるのがよいでしょう。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-08-22(Wed)
 

【Live】悟飯くんのパスポート取得(日本編)

こんにちは、トトロです。
 
このエントリは予約投稿なのですが、予定どおりならば今バンコクに出張している最中です。
おそらく、ピヨ子さんに頼まれた買い物やおつかいでヒーヒー言っている頃じゃないかと思いますが(笑)。
 
----------

さて先日、悟飯くんのパスポート(日本)の申請をしてきました。
下記のチャートだと(3)ですね。

nagare.jpg
 

日本側のパスポート申請は、乳幼児とはいえ特に難しいことはありません。
なお以前は親のパスポートに併記(写真も親子)だったようですが、現在は乳幼児であっても1人1冊のパスポートが必要になっています。

難しくはないのですが・・・いくつかポイントを記しますね。
 
----------

写真について

実はこれが一番やっかいでした(^^; というのも、悟飯くん(=乳児)は証明写真を撮るのにじっとしててはくれません(笑)。さらに、まだ首が座ってないため、普通に写真屋さんで撮影してもらうわけにもいきません。

そこで写真屋さんにアドバイスを受け、無地のシーツの上に悟飯くんを仰向けに寝かせて、真上から写真を自分たちで撮影することにしました。

昔と違いデジカメなので、とにかくバシャバシャ撮りまくってからチェックすると、何とか数十枚のうち数枚が使えそうな感じ・・・ということで、このデータを持って写真屋さんに行って「プロ」の目から見ても使えそうなやつをパスポート規格になるようにトリミングして貰いました。

ふう・・・疲れた(笑)

----------

手続について
 
申請・受領の手続きは特に難しいことはありません。僕ら大人の場合とほぼ同様ですし、また乳幼児の場合には親の代理申請が認められています。もちろん委任状など要りません(ってか書けないですよねw)。
必要書類などについては、こちら(外務省)や、こちら(東京都の場合)などをご参照ください。

悟飯くんのような乳幼児の場合のポイントは以下のとおりです。
 
・本人確認書類
 悟飯くんの場合には、母子手帳と健康保険証でOKでした。
 ま、免許とか学生証とか持ってないですしね(笑)。

・サイン
 パスポートにはサイン欄がありますが、乳幼児の場合には親の代理署名が
 認められています。そこで、日本のパスポートは僕の代理署名、タイのは
 ピヨ子さんの代理署名をすることにしました。
 国籍が同じ親が書いた方が、後々いろいろと便利なんじゃないかなあって
 思ったからです。(真偽は不明ですが)

・受け取り
 大人同様に、受け取り時には本人の出頭が必要です。
 パスポートセンターの窓口に行ったときには悟飯くんは寝ていたのですが、
 ベビーカーの中にいることを確認しただけでOKが出ました(^^)


そんなわけで、とりあえず海外に行けるようになった悟飯くんなのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^) 
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-08-20(Mon)
 

在留更新手続~申請と結果など

こんにちは、トトロです。
 
書類がそろったので、ピヨ子さんと一緒に入管へ行きます。

----------

年度末のせいか、入管はけっこう混んでいました。
しかし、何とか30分待ちで順番が来て、無事に書類を受理されました。

東京入管の場合には、「こちらから何も連絡がなければ、これこれの期間に来てください」というやり方です。つまり問題がある場合には連絡がくるということでしょう。

これは賢いやり方かもしれませんね。
ちなみに、うちの場合の受け取り期間は、申請の4週後からの2週間でした。

----------

4週間後。

特に連絡がなかった(=問題がなかったということでしょう)ので、入管へ。
この方式の場合、2Fに行く前に1Fのファミマで印紙を買って貼りつけておけるので、とても楽です。

さて結果ですが・・・残念ながら再び1年間でした。

知人の話によると「最近は、最初の更新は1年になってるみたいだよ」とのことでしたが、やっぱりそうなんですね_| ̄|〇

母子手帳のコピー添付も実りませんでした(なおウワサによると「本当に生まれていれば多少なりとも効果が見込める」そうです)。

まあしかし、その後悟飯くんも生まれたことですし、来年は「5年」に挑戦しようと思います。はい。

----------

無事に在留更新できたので、あとはその他の手続です。
 
昨年の場合には再入国申請をしたのですが、今年(2012年)の7月から法律が改訂されて「みなし再入国許可制度」が適用されるようになることから、これは見送りました。

詳しくは上記リンクを参照いただきたいのですが、要は里帰りや普通の旅行程度だと再入国許可を事前に受けなくてもいいということですね。


それから区役所に行って外国人登録証(これもいずれ在留カードに置き換わりますが)の更新をしてきました。
てっきり新しいカードがもらえるのかと思ったら、裏に期限延長のシールを貼りつけるだけなんですね(^^;

また同時に国民健康保険も更新したのですが、こちらはあっという間に新しいカードを発行してくれました・・・日本の役所、やっぱスゲー!!


・・・ということで、在留延長も終え、いよいよ出産準備に入ったピヨ子さんなのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2012-08-16(Thu)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: