出会い系で出会う

はじめての胃カメラ

こんにちは、トトロです。

こちらで話したように、胃カメラでの検査を受けてきました。

----------

とにかく、これまでは若いときに急性胃炎を起こしたことがある程度で、胃カメラなんて初めての体験です。
昔と違って今は小さくなったらしいんですが・・・それでもやっぱり不安です。

さて病院にいき、着替えてから検査室へ。
まずは肩に何かの薬を筋肉注射されてから、口に麻酔薬のゼリーを含みます。

5分ほどたってから、今度はスプレー式の麻酔を何度か噴霧され、いよいよ胃カメラくんの出番です。

----------

胃カメラの太さは・・・そうですねえ、ちょうど鉛筆かそれよりちょっと太いくらいでしょうか。

フレキシブルチューブになってるんですが、当然ながら(?)先端部の10cmくらいは固いんですよ。
ここがカメラの本体とかライトとか入ってるところなんでしょうね。

最初のうちこそ順調だったのですが、やはり喉をとおるときには「オエッ」ってなってしまいます。
いやあ、これが苦しいのなんの。

そこを過ぎれば楽になるんですが、やっぱ後遺症(?)もありますし、最後に胃を膨らませるために空気を入れるときには、その部分とさらには痛めている胸骨が(内側から)ズキズキします・・・

いやあ、本当に参りました。
昔はこれより大きかったはずなんで、どんだけ辛かったんでしょうかね・・・・・

---------
 
ただ、結果としては、食道と胃に少し荒れているところが見つかったものの、「もう薬はいらないレベルです」とのことで一安心。
さっそくピヨ子さんにも連絡して、彼女もほっとしたようでした。

まあ、あの痛さ辛さを経験すると、「胃も労わろう」という気になりますね(笑)。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2016-09-16(Fri)
 

ご無沙汰、お詫び

こんにちは、トトロです。

すっかりご無沙汰してしまって、すみませんでした。
以下、近況報告です。

----------

ばあば(義母)ですが、詳細検査の結果「ステージ2」と判定されましたが、予後はとりあえず順調です。

いまのところは投薬を受けていますが、10月にはラムパーン県(チェンライ県の南に隣接しています)の病院で1週間くらいの放射線治療を受けるようです。
(ピヨ子さんにも詳しくはわかっていないですが、おそらく定期的にやるんじゃないかと思います)

そんなわけで、義父母の身体的負担も、僕たちの金銭的負担もちょっとかかってしまいますが、まずはしっかりと義母に治療を受けてもらいたいと思っています。

-----------

僕の方ですが、おかげさまで8月には誕生日を迎え、また1つ歳をとりました。

本人の逆希望(?)で特に誕生日プレゼントはもらいませんでしたが、家族と一緒にケーキ食べ放題に行って楽しく過ごしました。
ちなみにこれはピヨ子さんの希望というか命令(笑)だったのですが、糖尿もちの夫に何すんねん!って感じですよね(笑)。

まあ、悟飯くんとブルマちゃんが楽しそうだったから、いっか。

----------

ブログ更新が遅れたのは、義母の件やら仕事やらあったのも確かなんですが、もうひとつは僕が体調を崩していたことです。

ひとつには、逆流性食道炎になってしまったこと。
おかげさまで大したことはなさそうなんですが(それでも一応、来週くらいに胃カメラ検査はしますが)、これまで胃とか食道の病気にはほとんど罹ったことないんですよ。実際、春の人間ドックでも特に問題なかったですし。

ですが、医者に言われたのは「何かストレスとかありません?」と言われたこと。
そうすると、やっぱり義母の問題ですかねえ・・・

もうひとつは、胸骨と肋骨がねじれてしまったこと。
整体の先生と話したのですが、子供たちがぐずったときに抱いて歩くのが、老齢の(笑)僕には影響してるんじゃないかと。
また、ここらへんがやられると胸がつかえた感じがするらしいので、それも逆流性食道炎の自覚症状に影響する場合があるようです。

いやはや、やっぱり歳ですねえ・・・けど、両方とも大したことはないので、どうかご心配なく。

----------

そんなわけでバタバタの8月はブログ更新できませんでしたが、また改めて書いていきたいと思います。

そういえば、いつの間にか(失敬)カウンターが30万を超えました。
これも皆さまのお陰です。ありがとうございます。どうか今後ともよろしくお願いします。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  






2016-09-04(Sun)
 

ばあば、その後

こんにちは、トトロです。

ばあば(義母)の乳がんについての続報です。

----------

まず手術ですが、広範囲に切除したものの「成功」し、すでに退院しました。
今は地元のクリニックで、毎日傷口の洗浄(?)をしています。

また切除部位の検査をしたところ、ステージ1ないし2との結果でした。
そんなわけで、まずは一安心です。

----------

今回は色々とラッキーなことが重なりました。

ひとつは、先日お伝えしたように、月曜日にがんが見つかり、すぐ木曜日に手術になったこと。
義母が行っているチェンライ市内の病院は公立なので、めちゃくちゃ順番待ち(数か月とか)をしなければならないのが普通なんですね。
それが、たまたま(何らかの理由で)木曜日が空いていたので「すぐ切りましょう」となったらしいです。

次に、個室が空いたこと。
日本でもそうかもしれませんが、タイの病院(ましてや公立)の複数人部屋って、騒がしかったり落ち着けなかったり・・と、あまい居心地のいいところではないようです。
それが、これまたたまたま、手術の1日か2日後に個室が空いたので、入ることができました。
おかげでゆっくり静養できたり、見舞いの義母や親戚とくつろぐことができました。

最後に、上記のようにステージが低かったこと。
これには、ピヨ子さんも安心しきり。僕もそのニュースを聞いて、安堵しました。

義母も「検査結果にはホッとしたけど、(ちょうど結果発表になった)宝くじが外れたのは残念!」とジョークを飛ばすほどでした(笑)。
 

そんなわけで、まだまだ乳がんとの闘いはこれからですが、まずはひと段落したのでした。


(次回から「通常」に戻ります)


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2016-08-03(Wed)
 

【速報】 ばあば・・・

こんにちは、トトロです。

この月曜日に、ばあば(チェンライの義母)に乳ガンが見つかりました・・・

まだ詳しい情報(ステージとかタイプとか)は分からないのですが、とりあえず分かったことは明日の木曜日にさっそく手術(乳房全摘)ということです。
 
いま出来ることといえば、当座のお金を送ったことと、ピヨ子さんをなだめるくらいなんですが、まずは手術の結果を見極めつつ、今後について考えたいと思います。


そんなわけですので、ブログ更新が遅れるかもしれません。
すいません。


以上、取り急ぎ。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2016-07-13(Wed)
 

病院あれこれ

こんにちは、トトロです。

今日は、こちらでの病院などについてです。

----------

日本にきたときに生後7か月だったブルマちゃんはもちろん、行ったり来たりの(笑)悟飯くんも、まだまだワクチンを打つ必要があります。

ただ日本のいいところは、必要なワクチンについてはクーポン券をくれることですね。
いまのところ(2015/11現在)、一部の例外をのぞいて、ほとんど無料でやってもらえています。

あとは「どこで接種するか」ですが、これについては調べてみると我が家から割と近くに大きな病院があって、そこの小児科がよさそうだし受診やワクチンの予約もできるので、こちらにお世話になることにしました。

あと便利なのは、僕の糖尿もここで受診できることですね。
おかげさまで、日本に来てからもずっとHbA1cは6.5前後をキープしており、まったく問題ないです。
ただ、日本の病院の方がクスリを出しすぎのような・・・(^^;
 
---------

あと僕関係では、やりかけだった歯のインプラントと、持病(?)の慢性鼻炎ですかね。
 
前者は僕が地元に住んでたときに、子供のころからお世話になっていた歯医者に即決定。
現在は息子さんが継いでいるんですが、専門がインプラントを含む口腔外科ということもあり、また彼にもかかってたことがあるので、まったく問題ありません。
 
で、問題は後者です。
最初はやはり地元にいたときに(子供のころ)かかってた耳鼻科にいったのです。
こちらも息子が跡を継いでいるのですが、とにかく能書きが多いし専門用語や知識をひけらかすし・・・という感じ(^^;

それだけならいいんですが(って全然よくはないけどw)、肝心の効果がありません。
そこで、ネットで調べて会社の近くの耳鼻科に変えたところ(「ぶっちゃけ地元の医者でもらったこのクスリ効かないんですけど!」といったら、なぜか先生にバカ受けでした)、かなり改善されました。

まあ鼻炎については、たぶん完治することはないと思うんですが(数か月はOKでも、また風邪ひいたりすると駄目になったりするのが経験上分かっているので)、それでもいい病院に出会えてよかったです。

----------
 
あと日本ならでは(?)というのが、乾燥肌。
これはタイではなかなか罹らないですよねえ(^^;

数年ぶりの日本での寒さと乾燥にやられてしまったのですが、これを掻き壊してしまって「飛び火」になっちゃったんですね。
これは見た目も悪いですし、寝ているときとか痒くてたまりません。

それで近所の病院にいって多少は改善されたのですが、なかなか治らないまま数か月・・・
ピヨ子さんに「耳鼻科のときもそうだったじゃない」と言われて気づき(ってか自分で気づけよ<オレ)、またもや病院を変えてみたところ(リアルタイムで最近のことです)、一日ごとに改善されるのが実感できます\(^o^)/

そんなこんなで、いろいろ大変なんですが、どれも結果的には順調です・・・というお話でした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  





2015-11-10(Tue)
 

話が違う!?(続:首から上が・・・)

こんにちは、トトロです。

ワールドカップが見られないくらいな重病(笑)だったところからですね。
 
----------
 
その後、何とか回復して職場復帰。
しかしながら、主治医には手術を薦められていたのです。
 
え?手術?Σ( ̄ロ ̄lll) と聞いてビビったのですが、よく聞いてみると2段階あるそうなんですね。
 
最初の段階は、鼻の中にある粘膜が肥厚化している(※そのために鼻づまりがより酷くなってる)ため、それを小さくするもの。これは何と日帰りできちゃうそうなんです。
 
それでも改善しなければ、今後は副鼻腔(鼻から繋がっている、額のところと頬っぺたのところにある空洞)まで範囲を広げるそうで、こちらはさすがに入院が必要らしいです。
 
---------
 
そこで、第一段階の日帰り手術を受けることにしました。
 
先生によると「鼻の中に針を刺して高周波を流すとよくなるんだよ」ということなんで、「それって、(首とか背中とかの)針治療と同じですか?」と聞くと「そうそう。同じようなもん」との答え。
それならばお気楽じゃん!と思ったのですが・・・実際は違いましたヾ(@゚▽゚@)ノ
 
たしかに通常の針治療と「原理」は同じなんですが、針の大きさと高周波の出力が全然違います!
要は、ハンダゴテみたいな太い針をグサッと鼻の中の粘膜に刺しこんで(もちろん麻酔はします)、そして高出力の高周波を流すんです(;_;)・・・要は焼き切ってる訳なんですよ!!
 
より詳しく知りたい方は、下記のリンクをクリックしてください。
動画が流れますが、人によってはグロに感じるかもしれません・・・(ここでは「花粉症」となってますが、手術としてはまったく同じです)
 
hana_20141005015010076.jpg
【動画を見たい勇気ある方はここをクリック】

----------
 
手術直後は逆に鼻づまりが酷くなったのですが(そのせいで、翌日に歯医者に行ったときに呼吸困難で大変でしたw)、徐々によくなってきて、さらには「かさぶた」も取れてきました。
そうすると、段々にラクになってきているのが分かるのです・・・いやあ、すごいですね。
 
まだ執筆時点では「後処理」をしている最中ですが、一連の処置が済めばかなり良くなりそうです。
そんなわけで、ちょっと(かなり?)想像とは違ったのですがw、手術してよかったなあ・・・と思っている僕なのでした。

では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2014-10-08(Wed)
 

はじめて二人きり

こんにちは、トトロです。

今日は、はじめて二人きりで病院に出かけたお話を。

----------

誰と二人きりかというと、てっきり皆さん「ははあ、ピヨ子さんと水入らずだな」と思うかもしれませんが、実はさにあらず。
実は、悟飯くんと男同士で出かけたんですね(^^)

これまで家の中で二人だけで一緒にいたりとか、ピヨ子さんも含めて三人で出かけたときにちょっとの間(たとえば、ピヨ子さんがトイレに行くとか、婦人服売り場で動かない(笑)ときとか)僕と二人きりになったことはあるんですが、本格的に外出するのはこれが初めてでした。

だから「実際のところ、まだママがいないと途中で寂しがるんじゃないかなあ?」と思っていたのですが、さにあらず。
終始ゴキゲンでしたねえ・・・まあ、パパの方があまり五月蠅いことを言わないせいもあるのかもしれませんが(笑)。

shokuji_201309292216228c7.jpg

これはカフェでご飯を食べているところですが、本当に一度も泣きもせず、とてもイイコでした。

----------

さて、どこに行ったかというと病院です。
僕の糖尿の定期検査ですね。ピヨ子さんは絶賛ツワリ中だったのでお留守番です。

そして結果はというと、ちょっとだけHbA1Cという糖尿の良し悪しを測る指標が上がっていました。
ただし、5.8が6.1になるという軽微な上昇ですし、またこれは前回もクスリを減らしていたので、「あれだけ減らしてこの結果なら上出来! それに空腹時血糖値は(今日は)前回に比べてちょっと減ってるし、問題ないよ」とセンセイ。

tonyo_20130929220314d80.jpg
(本当にちょっとだけ上がってますね(赤丸)。)

別の病気ですが入院もしていたので心配だったのですが、これには僕も安堵。
先生のススメにしたがって、さらに薬を減らすことにしたのでした。

帰りには(ちょっと)高級なスーパーに寄って、ピヨ子さんが大好きな日本の果物を買って帰ったわけなんですが、僕も悟飯くんも楽しい(?)一日を過ごせたのでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  

 


2013-10-01(Tue)
 

退院・・・したけれど

こんにちは、トトロです。

入院生活も4日目になりました。予定どおりならば、今日が退院です。

----------

膀胱炎そのものの症状は緩和されてきました。
(※その後、前立腺にもきてることが分かりました‥やっぱりそういう歳ですね^^;)

ぶっちゃけな言い方ですみませんが、オシッコの出もいいし排尿時の違和感も減ってきました。検査の値も改善されてきたようです。
そんなわけで、回診してきた医師と話した結果、今日退院し、あとは自宅療養と2週間後の再検査をするということになりました。

ただ、全身に炎症が連鎖的に出てきたせいなのか、それとも薬の副作用か何かなのか、どうにも鼻(特に副鼻腔といわれる頬っぺたや眉間のところにある空洞)に圧迫感があり、頭痛もします。

そこでこちらの検査もしてもらったのですが、X線写真とかでも重篤な症状ではないようです。いちおう耳鼻科医の問診も受けてこちらの薬も(膀胱炎の薬とバッティングしない範囲で)出してもらうことになりました。

まあ、これで一安心・・・なのかな?

-----------

ちなみに恒例(?)の費用ですが、総額で約3.3万バーツ(日本円で10万円余り)でした。

これには個室代、診察費、検査費、治療費、それから持って帰る薬代がすべて含まれています。
ただ、日本では入院したことがないし、ピヨ子さんが日本で入院したときは出産のためだったので、これが高いのか安いのかは比較しようがないですね。

なお、これら費用は、すべて会社で加入している医療保険でまかなうことができました。
ぶっちゃけ相応の自己負担分も覚悟していたので、これは有り難かったですね。

----------

さてその後ですが・・・なかなかすぐに快癒というわけにはいかないですね。
退院した週は金曜の午後だけ出社したのですが、事情をまったく知らなかった同僚に「具合よくないんですか? 顔色悪いですよ」と言われてしまう始末‥マァソウナンダケドネ(^^;

翌週からは毎日勤務していますが、正直いってまだまだ本調子ではないですね。
また、フォローアップ検査では特に大きな問題はでなかったものの、まだ投薬は一ヶ月ほど必要なようです。
それから具合が悪く感じるのはクスリの副作用が原因かもしれない・・ということで、一部のクスリを変更してもらいました。

いずれにせよ、やっぱりしばらくは体調第一でいかねばなあ・・と思ったことでした。


では、また。


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  



2013-08-16(Fri)
 

入院生活

こんにちは、トトロです。

いきなり入院することになったところからですね。

----------

病室は個室を取ってもらいました。
ちょっと贅沢かな?とも思ったのですが、やはり周りに他の方がいると落ち着かないでしょうし、またタイでは(日本の一般的な病院と違って)家族も泊まれるらしいので、そうした方がいいかなと思ったわけです。
 
部屋に落ち着いてからは、さっそく点滴です。
ただ、絶対安静というわけではないので、点滴台(っていうんですかね?)をガラガラ引きずったまま下のコンビニとかコーヒー屋さんとかも行っていいようですし、表でタバコも吸っていいらしいです(^^;

病室はこんな感じ。
壁掛けテレビ、冷蔵庫、電子レンジもありますし、何と入院患者は無料WiFiのIDとパスワードも貰えます。
なお、この写真を撮ったのはソファーからなんですが、このソファーが家族が泊まるときのベッドになります。
byoshitsu1.jpg

写真をもう一枚。
byoshitsu2.jpg

赤丸が点滴ですね。
基本的には点滴して、飲み薬も飲んで、あとは1日1回の回診と検査(採尿)だけなんで、めっちゃヒマです。

ということで、さっそくコーヒー(青丸)なんかも買ってきてたりします(^^;
なお僕の場合には食事制限もなし。ただ「水をたくさん飲みなさい(オシッコで菌を洗い流すため)」と言われただけです。

そういうわけで、読書したりネット閲覧したり・・・という日々を過ごすことになったわけです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-08-14(Wed)
 

えっ?入院!?

こんにちは、トトロです。

さて違和感を感じた、その翌日になりました。

----------

とりあえずは会社に連絡を入れてから病院へ。

受付で事情を説明すると「それは泌尿器科ですね」ということで、さっそく上の階へ行きます。
ほどなくして先生と話しますが、どうやら膀胱炎または尿道炎らしいということで、無理矢理(?)頑張って採尿して検査に回してもらい、とりあえずの薬を貰って帰宅。

この時点で熱っぽいし頭は痛いし・・・ということだったのですが、この日は大事な会議があったので午後からオフィスへ。
しかし途中でどうにも耐え難くなってきて、ボスに「すいませんちょっと抜けます」というと、彼も僕の顔を見て「大丈夫?だいじょうぶ?」と心配そうな感じ。

どうやら、ものすごい表情をしていたようです(^^;


翌日は金曜日。
プロジェクトの方へ行かなければいけなかったので、何とか頑張って向かいます。

しかしこれも午後半ばまでが限界。
家に帰って本格的にダウン。そして、土曜日はほぼ一日中寝て過ごしていたのです。

----------

そして日曜日。
この朝に検査結果が出るということで、病院に向かいます。

先生に会うと「白血球とかの値がひどいですね。膀胱炎でしょう。入院しましょう」とのこと。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工!!


いや、実は入院って生まれて初めてなんですよ。
・・・あ、母は僕を病院で産んだので、正確に言えば2回目か(笑)。

しかし、そこはタイのこと(なのか?)
いきなり入院するのではなくて、どうやら準備に一度帰宅してOKのようです。

そこで気合を振り絞って、自分で運転してもう一往復。
‥っていうか、タクシー使えばよかったんですよね(^^; そこまで気が回らないのが病気のビョーキたる故んでしょうか?


とにもかくにも、入院することになったわけなのです。


<続きます>


 クリックしてくださると励みになります(^^)
    ↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ  




2013-08-12(Mon)
 
プロフィール

トトロ

Author:トトロ
東京出身の×1オヤジだったが、縁あってピヨ子さんと2011年に結婚。読書・スポーツ・会話などが趣味。特技はツッコミ。2012年からバンコクに移住。2014年にまさかの日本帰国w
 
ピヨ子:
タイ・チェンライ出身の奥さん。2011年に来日したと思ったら、たった1年半でタイに舞い戻り、さらに2年後には再び日本に来るはめに(笑)。歌をうたうことやスマホでドラマやアニメを見ることなどが趣味。特技はオオボケ。

悟飯:
僕らの息子。2012年誕生。現時点の趣味は戦隊ごっこ(パパ痛い‥)。特技は拗ねて五体投地すること。チャームポイントは片エクボ。

ブルマ:
僕らの娘。2014年誕生。現時点の趣味はテレビに合わせてのダンス。特技は超音波大音量ギャン泣き。チャームポイントはギョロ目。

twitter> http://twitter.com/totoro_yomethai

メールは下のフォームからお願いします。

Amazonお勧め!
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: